新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

人妻と三匹の青獣

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
青獣たちが目をつけたのは人妻・真由美、かつての女教師。
触りたい、姦りたい……叶わなかった想いは狂愛へ昇華する!
妖艶さを湛えた朱唇、弾力を増した乳房、張りつめた尻肉。
匂いたつ女体を襲う六つの魔手、そして三本の剛直!
乱れた黒髪が悩ましい、桜色に染まった白肌が艶めかしい……。
めくるめく恥辱の果て、25歳の人妻が歩みだす第二の人生!
登場人物:
まゆみ(25歳)人妻
シチュエーション:
凌辱 | 体育館・プール | 脅迫 | 露出(下着・水着・裸) | 縄・緊縛
立ち読み
(あぁ、あなた、あなた……たすけて)
  この場にいない夫を心に思ってすがろうとしても、現実に濡れた女貝を行き来する指の前には無力だ。理性は溶け消え、官能が優越する。
「ひ、ひぃっ」
  真由美は背中をひくつかせて、甘い悲鳴をあげる。
  だが、この淫らな指は前戯でしかない。悦ぶほど欲望が湧く、そして濡れ肉の合わせ目に、硬く太い男根での充実感を望みはじめた。
(も、もう駄目だわ)
  抵抗力を失った真由美の、豊かな腰がくねりだす。
「あぁ、くうぅうっ」
「どうしたの?」
  民雄は肉壺に抜き差しさせている指に密着し、締めつけるように蠢く肉襞の感触に気をよくして尋ねる。
「は、はあぁ」
「言葉にしてよ」
  脂汗を浮かべて切なげに悶える背中に、民雄は唇の端を吊りあげた余裕の笑顔で尋ねる。
「ほ、欲しいのよ。あぁー」
  肉欲に負けた人妻は言ってしまった。
「なにが、だ。でっかい牝犬ちゃん」
「い、言えないわ……」
「じゃあ……」
  民雄の指が逃げた。あうっと啼く真由美がつづける。
「あ、あなたの……タミオ様の硬い、硬いのが……」
「硬い、なんだ?」
「あ、ふぅ……ペ、ペニスが……あうぅ。い、入れて、ほ、欲しいのぉ……」
「ついに言ったな」
  功の声につづけて、咎めるように長倉が言う。
「ご亭主を裏切ってまで欲しいのかよお」
「もっと言うよ」
  民雄が背後から深く浅く前後させる指がとまった。それにタイミングを合わせ、快感を満たしていた淫婦の腰の動きが一瞬、とまる。
  やがて手の動きが再開された。狂った安堵とともに、快美地獄に堕ちる真由美が呻く。
「くっ、あ、あぁ。あなた、あなたぁー……ご、ごめんなさいっ」
「言わせたな」
「裏切っている、こいつゴメンですませようとしているぜ。ひでえ牝」
「……すごいじゃないか」
  ぬめった指が粘液の糸を引いて離れる。
小説の朗読 声:北川 明花

き たがわ さやか

160-B88-W56-H81主な作品としてVシネマ『忍者ハメ撮りくん』『女復讐人2』DVD『Sleeping Beauty 〜眠れる森の美女〜』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧