新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

淫叔母と受験生

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
憧れてやまない、知りたくてたまらない、女体の神秘。
悶々としたこの想いを若叔母の唇で癒せたら。
燃え盛るこの精を熟叔母のなかに注ぎこめたら。
青い渇望が二人の叔母で実現する日が本当に来るとは!
「今夜はいけない叔母さんになってもいいかしら?」
瑶子と佐知子、若と熟、最高すぎる性への導き。
登場人物:
さちこ(38歳)叔母・伯母、ようこ(29歳)叔母・伯母、まき(-歳)女子高生、ゆみえ(33歳)年上女(熟)
シチュエーション:
近親相姦 | 自慰 | 露出(下着・水着・裸) | 誘惑・挑発 | シックスナイン
立ち読み
「さあ、今度は春樹が叔母さんにちょうだい」
  真っ赤に紅潮した美貌に魅惑の微笑を浮かべ、佐知子が催促してきた。
  興奮で息を荒げている春樹は声もなくただ頷くと、口の中に唾液を溜め、再び熟叔母の唇を奪っていった。口内に溜まった粘液を、佐知子の口の中へと流しこんでいく。
「うぅん、美味しいわよ、春樹。今度はお留守になってる腰も動かしながらね。『の』の字をやってみて」
  佐知子はそう言うと、下から腰を回転させてきた。いままでにない襞の絡まりに、射精感は一気に高まる。
「くあっ、お、叔母さん、僕、もう、げ、限界だよ」
「ダメだったら出していいから。だから、腰をちゃんと動かして、叔母さんも楽しませてちょうだい」
「うん」
  なにかに耐えるように頷くと、根元まで差しこんでいたペニスを少し引き抜き、浅いピストンを開始した。今回は深く引き抜くことはせず、その代わり佐知子の言うとおり、「の」の字を描くような腰の回転を試す。
「あっ、ああ、す、凄い……」
  前後の律動運動だけでは、絶対に得られない肉襞の絡まり具合に、春樹は喜悦の声をあげた。腰の動きを中断することなく、叔母の唇を求め重ね合わせていく。
  クチュックチュッ、ズチャッズチャッ……。ペニスと淫裂が奏でる音と、唾液交換によって生み出される音が混ざり合う。
「うん、うッ、ううん……」
「あっ、ああんッ、はあん……」
  二人の口から漏れるうめきがさらに混ざり、淫猥なハーモニーを作り出す。
  春樹は腰の動きとキスをつづけながら、右手で佐知子の乳房を揉むことも忘れてはいなかった。どこまでも沈みこんでいくような柔らかな膨らみを揉んでいると、不思議な安心感があった。こねるように揉みつつ、親指と人差し指で硬化した乳首を摘んだ。
「は、ああんっ」
  そのとたん、佐知子の口から大きなうめきが漏れ、腰が一瞬、弓なりにのけぞった。
「ぅあっ、お、叔母さん、ぼ、僕もうほんとに、で、出そう……」
  キュウッと襞が収縮し、いままでにない電流が一気に脳天に到達した。睾丸がせりあがり、煮えたぎったマグマが、輸精管という名の発射管に流れこもうとする。
「いいのよ春樹。出していいの。我慢なんかしないで、叔母さんの中に全部、出しちゃいなさい」
小説の朗読 声:里見 瑶子

さとみ ようこ

153-B83-W60-H85主な作品として「浅草キッドの『浅草キッド』」「若妻快楽レッスン 虜」「刑事まつり 第3弾」他多数。「PG」93号 里見瑶子特集

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧