新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

熟妻フェロモン
誘惑テニス倶楽部

本を購入

本価格:619(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
「テニスだけじゃなくて、××も教えてほしいの」
スコートからのぞくむっちりした太腿、蒸れたアンスコ。
汗で貼りつくウエアからは牝の薫りがほのかに漂う。
成熟した夫人たちだけが集う、高級テニスクラブ。
貴和子、香織、雅代……五つの完熟女体に誘われて
次々と重ねる姦淫は、甘すぎる、背徳すぎる蜜の味!
登場人物:
きわこ(31歳)人妻、かおり(29歳)人妻、まさよ(36歳)人妻、みさと(24歳)人妻、あさみ(30歳)人妻
シチュエーション:
フェチ | 更衣室 | 露出(下着・水着・裸) | 自慰 | 肛姦
立ち読み
「あん、そんな……シャワーも浴びてないのに……」
  デカ尻がとっさに身を引いた。玲司はそれを掴み戻すと、淫核の鞘を剥きあげる。塩気を帯びたフェロモンの味わいに、男の舌が痺れていく。
  いやらしく膨れたクリトリスは、小指の爪ほどの大きさがある。それを逆剥けに舐め擦ってやると、牝犬のような淫ら声が洩れる。
「くううぅん……。洗わないままお舐めになるなんて……あ、そんな奥まで……あああ……いいぃ……」
  汗かき股をクンニされる恥辱と敏感すぎる肉蕾への刺激……その間を行き来しながら、貴和子はひたすら悩ましげに身悶えている。
「もっと可愛がってやりたいが、あいにく……」
  玲司は腕時計に目を落とす。
「支度の時間を引いて、あと七分か。よし、きっちり七分で俺をイカせろ」
  便器に座ったままの体勢で自らの股間を傲慢に指し示した。
「ほら、見ろよ。破裂寸前だ」
「もう、玲司さんたら、いつも自分勝手……」
  官能の扉口から無情に引き戻された貴和子の眼差しに、わずかに恨みがましい翳りが浮かんだ。
  だがそれ以上はなにも言わず、大人しくタイル床へ両膝を突く。大きく開かれた男の脚の間へ、テニスウェアの女体が沈んだ。
  爪を短く切り揃えたクリアマニキュアの指先が、愛する男の剛直を恭しく口もとへ手繰り寄せる。そのずっしりとした手応えに、とろんとした顔で目を瞬かす。
「こんなに硬く、熱くなって……。今日もレッスンで、いっぱい興奮なさったのね」
「このままじゃ会議にも身が入らないからな」
「しょうがない方ね……。では、ご奉仕させていただきます」
  柔い唇が先端に触れたかと思うと、そのまま半ば近くまで香しい口腔へ吸いこまれていく。しょうがないと言いつつも、コレが欲しくてたまらなかったらしい。
「豪快な咥えっぷりだな」
「し、知らないっ」
「ほら、休まずに」
「はひ……じゅむっ。ちゅび。んんんっ。ちゅぷぷ……」
  淑女にあるまじき下卑た音まで響かせながら、長々と伸びた舌が雁太を舐め蕩かす。生温い舌粘膜が雁首の溝を一周し、尿道口をせせりあげた。
  ――くっ、沁みる。まさに痒いところに手が届くってやつだな。
  小刻みな濡れ肉のうねりに目を細めながら、貴和子が繰りだす絶妙の舌遣いをじっくりと抜き身で味わう玲司。
  馴染んだ舌の動きではあるが、玲司の肉棒の形状と感じるツボを知りつくしているだけに、慣れたなかにも飽きのこない味がある。
「ほら、遠慮しないで、もっとたっぷり飲みこめよ」
小説の朗読 声:里見 瑶子

さとみ ようこ

153-B83-W60-H85主な作品として「浅草キッドの『浅草キッド』」「若妻快楽レッスン 虜」「刑事まつり 第3弾」他多数。「PG」93号 里見瑶子特集

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧