新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

放課後のシンデレラ
新任女教師・由紀

本を購入

本価格:543(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
怖いの、自分が凄くいやらしい牝みたいな気がして……。
机の上で獣の姿勢を取り、優美な双臀を持ちあげる。
眼前の生徒たちに一番恥ずかしい部分をじっと見られ、
23歳の肉体からは、濃厚な淫汁と性臭が溢れてくる。
夢と希望にみちた教師生活を一変させた、悪夢の放課後。
心まで教え子に囚われた今、由紀はもう教壇には戻れない。
登場人物:
ゆき(23歳)女教師、かすみ(-歳)女子高生
シチュエーション:
SM | 肛姦 | キャンパス・学園・大学 | 縄・緊縛 | 輪姦
立ち読み
「ああ……どうして……どうして濡れるの……わからないの……ああ、どうして」
  それは、由紀先生がマゾだからです、と直也は心のなかでつぶやく。
  パンティをめくるように引きさげた。
「いやっ、見ないで」
  と、由紀先生が両手で露わになった恥部を覆った。
  直也は由紀先生の細い手首をつかむと、脇へと動かす。
  割れ目を飾る恥毛が露を含んでいるのがわかる。花唇はわずかにほころび、そこから、愛液がにじみでている。
  恥毛の生えっぷりや割れ目のかたちは上品なのに、溢れだす愛液が淫らなものに変えている。
  直也は割れ目に指を添えると、左右にくつろげていった。
「い、いや……ああ、見ないで……」
  駄目、と言いつつも、由紀先生はもう手で隠そうとはしなかった。
「ひくひく動いていますよ、先生」
「う、うそです……うそです」
  由紀先生の花園は、昨夜の公園で見た時以上にぐしょぐしょだった。フェラをしただけで、こんなに濡れるなんて、信じられなかった。
「あ、ああ……熱いの……ああ、あそこが熱いの……公園でも、口をずっとふさがれて、たくさん縄をかけられて、もちろんいやだった……ああ、すごく怖かったし……はあっ、でも、濡れているのは、わかったの……自分でもわかるくらい、濡れていたの……」
  直也は由紀先生のオマ×コだけを見ていた。幾重にも連なった肉の襞が、ずっと、誘うように蠕動していた。
「それに……ああ、それに、感じたの……ああ、乳首を痛くされて、先生、感じてしまったの……」
「ひねられて、感じたんですか」
  直也は由紀先生の媚肉に向かって、聞いていた。
「ああ、軽蔑しないでね……」
「しません」
「感じたの……痛いのに……すごく痛いのに……身体の奥が熱くなるの……あの時、もっとひねってって、思っていたの……ああ、軽蔑するわよね。教師としても、女としても、最低よね」
  最高です、と言いたかった。
  由紀先生は僕が求めていた理想の女性です、と教えてあげたかった。
「今も……感じていたの……ビデオに撮られていると思うと、燃えてくるの……レンズの向こうには、北島くんだけじゃなくて、田端くんや小柳くんがいると思うと、どうしようもなくなってくるの……唇が舌が、目が自然とエッチに動いていたの……私じゃないみたいなの……でも、この濡らす女が本当の私かもしれない……」
小説の朗読 声:映美

ヨンミ

163-B87-W58-H88

主な作品として1st写真集『HWAN SAENG(ファンセン)』、1stイメージDVD『映美 SEOUL SEXY』他多数。

ミューズコミュニケーションHP
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧