新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美人派遣社員
最終電車の魔指

本を購入

本価格:543(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

無防備に開いた股間、太腿の奥にのぞく薄布の三角形。
疲れ果て通勤電車で眠った派遣社員の悩ましい姿が、
男に潜む痴漢への欲望を目覚めさせた!
触ってはいけない――だからこそ弄りたい、嬲りたい!
正社員への道をちらつかせ、下着の奥へと送りこむ魔指。
抗う言葉とは裏腹に、美貌の派遣社員は濡れていた!

登場人物:
ゆい(21歳)OL
シチュエーション:
痴漢 | トイレ | オフィス | 自慰 | セクハラ
立ち読み

「グショグショじゃないか。オシッコでも漏らしたみたいに濡らしている女はいやと言えないんだ」
  中指を少し曲げて、クイッと撫でる。予想通り、歩いたせいで、船底の縦皺はさらに深く食いこんでいた。
「あーあー、いやァァ、ここじゃいやァァァ……」
  食いこんでくる中指に結衣の腰はさらに落ちた。船底を撫でられると、ほんのわずか火照りが消えはじめた下半身に熱さが甦り、腕を引っ張られながら、ズルズルと二台の車の隙間に引きずられていく。
  二人の体が車の陰に隠れると、早川は結衣に近づき、腕を握っていた右手で腰を引き寄せ、落ちはじめた結衣の身体を引きずりあげる。
  右腕が絡みついた細い腰はまるで骨が砕けたように柔らかかった。まるで力の抜けた猫を抱えるように、足もとが揺らぎ、結衣の身体がもたれかかってきた。
「こんなところより、満員電車のほうがいいのか?」
  スカートのなかに潜りこんでいた三本指が内腿の柔肉に食いこみ、船底を捲りあげ、いきなり女陰に触れる。
「……お願い、ここじゃ……」
  言葉が終わらぬうちに中指は左右に蠢き、楽々と女唇を捲りあげ、粘膜を撫でた。
「ウッ!」
  小さなうめき声をあげ、抱き寄せた腰が震えあがる。
「触られただけでイッちゃいそうなんだろう。満員電車のなかで恥ずかしい声をあげさせてもよかったんだぜ。姦りたいんだろう」
「……で、でも、誰かに見られちゃうゥゥゥ」
  結衣の声が震えはじめた。満員電車で感じた濡れはまったく乾いていない。まるで結露する窓ガラスの水滴のようにジワジワと淫汁が滲みつづけているのだ。中指の腹は再び、ベッタリと淫汁をすくい、浅くへこんだ蜜口を撫でる。指の両端をビラビラと柔らかい女唇が挟みこんだ。
「ヒッ!」
  結衣の両肩が跳ねた。濡れをすくった中指の腹が前に滑り、小さな突起に触れたからだ。
「なんていやらしいクリトリスだ。こんなに硬くなっているじゃないか」
「……だ、ダメェェェ」

小説の朗読 声:伊沢 涼子

いざわ りょうこ

157-B85-W59-H85

趣味 ショッピング 洋服のリメイク 熟女系女優として活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧