新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

制服秘書室【四人の美囚】

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

制服の下のまろやかな乳房を乱暴に揉みしだかれ、
夫のモノしか知らない女秘書の唇へ男根がねじこまれる。
結婚四年、平穏な夫婦生活への不満を見抜かれた28歳。
知性とプライドを捨て、志保里は自ら舌を絡めていく……
人妻秘書、新人秘書、熟夫人秘書、秘書姉妹……
四人の女秘書が制服の裏に隠す、危険な美牝願望。

登場人物:
はるか(22歳)秘書、ひとみ(38歳)秘書、しおり(28歳)秘書、みな(22歳)秘書、さわ(-歳)秘書
シチュエーション:
制服 | 不倫 | 凌辱 | 脅迫 | オフィス
立ち読み

「ああっ!  いやっ……恥ずかしい」
  青年社長に貫かれたまま、だっこされるように抱えあげられてしまう。こんな体位、夫ともしたことがなかった。
「どうだ。駅弁っていうんだぜ。上品なキミには、考えつきもしない体位だろう」
  仁美の女体を両腕だけで抱え、腰をゆすりはじめる。ブランコのように腰を振られ、熱く猛る肉竿が子宮に届くほど深く突き刺さってきた。
「ああっ!  んくぅっ!  あぐっ!」
  これまで経験したことのない強烈な突きあげに、頭の中が真っ白に飛んでしまいそうになる。貴雄は下腹を叩きつけるようにして、深く剛直を穿ちこんできた。
「どうだ。気持ちいいか」
「あううっ!  い、い……イキそう……ああっ」
  女陰に熱が渦を巻き、身体の中で子宮が太陽のように熱くなる。
「僕のこと好きか?」
  このまま素直に絶頂に達することは許してくれないらしく、貴雄は腰を突きあげるのをやめた。抱えあげられたままなので、肉棒が子宮口を圧迫し、身をよじりたくなる感覚が下腹部にひろがっていく。
  ぎりぎりで焦らされるせつなさに、頭がおかしくなってしまいそうだ。
「ああ……好きです……」
  とにかく達して楽になりたい。夫への申し訳なさに胸が張り裂けそうになりながらも、仁美は貴雄の求める言葉を口にした。
「愛してるか?」
「あ……愛して……います」
  本心ではない。心にそう言い聞かせながらつぶやき、羞恥に身を震わせる。
「旦那とは別れるんだ。いいな」
  貴雄の腰がふたたびゆっくりくねりはじめる。
「ああっ……それは……」
  そんなことができるはずがない。どんなに辱められ、痴態を曝そうとも、心までは奪われるつもりはなかった。
「別れられないなら、僕の奴隷になれ。でなきゃ、お前の旦那はクビだ」
  パンパンパンと腰が突きあげられる。そのたびに飛沫のようになった愛液が噴きだし、貴雄の下腹にかかった。
「ああ……わ、わかりました」
「僕のペニスにお仕えしますって言え」
「ああっ……貴雄様の……ペニスに……んうぅっ……お、お仕えします」
  屈辱的な誓いに、瞳から涙がこぼれる。
「よーし、じゃあ、イカせてやる」
  貴雄は仁美の女体をふたたびベッドに横たえ、全身の肌がぴったり折り重なる正常位に持っていった。
「舌を出せ」
  命じられるままにおずおずと、薄いピンク色の舌先を差しだす。
  貴雄は乳飲み子のように仁美の舌に吸いつくと、三浅一深のリズムで肉棒を突きあげはじめた。

小説の朗読 声:亜紗美

あさみ

160-B86-W58-H84

主な作品として映画『くりいむレモン 2』『片腕マシンガール』『くノ一忍法帖 影ノ月』他多数。

亜紗美公式HP
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧