新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

溺れ母娘

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

母娘で隣りの若い男を奪い合うなんて……。
ふくよかな乳房、張りつめた双臀を見せつける佐和子。
夫を亡くして15年、貞操を守り続けた39歳の身体が、
少年の若く漲る肉茎を前にして、はかなく溺れていく。
母の姿に嫉妬した千夏、早苗も対抗するように女体を……。
溺れ母娘――三人の一途な想いが交錯する「超」誘惑生活!

<もくじ>

第一章  未亡人の慰め
第二章  浴衣で乱れる39歳
第三章  一夜妻から慰安母へ
第四章  遅咲きの美娘19歳
第五章  母より甘い処女の蜜
第六章  長女26歳の歪んだ欲望
第七章  終わらない楽園
終章    危険な家族計画

登場人物:
さわこ(39歳)未亡人、ちなつ(26歳)女教師、さなえ(19歳)女子大生
シチュエーション:
隣人 | 手ほどき | 浴室 | 誘惑・挑発 | 処女 | 献身 | 手コキ | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 浴衣 | 嫉妬
立ち読み

「人妻であれば多少なりと、男性を悦ばせる術を心得ているものなのよ。私には旦那様がいないから、今は圭介くんのために尽くしてあげているの」
  ぬたぬたと頂きまで舐めあげていき、舌腹をひるがえして傘の外輪を軽やかに周回させた。曲がりくねる舌端が雁首のくびれを精確にたどり、ぽってりと男のえらを張り詰めさせていく。
「す、すごい……舌がグルグルまわって、僕のに絡みついてくる……」
  興奮と快感に、圭介が吐息を乱す。佐和子は自在に舌を巡らせ、甘露が滲むたびに鈴口をチロチロとねぶった。ひりつく酸味を味わいながら、舌先を振動させて尿管のなかへ喜悦を侵入させていく。
「ふぁ──アァッ、さ、佐和子さん……」
  すがりつくように名を呼ばれると、舌遣いに熱がこもる。うぶな桃色の肉傘がパンパンにふくれ、剥き身の果実のように瑞々しい光沢を帯びてきた。
(なんて美しいのかしら……こんな綺麗なオチン×ン、見たことがないわ)
  女を惑わすように、とろっと十代の甘露があふれてくる。たまらず一呑みに頬張り、しっとり濡れた粘膜の揺り籠であやしてやった。
  口蓋のくぼみで傘頭を撫でてやりながら、舌腹だけを外に伸ばしてヌラヌラと裏筋をねぶる。あふれた唾液が幹を伝い流れ、陰嚢までも生温かく濡らした。
「こ、こんな……気持ちよ過ぎて──頭が真っ白になりそう」
  淫靡にうねる女の粘膜が、摂食のための器官とは思えない蠢きで、十七歳の性感を蕩かす。舐められても啜られても滾々と湧きあがる男のとろみが、濁りを帯びて粘りを増してきた。
「も、もう駄目です……ティッシュを持ってこないと、このままじゃ」
  息も絶え絶えに、圭介が火急を告げる。口淫をやめて、佐和子は頭上をあおいだ。こんもりと裏筋のふくれた根元を握るだけでも、鈴口から潤みがあふれてくる。
「大丈夫よ。このまま圭介くんの想い、残らず受けとめてあげるから」
  ほつれた鬢を耳もとへかきあげ、手前に屹立を傾ける。
「受けとめるって、そんな──ものすごい量が、出ちゃいそうですし……」
  圭介の遠慮を無視して頬張れば、嬉しそうに肉冠がふくれあがった。ふっくらした唇で剛直をしごきつつ、カリ高なえらに舌を巻きつける。絶えずうねらせて膣襞の感触を再現してやっているうちに、下腹の縦孔が切なくなってきた。
(まだ子供なのに、いやらしい形をして……きっと女泣かせになるわね)
  寂寥の溜め息をつき、年下の片脚に寄りかかる。豊胸のふくらみを押しつけ、タプタプと揺らぎを伝えると、媚態にたぶらかされて圭介が切なげに嘆いた。
「あぁ、まだ終わりたくないのに……好きって気持ちが、抑えられません」
  傘がひろがって、ぐぐっと棹幹が太くなる。これで本当に終わってしまうと思えば、余力を残してなどいられなかった。
(せめて思いっきり、吐きださせてあげるわ。私のなかで満足してほしいの)
  息を切らして面貌を振り、甘く濡れた口内で揉みくちゃに舐めまわす。破裂寸前まで肉冠をふくらませたところで、みっちりと雁首を咥えた。
  太幹をつまんで軽やかにしごけば、少年が慣れ親しんできた手淫の律動が、一挙に性感を上昇させる。チロッ、チロッと鈴口を舐め、排泄衝動もくすぐってやった。
「あっ、は……本当に出ちゃう──出しちゃっていいんですね……」
  女が受け皿として口腔を提供し、積極果敢にしごいてくれる姿は、貪欲な搾取のようにも見えた。十七歳の脳裏が射精衝動に占められ、睾丸をせりあげる。
「で、出そう……は──うあっ……」
(出して!  思い残しのないように、全部出すのよ!)
  あえて手淫の指遣いを緩やかにした途端、絞りだすように若茎がいなないた。自らの猛りで堰を切り、女の温もりのなかへ濁流を解き放つ。口蓋を撃ち、舌腹に浴びせ、喉奥めがけてほとばしらせた。

小説の朗読 声:朝日奈 あかり

あさひな あかり

5月30日生まれ T160-B85-W59-H85

主な作品として『人間廃業』『フェラチオ四十八手』『メンズ潮吹きエステへようこそ』『女教師 輪姦レイプ』他多数。

朝日奈あかりのひな散歩
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧