新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

僕は三度タブーを冒す
姉と妹と義母

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
真夜中の寝室、艶めく素肌を晒して僕を待つ女体。
今夜、禁断を冒す相手は義姉、美妹、それとも淫母?
許されないってわかってる……それでも欲しい!……
陽平を虜にする熟母の性戯に娘たちは嫉妬し、
若牡を翻弄する美姉と競うように愛妹は処女を捧げる。
くりかえされるタブーの行方は?……危険すぎる相姦劇。
登場人物:
りょうこ(38歳)義母、まゆみ(19歳)姉、りさ(-歳)妹
シチュエーション:
母子相姦 | 誘惑・挑発 | 姉弟相姦 | 兄妹相姦 | 処女
立ち読み
「どうしてこんなことをさせる気になったの?」
  白い手指が、少し握力を変えながら上下に動く。握ったペニスと陽平の顔を交互に見つめる亮子の目が、赤く潤んでいる。
「それは……お母さんの身体が、綺麗で、魅力的だったから。ああー、だって、お母さんだっていけないんだよ。あ、あんなところで、引っくりかえったままなんだもの。それに、裸で……あー、やっと、連れてきたんだよ」
「そうだったわね。ありがとう」
  打ち明けた会話に繋がった。
「よく覚えてないの。反省してるわ。じゃあ、そのお礼っていうことで、つづけてあげる。これで許してね」
  確かに話の辻褄は合っていたが、だからといって、その後がこんなにスムーズに進行していいものか、陽平は酔った頭のなかで考えた。
  しかし、そんな考えもすぐに霧散した。亮子の手指の動きがあまりにも素晴らしいので、肉棒は急速に射出の方向へひた走ったのだ。
「駄目だ。もう、僕……」
「ふふふ、もうちょっと我慢しなさい」
  豊麗な裸身を隠そうともせず上半身を起こした亮子は、座って陽平と向かい合った。そして猛烈なスピードで表皮をしごきだした。
  陽平にもう言葉はなかった。見事に揺れるフルーツのような乳房を熱い視線で見つめながら、自然に任せた。
  あううっ、出ちゃうよ……。
  無防備で摩擦を繰りかえす亮子に射精を告げようかどうしようか迷っているうち、その瞬間がやってきた。こうなると男はあれこれ考える余裕などなく、ただ心地よい一瞬の刻に身を委ねるしかない。
  驚いたのは、手のなかで震えだした肉棒の反応で射出を予知したらしい亮子が、そのまましごきつづけながら筒先を自らの鳩尾のあたりに向けたことだった。
「あうっ、僕!」
  陽平の心地よい叫びが聞こえているのかいないのか、まったく意に介することもなく、ドッとばかりに噴出したものを、亮子はまともに肌で受けとめた。
  射出の快感にくるまれながら、陽平は亀頭の先端から次々と放たれるおびただしい溶液の行方をうっとりと見つめた。義母のお腹めがけて飛んだドロドロの白い精液は、その一部は大きな乳房にも飛び散っている。下腹にかかった一番量の多い第一撃の塊りは、白い柔肌から陰毛の生えた股間にまで伝っていく。
小説の朗読 声:小森 未来

こもり みき

158-B90-W58-H86

新体操インターハイ優勝 主な作品として映画『TAKESHIS'』『恋の門』『コンクリート』、TV『志村けんのバカ殿様』、舞台『志村魂』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧