新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美蜜病棟
叔母と看護婦と研修医

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
女の身体を知りたいのね? いいわ、教えてあげる……
婦人科診察室を覗いた篤志に囁きかける美人看護婦。
まだ男の人を治療するのが苦手で……練習させてくれる?
羞じらいとたどたどしさがそそられる、処女研修医。
でも、少年が求めたのは、叔母であり、女医である英里子。
33歳のすべてを貪りたい――一途な想いが禁忌を破る瞬間!
登場人物:
えりこ(33歳)叔母・伯母、はるか(25歳)看護婦、さとみ(25歳)女医
シチュエーション:
病院 | 放尿 | 制服 | フェチ | 近親相姦
立ち読み
「もしかして……これで挟めってこと?」
  ようやく篤志の思惑を見抜いたのか、英里子は自分の乳房を両手で揺すると、眉を顰めて見上げてきた。篤志は唾を呑みこみ、小さくうなずく。
「まったく、どこで覚えたのよ、こんなこと」
  苦笑いを浮かべながらも、漲った肉棒に上半身を押しつけてくる。
「おああ……」
  ふんにゃりとした柔らかな感触に、肉棹が包まれた。予想通り、深い乳房の谷間は肉棹をすっぽりと包みこんでいる。赤紫色に充血した亀頭が白い乳房に挟まれているのが、たまらなく淫靡だった。
「こんなこと、気持ちいいの?」
  英里子は呆れた表情で見上げながら、両手で寄せた乳房の谷間で肉棹を擦りつける。
「す、すごく気持ちいいっ!」
  なんといっても理知的な女医の英里子が、AVまがいの行為をしてくれているのだ。それだけでも快感が倍加していくのに、柔らかい乳房の吸いつくように包みこむ心地よさがたまらない。
  肉棹の先端は英里子の顎にまで伸びている。さらなる欲望が、躊躇うこともなく口から飛びでる。
「そ、そのまま……口でして」
「もう……バカ」
  ある程度予測していたのだろう。英里子は、渋々といった感じながらも首を折り、乳房に挟んだまま顔をのぞかせている肉棹の先端を口に咥えた。
「うあああっ!」
  ボルテージが一気にあがった。
  英里子が、怜悧な女医の叔母が、パイズリをしながらフェラチオをしているのだ。それは、これまで目にしたどんなAVより、聡美との二度にわたるセックスよりも激しく快感を高めていく。一度は抑えた臨界点への暴走が、再び加速しはじめた。
「お、叔母さん、ぼ、僕、もう……」
  篤志の反応に呼応するように、英里子はさらに激しく乳房を揺すり、肉棹を舐め扱く。加えつづけられる甘美すぎる刺激に、樹液の安全弁が臨界点を迎えた。
「ああああっ!」
  熱い粘液が尿道を駆けあがっていく。そして、咥えたままの英里子の口腔に勢いよく放たれていった。
  まさに、下半身が砕け散った感覚だった。
  全身を強い電流が駆け抜け、すべての感覚が肉棹に集約していく。その肉棹に、こくんという振動が伝わった。
(ああ、叔母さんが……叔母さんが僕のを呑んでくれてる……)
  憧れつづけていた叔母との禁忌を超えた行為は、聡美の時など較べるべくもない快感と余韻をもたらした。
小説の朗読 声:中原 翔子

なかはら しょうこ

7月9日生まれ T166-B83-W60-H85

女優業の傍ら、早川ナオミ名義にてAV界の巨匠・代々木忠監督の著書を原作とした3話オムニバス映画をプロデュース。主な出演作として『旧支配者のキャロル』他多数。

中原翔子 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧