新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

80日間飼育【セーラー服】

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

(もうエッチなことはしないって約束したのに)
怯えたように閉じる内腿へ侵入する男の指先。
言葉では拒絶しながらも勃起するクリトリス。
薄布の下に涌いた性熱が16歳の理性を狂わせる。
セックスへの抵抗と好奇心で揺れる美少女が、
一人の「女」へと羽化していく80日間姦獄!

■もくじ
第一章  嬢姦  悪魔に狙われた十六歳

第二章  嬲姦  制服姿のまま辱しめられて

第三章  淫姦  つらくて恥ずかしい日々

第四章  魔姦  そんなに激しく責めないで……

第五章  悦姦  抵抗をあきらめた肉体

第六章  獄姦  女子高生が「奴隷」になった日

登場人物:
ゆみか(-歳)女子高生、れい(18歳)女子大生
シチュエーション:
制服 | 肛姦 | 凌辱 | キャンパス・学園・大学 | 剃毛 | 処女 | 父娘相姦 | 脅迫
立ち読み

「アハァッ!……」
  なまめかしい息が少女の喉から洩れる。
「フッフッ、一人前に感じてるじゃないか。いつもスケベなこと考えて、オナニーばっかりしてるんだろ?」
  是方は大陰唇の脇に両親指を当て、ぐいっと左右に開く。
  羞恥心をたたえた淫裂の中には、白くぬめ光るまだ成長途上の陰襞が、淡く染まった蜜桃のように震えて縮こまっている。
  花襞の頂点に位置する一番敏感な部分も、まだ蕾のように小さく、蜜襞の中に隠れてしまいそうだ。
  是方は舌先を固く閉ざされた牝唇の隙間に挿し入れると、その処女ゆえに恥垢の溜まった襞を丁寧に舐め上げながら、震える肉核へとその舌先を伸ばした。
「んああっ、ああっ!」
「……男を知らない味だ。スゴく旨いぜ」
  舌先で、しばらくチロチロと舐める。
  それまで襞の内側に隠れて見えなかった少女の小さな真珠の粒も、次第にその敏感な先端を尖らせ、姿をあらわした。
  まだほんの粒としかいいようのなかった肉の芽は、中年男の唾液にまみれてヌラヌラと光り、今や爛熟した牝のそれのように赤くむくれきっている。
  突起して極端に感度の高められた陰核が、男の巧みな舌技で翻弄されると、なんともいえない快美感が少女の全身を貫いていた。
  生まれて初めて感じる、名状しがたい女体の愉悦。
(な、なんで?……イヤなのに、絶対にイヤなのに……)
  熱い牝性の情念が乙女の身中にさざめき立つのを察した是方は、素早く手を自分のベルトに掛け、一気に引き抜いた。
  その音を耳にした優美香は、毒蛇が鎌首をもたげて襲い掛かってくるような、そんな錯覚にとらわれている。
  義父はズボンのチャックを開け、赤黒く光る亀頭を蜜壺に押し当ててきた。湿った割れ目の内側で円を描くように動かしていたかと思うと、中心に向かって次第にその円の大きさを狭めていく。
  そして、一気に優美香の中に潜り込んでくる。
「っ!……い……いったーい、痛い、痛いぃっ!」
  少女は顔面を両手で覆ったまま破瓜の叫びをあげ、激しくむずかって腰を引く。
  それにも構わず是方は、その肉槌をさらに強引に押し込む。
  上に逃れようとする優美香。
  しかしソファの手すりに頭を止められ、そこでストップしてしまう。
「痛い、いたいっ」

小説の朗読 声:光月 夜也

こうづき やや

T164-B83-W56-H81

主な作品として『光月夜也としてみませんか? 』『寝取られ妻の性癖』他多数。

光月夜也オフィシャルブログ「夜の訪問者」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧