新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

危険な美獣【先輩の彼女】

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

「あなたを男にするのは私……決めていたの」
放課後、魔性の笑みで薄布を脱いでいく由香里。
眩しいほど白い肌、まろやかな乳房、淡い絹草……
同級生の少女にはない大人びた官能的な女体が、
高校生の理性を惑わせ、狂った蜜戯に溺れてゆく。
ついには寝ている先輩の隣で禁断の肉交まで……

<もくじ>
第一章 先輩の彼女 小悪魔の危険な誘惑

第二章 童貞喪失 初めてのセックスは騎乗位で

第三章 保健室 目覚めたらフェラチオ

第四章 美術準備室 大人の愛し合い方

第五章 女体合宿 海で、山で、宿舎で……

第六章 禁戯中毒 眠る先輩のそばで……

第七章 美獣卒業 最後の贈りもの

登場人物:
ゆかり(-歳)女子高生、ほのか(-歳)女子高生、あいこ(35歳)女教師
シチュエーション:
美術室 | 誘惑・挑発 | 手ほどき | 寝取り | 初体験
立ち読み

(全部、挿入った。ぼくのが全部由香里さんの中に。これ……これが、由香里さんの、膣内……!)

 初めて感じる、女性器。膣洞の感触。

 びっしょりと濡れた膣襞が、みっちりと包み込んでくる。肉棒の天辺から根元までが、由香里の膣に呑み込まれていた。

(ぼくはほんとに由香里さんと、いま、セックスしてる。先輩の彼女なのに、ぼくは……ここは伸一先輩の場所なのに。伸一先輩が何度も挿入った、ち×ぽを挿れたおま×こ、なのに)

 こみ上げる強烈な罪悪感、背徳感。けれどそれを吹き飛ばすほどの、快感。爽快感。達成感……!

 上から、由香里が見下ろしていた。

「宥の、すごく、大きいのね。見かけより、挿入ったあとのほうが、ずっと大きいなんて、反則よ」

 余裕を見せようとしているのだろうが、声が震えている。

 それほど宥の肉棒の存在感が大きくて、膣洞の締め付けをはね返すほどに硬く、ぎっしりと詰まっているということの証なのかもしれない。

「由香里さん……ぼく、由香里さんの膣内に」

「そうよ。わたしの膣内いっぱいに宥のおちん×ん、挿入ってるんだから。わたしと宥、セックス、してるのよ」

 まるで確認のように言う由香里。ほんのり染まって、快感に酔ったような表情がたまらなくエロティックだ。

「どうしたら」

「いいの。宥はそのままでいて。わたしが動く、から……ぁあっ!」

 ズリュッ、軽く由香里が腰を上げると、肉棒が亀頭を残して膣から抜き出される。それだけで、開ききった由香里の膣孔の肉芽が擦られて、快感を撒き散らすのだ。

 そのうえ、

「っ、んんっ!」

 ズチュン! 腰を落とすと、こんどは肉棒が突き込まれて膣奥までも達する。由香里は身体の中から突き上げられて、逃れるように仰け反った。

 ヌリュ、ヌチュン! ズリュ……ズニュ、ン! 由香里の腰がしだいにリズミカルな動きになって、膣擦れの音もそれに合わせるように一定のリズムを刻み出す。

 呑み込み、吐き出し、また肉棒を呑み込んでいく、美少女の肉壺。それを突き上げ、戻り、また突き込んでいく宥の肉棒。

(これが、セックス。これがセックスなんだ。ぼくは由香里さんとセックス、してるんだ!)

小説の朗読 声:平山 こずえ

ひらやま こずえ

5月28日生まれ T158-B86-W54-H83
主な作品として『ガマンするだけの価値がある射精』『義父の子を孕んだ嫁』『おもてなし痴女 癒し淫語でヌキヌキ介護サービス』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧