新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

【彼女の母】別荘で二人きり

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

年上リードのキス、濃厚なフェラ、とろける肉孔……
別荘で彼女の母・晴実が教えてくれた性のすべて。
蒼さの残る少女にはない大人の女性の成熟した魅力。
朝から晩まで狂ったように舐め合い、繋がり合う寝室。
彼女が来るまでの期間限定で秘密の関係に溺れるが……
人気No.1、神瀬知巳が描くインモラルすぎる禁断官能!

<もくじ>
第一章  彼女の美母は三十六歳

第二章  寝室の共犯者

第三章  期間限定の姦係

第四章  娘の前での肉交

第五章  母親に見守られた破瓜

エピローグ 今夜も注がれつづけて

登場人物:
はるみ(36歳)年上女(熟)、あかね(-歳)女子高生
シチュエーション:
ご褒美 | 手ほどき | 処女 | 野外 | 母娘丼
立ち読み

(わたしも善弘くんも……茜に言い訳はできない)
  舌がピチャピチャと音を立てる。互いの口元から唾液がこぼれるのにも構わず、二人は舌を擦り合わせた。キスの間も善弘が腰を浮かせて、小突き上げてくる。抜き差しの快楽が、女体のなかでジリジリと上昇した。口のなかに溜まった唾液を、晴実は吐息とともに少年の口に垂らした。ゴクリと喉の鳴る音が聞こえる。
(つばまで呑ませるなんて、夫にもしたことないのに)
  晴実は善弘の背に手を回して、抱きついた。尻を前後左右にゆらして摩擦の角度を変え、肉刺しの愉悦を噛み締める。
(ああっ、すごい。どんどん大きくなってる。また濃いのを注いでもらえるの?)
  善弘の充血が高まっているのを、膣粘膜に感じた。娘との約束で禁欲し、精は溜まりに溜まっているはずだった。次の膣内射精を想像して、女体はどうしようもなく昂ってしまう。
「おばさん、またイキそうです。出してもいいですか?」
  唇を重ねたまま、善弘が告げた。
(ごめんなさい茜。ママまた善弘くんに種付けされちゃうわ)
  晴実は唾液の糸を引かせて、口を離した。
「ええ。早くして。でないと、先にわたしが……んッ、この体勢だと、クリトリスが当たるの」
「ここですか」
  善弘が恥骨をぶつけるようにして擦り合わせる。陰核を圧迫され、女の太ももが男の腰をきゅっと挟み込む。
「んっ、だめっ。気持ちよすぎて苦しくなるから」
  こねくるような腰遣いを避けようとするが、善弘の手は女の尻を掴んで己の側に引き寄せる。ペニスが最奥まで埋まり、腰の痺れる電流が走った。
(うう、来る……)
  晴実は細首を振り立て、長い髪をゆらした。汗に濡れた首筋に、幾筋かの毛先が貼りつく。赤い火が、下腹のなかに折り重なって炎となっていった。
「善弘くん、わたし……もうッ」
  紅唇は呻いた。肉茎のエラが子宮口を擦った。性官能がうねりを起こす。腰の奥に溜まっていた炎が、火花を散らして一気に弾けた。
「イクうッ」
  晴実は初めて善弘の前で牝泣きを披露し、丸い腰つきをがくがくとゆすった。巻き起こる絶頂の波は、先ほどとは桁違いに大きい。娘への負い目で暗くよどむ心を、鮮やかな赤い色彩が覆っていく。
「僕も。ううっ」
  善弘がうなりをこぼし、十六歳の肉棒が膣内で跳ねた。絶頂感のとどめを刺すように、樹液が晴実のなかにぶちまけられる。
(やっぱり、感じちゃう。膣内射精がこんなに気持ちいいなんて)
  熟れた裸身は、放出を感じてぶるっと肌を震わせた。
「ああっ、あなたのミルク、好き……もっと出して、いっぱい、ああん」
  恍惚にけむった女は、はしたない台詞を吐き、男の背に爪を立てた。少年の首筋に色めいた喘ぎを振りまく。
「中出しがいいんですか?」
「ええ。飛んじゃう感じ。どうしてこんなに続くの?」
  既に三度目の射精だというのに、生殖液の噴き当たる勢いは衰えていない。女体の戦慄きが止まらなかった。粘液の噴出に合わせて、発作のように肩をゆらして身悶えた。
「おばさんのアソコが、いやらしいから。今も吸いついてきてます」 

小説の朗読 声:白木優子

しらき ゆうこ

1月25日生まれ T150-B84-W59-H85 主な作品として『人妻の告白』『女教師優子の筆下ろし性教育指導』『羞恥に濡れた、ランジェリー。』『ぐっしょり濡れたシーツ 再会から始まる激情性交 』他多数。

白木優子Twitter
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧