新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

六人の熟夫人

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
毎晩のように隣室で続く、兄嫁の挑発オナニー。
たまらず夜這いをした少年に由香里はささやく。
「気づいていたわ。君が覗いていたこと……」
夫の眠るすぐそばで行なわれる、危険な肉交。
親友の母、女教師、近所の熟妻、未亡人……
六人の美しい熟夫人と溺れた、倒錯の性体験!
登場人物:
かずえ(38歳)人妻、しほ(33歳)女教師、かずみ(31歳)人妻、あゆみ(36歳)人妻、きょうか(29歳)未亡人
シチュエーション:
覗き | 不倫 | フェチ | 羞恥プレイ | 誘惑・挑発
立ち読み
「佳寿美、今度はおまえの大好きなバックでやってやるよ」
  そう言って怒張を引き抜き、佳寿美を窓のほうへ向けて四つん這いにさせた。そして、ベッドに無造作に置いてあったタオルを手に取り、人妻の顔に巻きつけた。
「ねえ、なにをするつもりなの?」
「目隠しするんだよ。このほうが燃えるだろ?」
  雅俊はニヤリと笑うと、押入れの襖を佳寿美に気づかれないように静かに開けて、ペニスを握りしめたままの祐司にコンドームを手渡した。
(服を脱いで、それを着けろ)
  雅俊が身振りで指示し、祐司はわけもわからないまま、急いで服を脱いで全裸になると、勃起にゴムを装着した。すると、雅俊は人妻の双臀を左右に押し開いて、声に出さず、口の動きだけで、「ここに入れろ」と言った。
(僕が?……いいの?)
(いいからやれって)
  青年が指で佳寿美の女陰をツーッとなぞりあげた。
「ああんっ、雅俊さん、早く……入れてぇ」
  目隠しをされ、背後でなにが起こっているのかまったく気づいていない佳寿美が、尻をくねらせながら耳をふさぎたくなるほど淫らな声で催促してくる。
(まさか、こんな形で佳寿美さんとできるなんて……)
  祐司は展開の速さに戸惑いながらも、佳寿美のむっちりした尻を見下ろして、ゴクッと唾を呑みこんだ。緊張と興奮に震える手で肉茎の根元をつかみ、パックリと口を開け、涎れを垂らしている女孔へ近づけていく。
「あっ……」
  亀頭が触れた瞬間、佳寿美は小さく嗚咽をもらした。祐司は思わず、本当にいいのか、ともう一度雅俊に目で問いかける。青年は力づけるように大きくうなずいた。
  決意を固めた少年は、右手で勃起の根元をつかんだまま、左手を尻たぶに添えた。
  少しひんやりした、それでいて汗を滲ませた吸いつくような尻の感触に、また一段とペニスが硬く強張る。
  そっと勃起を女陰へ押しつける。開きっぱなしの女孔の中央へ尖端をねじこむと、蜜液まみれの膣肉が、まるで餌を咥えた魚の口のように亀頭を呑みこんだ。
「くうっ」
  祐司は熱くぬめった粘膜の感触に、たまらず呻いた。想像した以上に熱くて柔らかかった。さらに奥へ突き入れると、ヌチュッという音とともに肉茎が蕩けきった柔肉に包まれていく。
(は、入った!)
  恋い焦がれつづけた人妻の膣肉の感触。少年は興奮で胸がいっぱいになった。
小説の朗読 声:北川 明花

き たがわ さやか

160-B88-W56-H81主な作品としてVシネマ『忍者ハメ撮りくん』『女復讐人2』DVD『Sleeping Beauty 〜眠れる森の美女〜』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧