新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

若妻【償い】

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
夫ではない男の肉棒に舌を這わせながら、
紗都美の身体は熱く火照り、淫唇は潤みはじめていた。
〈これは償いなのに、感じてしまうなんて……〉
夫の起こした事故を贖うため、裸身を捧げた若妻。
貞淑と背徳の狭間で、女体は悩ましく震える。
紗都美、美帆、志穂里、三人の若妻が選んだ奉仕の日々。
登場人物:
さとみ(27歳)人妻、みほ(29歳)人妻、しほり(31歳)人妻
シチュエーション:
不倫 | 脅迫 | 言葉嬲り | 羞恥プレイ | 凌辱
立ち読み
(感じたりしては駄目……声を出しちゃ……)
「ああっ!  いいっ!」
  いけないことはわかっている。宏幸と交わっているのは償いのためで、それ以上の意味はない。心ではそう思いながらも、紗都美の成熟した女体は意に反し、宏幸の若さを求めていた。
  宏幸は得意げに口もとをほころばせると、半身起きあがり対面座位の姿勢をとった。お互いに汗まみれになり、ぬるぬるした体をまさぐりあいながら、紗都美は腰を悩ましげにくねらせた。
「腰が動いてるよ、紗都美さん」
  宏幸は乳房にむしゃぶりつき、汗のてかりを帯びたふくらみを舌でべろべろと舐めまわしながら、上目遣いに紗都美の表情をうかがう。
「そんな……は、恥ずかしい……」
  自分では腰を動かしている自覚はない。女体が快感を求め、勝手に動いているのだ。羞恥の思いが、胸の周囲の白絹のような肌を桃色に染める。
  宏幸は紗都美のそんな反応にも、めざとく気づいた。
「そんなこと言いながら、気持ちいいって思ってるんだろ。オマ×コがクチュクチュいってるよ」
  乳房を貪り舐めながら、右手を股間に伸ばし、淫裂上端のクリトリスを指先でこりこりといじる。
  双乳のふくらみに伝わってくる舌先のぬくもり、膣肉を掻きまわす男根のたくましさ、そこに肉豆への繊細な刺激まで加わってくると、頭のなかが空白になるほどの快感をおぼえた。
「あああっ!」
  紗都美は両手を宏幸の首にまわし、激しく腰を使いはじめた。子宮が燃えあがったように熱くなり、そのまま頂点へと向かっていく。
「ああっ……締まってるよ、紗都美さん。イキそうなんだね……いいよ、一緒にイコう」
  宏幸も上気した表情になり、リズミカルに腰を使いはじめる。
  今では、青年のほうにも紗都美がどうすれば気持ちいいか、絶頂に達しやすいかも、ほとんど把握されてしまっている。
  恥ずかしくて情けなかったが、女体の弱点をつかれてはどうすることもできない。
  青年が乳房から顔をあげ、唇を重ねてくる。紗都美は口を開き、差しだされた舌に吸いついた。
  ぬくもりが口腔を満たし、熱い昂りが肉壺を掻きまわすと、頭のなかが攪拌されたようにぐるぐるまわる。
  紗都美は彼の背中に両手を滑らせ、赤い跡が残るほど強く爪を立てた。
小説の朗読 声:中村 鷹香

なかむら たか

166-B83-W59-H85

主な作品としてVシネマ『続・広島やくざ戦争』『首領の女2』、映画『シュガースウィート』『荒ぶる魂たち』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧