新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

独身叔母と人妻と高校生

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介
「ああ、京太のが、わたしのおなかまで届いてる……」
騎乗位で跨る慶子は吐息をつき、15歳を見下ろす。
許されないと知りながら、同居する甥とつづく肉交。
長い独り身の生活が理性を狂わせ、獣性を暴走させる。
新たな同居人・芙美江の出現が、さらなる事件を……
27歳と34歳が高校生を奪いあう、危ない共同生活!
登場人物:
けいこ(27歳)叔母・伯母、ふみえ(34歳)人妻
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 羞恥プレイ | 近親相姦 | 言葉嬲り | フェチ
立ち読み
「あっ、ああん、太い……好きなの。十二歳も年下の甥に、わたし、ほんきになっちゃったの」
「慶子さん、僕も慶子さんのこと諦めきれなかった」
  京太が腰をうずめた。ぬめった膣道のなかを硬直がこじ開け、奥底まで雄々しくはまり込んでくる。
「ああ、京太のが、わたしのおなかに入ってる……」
  余裕のない充塞に慶子は吐息をつき、そしてゆたかな双乳を京太の胸板に押しつけるようにして、引き締まった十五歳の肉体を腕のなかにぎゅっと抱いた。
「慶子さん、だいじょうぶ?」
「ええ、平気。わたしね、一カ月前あなたの部屋のベッドで一緒に寝た日から、このおちん×んのことばかり考えてたのよ」
「ほ、ほんと?」
  京太が歓喜の問いを発して、腰を遣いはじめた。ズッと中程まで引き抜き、勢いよく貫く。下腹を掻き乱す荒々しい力感を感じ、慶子は白い喉を晒してうめいた。
「あ、ああんっ。この大きい形を思いだしては、股間を熱くさせて、さっきみたいに自分で慰めてたの。ずっとこうして抱いて欲しかった。ああん、すごいっ、京太に、あたしの身体、壊されちゃいそうっ……あんっ、やだ、こんな下品な音まで立っちゃってる」
  切れ目なしに、男根を繰り込まれ、ふたりの交わり合う箇所から、ぐちゃぐちゃと盛大な汁音がこぼれていた。
「慶子さん、すっごく濡れてるね」
「いや聞かないで、こんな恥ずかしい音……ああんっ」
  こんなにも汁をこぼし、熱く煮えたぎってくれるのかと、京太が悦びのにじんだ声で告げれば、羞恥に呑まれた慶子は、ますますじっとりと熱い蜜を吐きだして悶え泣く。
「慶子さんが僕のチ×ポで感じてくれてるなんて……ああ、きついのにやわらかくて、とっても気持ちいいよ」
  汗を浮かべた慶子の顔を見下ろし、京太は鋭く秘唇に突き入れ、膣ヒダをねっとりこすって抜き出し、また穿つ。微妙に角度と勢いを変え、慶子の表情を観察して感じる部分を探っていた。
「あ、ああんっ、そこ、だめっ」
(なによ、この上手な腰遣い。いつのまにかこんなに女を泣かせるのがうまくなってるなんて。わたし以外の女性に純潔を捧げたくせに……)
「ここ?  奥の方が慶子さんは感じるんだね」
  京太は慶子の膣底に狙いを定め、奥をこねくるように抜き差しを加えてきた。子宮口を亀頭でこすられ、愉悦が立ち昇る。弱点を責められた慶子は、細首をふりたて、黒髪を乱してよがり泣いた。
小説の朗読 声:里見 瑶子

さとみ ようこ

153-B83-W60-H85主な作品として「浅草キッドの『浅草キッド』」「若妻快楽レッスン 虜」「刑事まつり 第3弾」他多数。「PG」93号 里見瑶子特集

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧