新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

人妻社員【四つの狂った果実】

本を購入

本価格:543(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「今夜は私が人妻だってことを忘れさせて……」
スーツ越し、柔らかな太腿を絡ませ囁く美しき熟妻課長。
「部長に抱かれるの……夢だったんです」
目元を薔薇色に染め、白き美尻を捧げる若妻社員。
夫ではない男の腕のなか、オフィスで乱れ咲き誇る、
梨花、千春、有紀、茜……蜜も滴る完熟の人妻たち。
登場人物:
りか(32歳)人妻、ちはる(25歳)人妻、ゆき(37歳)人妻、あかね(27歳)人妻
シチュエーション:
不倫 | セクハラ | 誘惑・挑発 | オフィス | 覗き
立ち読み
  パンティが剥きだしになった。若妻のビキニパンティは、ライトピンクのシルク地で花柄透かしが入っていた。ブラジャーとお揃いなのだ。
  透かしは花柄だけではなかった。恥毛の栗色の翳りが透けて見えるのが煽情的に目に映る。中心部に指を押し当ててみると、秘所の割れ目に沿って布地が窪み、見る間にその部分が濡れてきて染みを作った。
「いや、恥ずかしい」
  小さく呟いて、千春は頬を赤らめている。自分が濡れていることを実感しているのだろう。
  パンティのゴムの部分に指をかけると、無意識なのか意識的にそうしたのかはわからないが、千春は自分から腰を浮かしたのである。
「ああん、恥ずかしい」
  パンティを引きおろして足もとから抜き取る。
  完全に露わになった中心部に目をやって、三橋はごくりと生唾を呑みこんでいた。
  平均よりも恥毛が薄く短いのが、まず目に入った。ジャングルのような密集した茂みが、あまり好みではない三橋にとっては、まさに理想的な恥毛であった。
  両手の指で茶がかった大陰唇を左右にひろげると、サーモンピンクの淫肉が露わになった。さらに小陰唇を開くと、淫らな皺に彩られた肉襞が、もっと濃い紅色の鮮やかさを三橋の目に運んでくれた。
  なんて可愛らしくて綺麗なんだ……。
  小さく愛らしい秘穴がヒクヒクと蠢いていた。指を一本挿しこんでみると、そこはもう、驚くほどの湿地帯と化していたのである。
  指の腹で柔らかな肉襞を擦ると、ニチョニチョと卑猥な音が響く。秘壺は溢れかえるほどの蜜液がしたたっていたのだ。
「すごいねえ、柳田くん。グチョグチョじゃないか」
「いやーっ。言わないでえ部長!」
  恥ずかしげな声をあげた後で、千春はハアハアと悩ましげな喘ぎ声をもらしていた。
「けど、事実なんだし。ほらね」
  秘穴から引き抜いた指を、三橋は千春の顔の前に突きつけた。
「いやーっ……」
  千春の声のトーンがあがった。三橋の指先は透明な粘液にまみれて、淫らに濡れ光っていたのである。
「これって、入れて欲しいって催促と思っていいんだよね」
「知りません、そんなこと!」
  声のトーンはさらにあがっている。照れ隠しのためであることは明らかだった。
小説の朗読 声:北川 明花

き たがわ さやか

160-B88-W56-H81主な作品としてVシネマ『忍者ハメ撮りくん』『女復讐人2』DVD『Sleeping Beauty 〜眠れる森の美女〜』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧