新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

年上の美囚
継母と若叔母

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

「いけない子。叔母さんとママを並べて責めるなんて」
沙貴は美臀を掲げて、恨めしそうな目を少年に向けた。
隣りでは、36歳の継母が同じポーズで我が子を誘う。
叔母の若い尻を抉り抜いた肉塊が、佐和子の熟尻へ。
「ああ、二人の後ろの穴、凄く締めつけてくる……」
肛交に酔う青狼には、絶叫は喘ぎ声にしか聞こえない!

登場人物:
さわこ(36歳)義母、さき(28歳)叔母・伯母
シチュエーション:
凌辱 | 誘惑・挑発 | 母子相姦 | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 肛姦
立ち読み

「ど、どうして、そんな場所を?」
「ここも気持ちいいんだよ。それともママはもう知っているのかな?」
  指腹で肛門をこね回し、軽くほぐれてきたところで指を沈めこんでいく。
「あッ、いやッ、いれないで。不潔よ」
  うるみきった瞳がすがるように誠一を見ていた。隠逸の穴に指をじわじわと埋没させると、その瞳が悲しそうにゆれる。
「我慢しなよ。オマ×コに射精されたくないんでしょ。ならこっちを使えるようにしないと。ふふ、ママにたっぷりお尻のよさを教えてあげるからね」
「ど、どうして、どうしてなの誠一さん、こんな……ああ、そんな奥まで……あんッ、いやあッ」
  美母は排泄器官を犯される不快感に小鼻をぴくつかせ、うすく開いた口唇を小刻みにふるわせて嗜虐をそそる色っぽい呻きをこぼす。人差し指をはじき返そうとする括約筋の弾力が、なんともたまらなかった。奥へと沈めこんでいく。
「やっぱりママの反応いいね。こっちを愉しみにとっておいてよかったよ」
「ひいッ、しないでッ、ゆるして誠一さん、ごめんなさい。謝りますから、ああッ」  人差し指を付け根までねじ入れ、なかで折り曲げて腸粘膜を抉ると、力の失われていたはずの女体が、ビクッビクッと優雅に踊った。
「あ、ああッ、ひっ、やめてッ……」
  ぐったりとして声もでなかった母が、期待以上の響きを奏でてくれる。誠一は母のかわいらしい喘ぎをもっと引きだしたいと、淫心で胸を焦がす。
「朝まで時間はたっぷりあるんだからさ。今度は焦って僕のチ×ポ絞らなくていいからね、ママ」
  誠一は義母に休む間を与えない。放精を終えたばかりだというのに、くびれた腰を抱き寄せ、また抽送をはじめた。
「あ、ああッ、血は繋がってなくても、誠一さんは大切な息子なんですッ。信じて。もうママを犯さないで……ああッ」
  肉茎が膣穴を貫く。美母を犯す息子は衰えとは無縁だった。硬い芯をいつまでも残し、やわらかく萎えるということがない。そして指で不浄の穴を深々と抉る。薄い膜を通して誠一の肉茎と指はこすれあい、経験したことのないおぞましさの満ちた感覚刺激が佐和子を襲い、紅唇は盛大な喘ぎを噴きこぼす。
「ああッ、ゆるして……お尻しないで……ああんッ……」
「気持ちいいよ、ママ。僕にとってもママは大切なひとだよ……」

小説の朗読 声:のはら 歩

のはら あゆむ

154-B88-W58-H86

主な作品として映画『ピーカン夫婦』、写真集『アカルイハダカ Coup les』。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧