新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

彼女の母・彼女の妹
僕の危ない関係

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

「こんなおばさんを好きになってどうするの?」
洋梨のような乳房を腕で隠してほほ笑む彼女の母。
”彼女”の目を盗んで35歳の未亡人と重ねる肉交。
許されない相手だからこそ溺れてしまう禁忌の罠。
秘密を知った小悪魔な妹までが僕を誘ってきて……
そんな危ない関係がすべて発覚してしまうときが!

登場人物:
ななこ(35歳)未亡人、みずき(-歳)女子高生、ゆうか(-歳)女子高生
シチュエーション:
制服 | 処女 | 誘惑・挑発 | 羞恥プレイ
立ち読み

  ジジジジジ……。
  小さな音が、耳に痛いほど大きく聞こえる。七菜子の指が、学生ズボンのファスナーを降ろしているのだ。
「七菜子さ!……」
  ん、と言い終わるまえ。七菜子が智史の目のまえにしゃがみこむと、すでにこんもりと盛り上がったブリーフの山に手を入れて、勃起しきった肉棒を引っ張り出した。
  それだけでも驚愕なのに、七菜子の行動はさらに上回っていた。
「アァ、こんなに熱いなんて……。手がヤケドしそう。ン……、男の子のにおい。すごいのね。たまらない……ッ!」
  うっとりと肉棒を握りしめたと思うと、いきなり顔を上からかぶせていく。
「ハァ……ンン!」
  七菜子の朱唇が大きく開かれると、そのまま肉棒を呑み込んだ。智史の肉棒はいっきに根元近くまで含まれた。
「はぅ、ぅ!  七菜子、さん!」
  それはもう、この世のものではなかった。
  あらゆる感覚、快感、喜悦、驚愕の感情までが、いっきに襲ってくる。
  智史の勃起しきった肉棒が、あたたかく濡れた洞窟に包み込まれている。
(まさか、まさか、まさか!……)
  あの七菜子が。
  しかし苦しみにも似てしかめた顔から智史が下を見ると、そこには長い栗色のウエーブヘアをわずかに揺らしながら、智史の股間へ顔をぶつけるように肉棒をスロートしている七菜子がいるのだ。
「フン、フゥ、ン……」
  口を肉棒で塞がれているせいで、七菜子の鼻から息が漏れる。小鼻が膨らみ、吐き出される息が、それだけで艶っぽく聞こえてくる。
  肉棒はしっぽりと口腔粘膜に包まれて、それだけで天にも昇る心地よさだった。
  そのうえ、絶えず七菜子の暖かい舌がからみついて、亀頭といわず、その裏側の筋といわず、尿道口の鈴口といわず、なめ上げてくる。
  上から見下ろすと、ニットのルーズな襟ぐりから、Hカップのバストがたっぷりと覗いていた。
  七菜子が肉棒を含みながら顔を前後させると、バストもゆんゆんと揺れる。
  しゃがみ込んでいるせいで、黒革のミニタイトはすっかりまくれ上がって、見下ろす智史からも網タイツに包まれた太ももの付け根までが見えていた。
「七菜子さん、どうして!……」
  しかし智史の問いに七菜子は答えない。
  いまは、いっしゅんでも口腔内の肉棒を離したくない、というふうに、舌をからめてなめしゃぶり、唇をすぼめてディープスロートを繰り返す。

小説の朗読 声:薫 桜子

かおる さくらこ

12月12日生まれ T157-B101-W63-H89

主な作品としてVシネマ『くりぃむレモン夢のあとに』、映画『裸の三姉妹淫交』『メイド探偵』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧