新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

二人のお姉さん【甘く危険なお願い】

本を購入

本価格:714(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介
「お姉ちゃんの××で、いっぱい気持ちよくなって」
「先生が、きみの初めての人になってあげる……」
実姉と女教師――僕を魅了する21歳と27歳のお姉さん。
放課後の教室で、真夜中の寝室で、狭いバスルームで、
甘すぎる女体は、淫らなお願いをすべて叶えてくれた。
二人のお姉さんに導かれ、少年は大人への扉を開ける。

登場人物:
まり(21歳)姉、まい(27歳)女教師
シチュエーション:
姉弟相姦 | 誘惑・挑発 | 処女 | キャンパス・学園・大学 | 病院 | 浴室
立ち読み
「――姉さん、もう入れていい?」
「ええ、きて……お姉ちゃんの初めてをもらって……」
  万里の膝を掴み、グイッと後ろに倒すように広げた。大量の蜜にまみれた秘唇が露わになる。
  こわばりに手を添え、秘口へと狙いを定めた。
「じゃあ、いくよ……」
  こくり、と頷いた万里が、首筋に腕をまわしてきた。抱きしめかえす。
  和宏はゆっくりと腰を押しだしていく。
「あっ、ああっ……姉さんのなかに入っていくっ……」
  ぬめらかな粘膜に亀頭が、次いで幹が呑みこまれていく。膣内はお湯のように温かく、ヌルヌルしていた。とろけるような感触が砲身を包みこむ。
「んっ、かずくんっ……」
  万里がギュッと目を瞑る。
(んっ、きつい……)
  和宏は歯をくいしばる。処女の締めつけは強烈だった。膣道は驚くほど狭く、抵抗感が凄まじい。それでも大量の愛液に満ちているため、かろうじて挿入を進めることができた。窮屈な処女口を亀頭がみちみちと押し広げていく。
「ンッ、ンンッ……」
  万里の美貌が苦痛に歪む。目尻に涙の粒が浮かんだ。和宏は慌てて腰を止める。
「姉さん、大丈夫?」
「ええ、お姉ちゃんは大丈夫だから、気にしないで……」
  万里は健気にも微笑みを浮かべる。しかし、無理をしているのは一目瞭然だった。
「で、でも……」
「ううん、いいの。かずくんとなら、どんなに痛くても平気だから……」
「姉さん……」
  万里の言葉に胸を打たれる。愛しさが胸いっぱいに広がった。
「じゃあ、いくよ……」
  背中にまわした腕に力をこめ、慎重に腰を進めていく。先端にかすかな抵抗感を覚えたが、そのまま一気に貫ききった。
「ンッ、ンンンッ!」
  なにかがぶちっと切れたような瞬間、万里が声にならない悲鳴をあげ、首筋にまわされた腕に痛いくらいに力がこもった。ふっと締めつけの力が緩む。
  それは二十一歳の処女姉が弟によって女へと生まれ変わった瞬間だった。
小説の朗読 声:穂花

ほのか

156-B85-W56-H85

日本アダルト放送大賞2007・女優大賞受賞。主な作品として映画・Vシネマ「テレビばか り見てると馬鹿になる』『艶子の湯』『NIPPLES』DVD『裸体』『キレイヤセックス』他多数。

穂花公式HP
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧