新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

熟臀母交換
親友の母と継母

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
(息子の同級生が相手なのに、なぜ感じてしまうの?)
背後から双臀を突かれながら、知枝は戸惑いを覚える。
一晩だけ「ママ」になって、と乞われて結んだ関係。
少年のテクニックは、37歳に眠る獣欲を目覚めさせる。
絶頂を極めて朦朧とする意識に、悪魔の声がささやく。
「ねえ、“ママ”、今度は後ろの穴でしてみようよ」
登場人物:
ちえ(37歳)義母、くみこ(37歳)人妻
シチュエーション:
母子相姦 | フェチ | 肛姦 | 凌辱 | 自慰
立ち読み
「何が欲しいの、知枝ママ」
  肉奥の疼きが限界まで高まるとともに、知枝は嫉妬の感情を制御できなくなる。
「あ、敦也さんが、欲しい……、敦也さんの、モノが、欲しいのおぉっ」
  シンクに追い詰められたまま腕の中で暴れる知枝を、達美はさらに強く抱きしめた。
「本当、羨ましいな、敦也は。でもね、今夜は、敦也は久美子ママといっしょだから、知枝ママの相手はしてあげられないよ」
  泣きじゃくる知枝の耳元で、達美は優しく囁いた。
「僕じゃだめかな。僕なら、敦也以上に、知枝ママを悦ばせてあげられるよ」
  知枝の動きが固まる。達美は捕まえていた知枝の手を、硬く反り返った自らの怒張へと導いた。
「あうぅ……」
  知枝の口から、熱い溜息にも似た声が漏れた。発情しきった牝の本能が、若い勃起を握り締めさせる。
「欲しいって言ってよ。僕のが欲しいって。そしたら、これで思いっきり」
  達美は軽く腰を使い、知枝の手の中で肉棒をピストン運動させた。
「知枝ママの中を、かき回してあげるよ」
「欲しい……」
  知枝はとうとう、恥ずべき屈服の言葉を口にしてしまった。そうしなければ、喜悦へと逃げ込まなければ、これ以上自分を保っていられそうになかった。
「どうして欲しいの、知枝ママ」
「こ、この、達美さんのモノで……、ママの中を、かき回してぇ」
  達美は知枝に唇を重ねた。これまでなかったほど積極的に、知枝のほうから達美の舌を吸ってくる。
「じゃあ、たっぷり楽しもうね、知枝ママ」
  シンクの縁に知枝の尻をもたれさせておいて、赤いビキニショーツの股布部分をわきへずらしたまま、達美は少し膝を屈め、筒先を秘唇へとあてがう。
「あううぅ、んはああぉっ」
  達美が突き上げるのと同時に、知枝の膝の力が抜け、自重でいきなり最奥がえぐられる。知枝は首をのけ反らせて天井を仰ぎ、はしたない悲鳴を迸らせた。
「ふふふっ、ぐいぐい締めつけてくるじゃない。これじゃ、簡単にイっちゃいそうだね」
  達美は、芯を失って後ろに倒れてしまいそうな知枝の背中を片手で支え、もう一方の手で弾力的な乳房を揉みしだきながら、耳たぶから喉へとくまなく唇と舌を這わせていく。
「どう、知枝ママ、気持ちいい?」
  腰を弾ませて軽いジャブを突き出し、しこりっぱなしの乳首をつまんで捻る。
「ひんっ、いひいっ、気持ち、いいぃ」
小説の朗読 声:風間 今日子

かざま きょうこ

158-B98-W58-H86

主な作品としてVシネマ『飼育2』『人妻玲子 調教の軌跡』『新人受付嬢』『日本暴力地帯4』『借王3』、ドラマ『世紀末の詩』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧