新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

306号室の美母娘
世界で一番不埒で淫らな隣人

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介
「今夜から私が準くんの彼女よ。何でもしてあげるわ」
両脚をM字に開いて隣家の少年を悩ましく誘う38歳。
濡れ濡れフェラ、浴室ファック、喪服プレイ……。
家族とご近所の目を盗んで続ける危険すぎる姦係。
その秘密を知った娘までが、大胆にも処女を捧げてしまい……。
306号室の「大誘惑合戦」は、昼となく夜となく永遠に!?

<もくじ>

プロローグ
第一章  美母貴和子~週末の隣人蜜戯
第二章  母性と淫性が芽生える誘惑キッチン
第三章  としごろ娘美桜~制服の小悪魔
第四章  熟れごろ母~浴室ファック
第五章  過激すぎる「初めて」の贈りもの
第六章  恋人気分の早熟な18歳
第七章  喪服プレイと制服プレイ
第八章  淫ら母娘~306号室の3P奉仕
エピローグ
登場人物:
きわこ(38歳)未亡人、みお(18歳)女子高生
シチュエーション:
隣人 | 母娘丼 | 手ほどき | ご褒美 | 浴室 | 嫉妬 | 覗き | 処女 | 喪服 | キッチン
立ち読み
「ああ、違うわ、そこは……ううん、もっと前よ、ああん、もっと」
  まだ経験が浅いだけに不慣れな準がめちゃくちゃに尻穴を穿ってくる。そのたびに薄紫色に染まった小菊に肉棒が刺さっては弾け、ずるり、と前へすべる。
  尻穴を穿たれる恥ずかしさに、ついぞ手を伸ばしてペニスを誘導する。これではまるで挿れてくれと言わんばかりで、貴和子は理性と本能のはざまで揺れている。
「もっと前よ、ああん、もっと」
  白い指で肉茎をつまむと、尻をうんと持ちあげ秘裂へあてがってやる。上付きの名器はこの瞬間を夢見てしっとりと濡れていた。
「ここだね、ああ、入るよ、入るよっ、チ×ポが、貴和子さんの穴に入るようっ」
「そう、そこよ……あんう、ん、ん」
  自分の言葉に昂りながら、準が腰を突きだして肉棒を押しこんでくる。秘裂に圧がかかり大ぶりの亀頭が膣穴にひっかかったと思うと、体重にまかせて肉銛がまっすぐ潜りこんできた。
「あんうっ!」
「入った!  入ったよ、ああ、すごいや、なんてきついんだ」
  わずか一センチほど頭が嵌ったところで、激しい膣収縮が亀頭を阻む。久しぶりの男根に悦ぶヴァギナがわななき、早くもまとわりついて締めつける。
「うう、狭いよ……ゆるめて、力を抜いて」
  準が呻きながら尻山を割り、ぐいぐいとペニスを押しこんでくる。桃の割れ目に食いこむ親指に菊門を触れられ、恥じらいにまた膣を締めてしまう。
「くううっ、折れそうだよ、う、う、ううっ」
「ん、ん、ん……そこ、そこよ、はうううん」
  準が膣の入り口でゆっくりとピストンをし、緊張にこわばる穴をゆるめようとする。はじめは一センチほど潜らせては抜いていたのを次第に深く潜りこませ、また二センチ三センチ、と中へ侵入してくる。
「んっ、んっ、んんっ、あ、あ、あ」
  リズミカルな抽送に、貴和子がかすかな声をもらす。たわんだバストが流しの縁に擦れてひんやり心地よい。バックだけに結合部が見えず、今どのように繋がっているのか想像するだに生々しい茎が浮かび、恥じらいに頬を染めた。
「あ、あ、あ、すごいわ……はああっ」
  やわらかくなってきた膣輪に大いなるカリ首が潜りこみ、ガクンと衝撃が生じた。抜き差しのたびにカリの傘が膣輪をこそげ、ひっかかるような心地よさが貴和子を魅了する。先ほどまで拒んでいたというのに、肉の悦びにすっかり蜜がとろけだしている。
「う、う、ああ、入るよ、奥まで、奥までいくよ」
  アクメでやわらかくなった膣はゼリーのぬめりもあって、未亡人の貪欲さを表わすように、丸っこい亀頭を大口開けて呑みこんでゆく。
  処女のように狭くなった産道が張り裂けそうに押しひろげられ、腹の中が軋む。肉茎の形、硬さがリアルに内臓に伝わり、ちょっとでも動くと腸が破けてしまいそうに痛んだ。
「あんう、いっぱいよ、中が、中が壊れそうっ」
  悲痛な叫びをあげる貴和子にかまわず、準は腰を動かしつづける。パンパンに張った若樹はカリ首を大いにひろげ、膣の襞々を掻き抉りながら奥へ奥へと進み、子宮にぶつかってようやくとまった。
「はああんっ!」
「ううっ、ああ、入った、入ったよ!」
  感極まった準が叫びながら何度もピストンを送りこんでくる。そのたびに長大なペニスに子宮口の丸みを押しこまれ、胃まで痛みがこみあげる。
「くうん、んふっ、んんう」
  バルーンのように丸く膨れた子宮口にぶつかっては跳ねかえされて横折れする感触が腹の中に弾け、痛くすぐったさに仔猫のような鳴き声をもらす。こんなにも奥まで到達したペニスはなく、貴和子は感じたことのない心地よさを覚え、腰を押しつけて自ら摩擦を楽しんでしまう。
小説の朗読 声:めぐり

めぐり

5月4日生まれ T155-B95-W60-H88                     > めぐり Twitter

主な作品として『巨乳の嫁と危険日ラブラブ子作り性活』『熱撮ドキュメント 美しい若妻の濃厚な性交』『義母奴隷 ‐特別編‐』他多数。

めぐり公式ブログ「めぐりんルンルン巡りぃ」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧