新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

淫獣の宿命
義姉と隣家の未亡人

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
(これは若い少年を誘惑した、私への罰なの)
礼子は唾液をのせた舌で、哀しげに肉棒へ奉仕する。
オナニーを目撃されて始まった隣家の高校生との姦係。
悪魔の貌を見せ始めた翔太郎は、未亡人の肉体を弄び、
やがて邪眼を同居する美しい義姉にも向けていく……
33歳と24歳、年下に性調教される二匹の美獣!
登場人物:
まゆみ(24歳)姉、れいこ(33歳)未亡人
シチュエーション:
凌辱 | 覗き | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 浴室 | 姉弟相姦
立ち読み
「いつでも好きな時に出していいのよ」
  三十三歳の未亡人は、上目遣いの視線で少年を誘惑するように言った。
  年上という立場を示したつもりなのだが、この上下関係がすぐに逆転してしまうと思うと、なぜか女の芯が切なくなってしまう。
  鮮やかな若い亀頭に、成熟した未亡人のルージュに濡れた唇が口づけられる。その淫猥な光景を、少年は上から見下ろしながら生唾をゴクリと呑み込んだ。
「礼子さんのフェラ顔、すっごくエロいよ」
  年上の女を辱しめる言葉を浴びせられながら、礼子はチュッチュッと何度もキスを繰り返した。
「舌を使ってよ。キャンディを舐めるみたいにペロペロするんだ。そうすれば、きっと僕のチ×ポも美味しく感じるようになるよ」
  翔太郎の手が礼子の頭に置かれた。軽く撫でてくれるところに、男の余裕のようなものが感じられ、礼子は少年の足もとでドキドキしてしまう。
(そうよね。お口でもっと……ちゃんと心を込めておしゃぶりしてあげれば、翔太郎くんもすぐに射精できて、満足してくれるかもしれないわ)
  昨日は三度も続けて犯されたのだ。たとえ一度くらい唇で受けたとしても、その後で犯されてしまうことに変わりはないだろう。若くて逞しい少年のペニスを、淫らにしゃぶりたいという密かな欲望が、未亡人に生まれていた。だから娼婦のように舌を使う言いわけが、清楚な未亡人には必要だった。
(仕方ないのよ。これは、若い翔太郎くんを狂わせてしまった私への罰……)
  礼子はエラの広がったグロテスクな亀頭に、ピンク色の小さな舌を這わせた。
「ああっ……お、大きいのねっ……」
  上目遣いに熱い吐息をもらし、礼子は男根を讚えるように呟いた。
(これも翔太郎くんを射精させてあげるためだから……)
  たっぷりと唾液ののった舌で、礼子はそびえ勃った肉棒の根元から、ねっとり舐めあげていった。
(ああっ……わたしっ、なんて淫らなことをしてるの……)
  自分の唾液で艶やかに濡れ光ってくる肉柱に、礼子の女は妖しい痺れに包まれた。まるで娼婦か淫乱女のように、浅ましく少年のペニスを舐める自分が信じられない。それでいて、この逞しいペニスを舐めたくて、口に含みたくてたまらない衝動が、下半身から湧き上がってくる。
  女の唾液で飾られた怒張は一段と熱くなり、反り返る角度も増していた。
「もう、食べてしまって、いい?……」
小説の朗読 声:中原 翔子

なかはら しょうこ

7月9日生まれ T166-B83-W60-H85

女優業の傍ら、早川ナオミ名義にてAV界の巨匠・代々木忠監督の著書を原作とした3話オムニバス映画をプロデュース。主な出演作として『旧支配者のキャロル』他多数。

中原翔子 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧