新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美乳看護婦と少年
淫らすぎるナースコール

本を購入

本価格:543(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
深夜の病棟、美貴子は白衣のボタンに指をかけた。
目前には股間を猛らせた少年が期待に震え見つめている。
「お母さんのおっぱいだと思って甘えていいのよ……」
淡く色づく乳首を吸われ、肉棒を咥えて火照る身体。
はしたないけれど、看護婦だから癒せる欲望もある。
ナースコールは背徳の始まり、性なる治療の幕が開く。
登場人物:
みきこ(-歳)看護婦
シチュエーション:
母子相姦 | 浴室 | 制服 | 病院 | セクハラ
立ち読み
「本当は、あんまり人に見せてはいけないんだけど、博之君にだけ、特別ね」
  胸の昂りを抑えながら、美貴子はさらに膝を大きく開いてゆく。割れ目が開き、その間から、小陰唇の肉襞がのぞく。自分で見おろしながらも、その危なさに動悸を禁じ得なかった。
「見えるでしょう。このビラビラした小さなお肉が、小陰唇っていうの。形が唇に似てるからかしら……ほら、二つにわかれて、開くのよ」
  もう躊躇せず、最後まで全部見せてやろう、美貴子はそう心に決めて、小陰唇に指を添えて開いてゆく。
「なかに穴みたいなのが開いてるのが、見える?」
  瞬きもせずに、生唾を呑みこみながら、真剣そのものの表情で見つめる博之、その一途な視線が、そこにジリジリと熱く焦げつくように感じられた。
「ほら……ここに、穴が開いてるの、わかるでしょう」
  美貴子は、膣口を指で探り、そこに指を差しこんでゆく。先生だって、母親だって、ここまでやれるはずはない……美貴子は、体当たりの性教育に得体の知れない昂りを覚えてしまっていた。
「ぼ、ぼくも、入れてみちゃ、駄目?  指、入れさせてみて」
  博之の要求に一瞬、ドキッとしたものの、もうためらいはなかった。生半可な気持ちでは教材にはなれないのだ。
「そうね。博之君の指でたしかめてみてごらん」
  なにごともリアルな体験学習が一番のはずだ。しかし、体験学習される教材にとっても、そのリアルさは生半可なものではない。そのことを、美貴子は身をもって、いやというほど知らされることになる。
  博之は身を乗りだし、美貴子は両膝の間に迎え入れ、指で、襞肉を開いて待つ。どちらにとっても息づまる瞬間だった。
「アッ」
  博之の指先が裏肉に触れた瞬間、ピピッと放電して、火花が散る。指先が痺れ、美貴子の腰がピクッと震える。
「……すごい、ヌルヌルしてる」
  肉の湿地帯に指先が恐るおそる探りを入れる。博之も美貴子も、生唾をゴクリと呑みこむ。博之は目を点にして見つめ、美貴子はもうとても見てはいられない。
「アッ、アーッ……」
  指先が沼地を滑って、次の瞬間、まるで引きこまれるように埋まりこんでゆく。まるで底なし沼のようだ。戸惑いもがくほどに、博之の指は沼のなかに深く填まりこんでいってしまう。
「ほ、本当だ……穴が開いてる……」
  博之の中指が根元まで、肉穴のなかに埋まりこんでいた。
小説の朗読 声:北川 明花

き たがわ さやか

160-B88-W56-H81主な作品としてVシネマ『忍者ハメ撮りくん』『女復讐人2』DVD『Sleeping Beauty 〜眠れる森の美女〜』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧