新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女子高文化部
書道部、演劇部、新聞部

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

普段は筆を持つ書道部員の指に男根を握らせ、
舞台の上で演劇部員に淫具をしこんで絶頂させ、
学園の悪を告発する新聞部員を輪姦地獄に!
琴音、沙希、亜由美……内気でまじめな娘が、
初体験から獣の体位で犯され、白濁液を呑まされる。
清純な仮面の下にひそむMの本性を暴き出せ!

<もくじ>
第一章  脅迫写真  狙われた書道ガール
  1  部の存続と引き換えに…
  2  袴の下を這う指
  3  淫靡な尋問

第二章  清純な部長  半紙に染まった破瓜の血
  1  奪われた純潔
  2  悪魔の同盟
  3  獣のように犯されて

第三章  舞台凌辱  演劇部のプリンセス
  1  淫らな演技指導
  2  ドレス姿での肉交
  3  令嬢はバックがお好き

第四章  奴隷女優、誕生
  1  フェラチオ稽古
  2  部員の前での失禁
  3  涙のナマ板ショー

第五章  裏新聞  反骨の美少女記者
  1  告発記事
  2  スクープの代償
  3  アナル強奪

第六章  恥辱の女ジャーナリスト
  1  淫行写真
  2  イラマチオ体験取材
  3  お母さん、助けて

第七章  レイプ文化祭  三匹の牝奴隷
  1  ローター書道
  2  舞台袖のM女優
  3  ピンク新聞

登場人物:
ことね(-歳)女子高生、さき(-歳)女子高生、あゆみ(-歳)女子高生
シチュエーション:
肛姦 | 凌辱 | 写真 | 脅迫
立ち読み

「いやらしい音が聞こえるかい?  琴音ちゃんのアソコが濡れてる証拠だよ」
「そ、そんなはず……あっ……あふっ……」
  つい先ほどまで処女だったのに、英司の太い男根を突きこまれて感じている。こみあげる快感に困惑して、琴音は首を小さく左右に振っていた。その淫らがましい啼き声を聞けば、青い官能を蕩かせているのは明らかだった。
(処女をここまで感じさせるとは……なかなかやるじゃないか)
  犬山は思わず「ううむっ」と低い声で唸っていた。
  ただの生意気な若造だと高を括っていたが、なかなかどうして英司の腰使いは堂に入っている。あれほどじっくり責められたら、いくら処女でも狂いだすだろう。実際のところ、琴音は今にも昇り詰めそうな声をあげていた。
「ああっ、か、神木先生……わ、わたし……」
「恥ずかしがらなくてもいいんだよ。少し速くしようか」
  英司は少女の反応を見ながら、徐々に腰振りのスピードをあげていく。巨大なペニスをやさしくスライドさせて、若い女体に快楽を送りこんでいた。
「ああンっ、なんか、おかしいんです……あっ、あっ、こんなのいやなのに……」
「気持ちいいんだろう?  ほら、我慢しないで声を出してごらん。もっと気持ちよくなれるよ」
  ピストンは激しさを増して、袴を纏いつかせた琴音の身体が前後に揺れる。書道部の部室には、いつしか女壺から溢れる淫臭が充満していた。
「だ、ダメっ、ああっ、もうダメです……お、おかしくなっちゃう」
  頬を墨で汚した琴音が、切羽詰まった声で訴える。おそらく絶頂が近づいているのだろう、目もとから耳にかけてが妖しいピンク色に染まっていた。
「おおっ、締まってきた……そろそろ出すよ。琴音ちゃん、いっしょにイクんだ」
「出すって、まさか、あふっ、そんな……あッ、あッ、激しいっ」
「気持ちいいっ、琴音ちゃんのマ×コがチ×ポを吸ってるよ!」
  英司のピストンがいよいよラストスパートに突入する。腰を叩きつけるようにペニスを穿ちこみ、高速で抜き差しする。縛りあげられた少女の身体が、まるで嵐に遭遇した小舟のように揺れていた。
「もうダメぇっ、壊れちゃうっ!」
「くううッ、出すよっ、琴音ちゃんの一番奥にっ」
「ああッ、許してっ、なかは……ああッ、あああッ」
  琴音は中出しを拒絶しながらも、ペニスを抜き差しされるたびに喘いでいる。心ではどんなに拒んでも、肉体はすでに逞しい男根を受け入れていた。
「僕に中出しされる感触をオマ×コで覚えるんだっ、ぬおおおおおッ!」
「あひいいッ、いやっ、出てる、なかでドクドクって、ひああッ、ダメって言ったのに、ひッ、ひいッ、熱いっ、あああッ、あひああぁぁぁぁぁぁぁぁッ!」
  大量のザーメンを注ぎこまれるのと同時に、琴音の拘束された身体に痙攣が走り抜ける。初めてのセックスで、あられもないよがり啼きを響かせた。
「ふふっ……ロストヴァージンでイッたんだね。すごかったろう?」
  英司が執拗に腰を振りながら囁きかける。だが、琴音は虚ろな瞳で涎を垂らすだけで、なにも答えようとはしなかった。

小説の朗読 声:堀口 奈津美

ほりぐち なつみ

6月4日生まれ T171-B88-W58-H86主な作品として『熟女強姦三昧』『R30 Glamorous』『美熟女36人が見せる日常のエロス8時間』他多数。

ブログ・なっちゅっちゅ☆
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧