新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

二人の先生は僕の危険な恋人

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

(可愛いからって教え子を贔屓するなんて教師失格ね)
大人のキス&36歳の濃厚フェラ&年上リードの個人授業。
少年の一途な想いに応えてあげた不埒な体験がすべての始まり。
「教師と生徒」という立場も忘れ、淫欲に溺れる年の差カップルに、
23歳の新任教師・麻紀が現われ“危険な三つ巴”が勃発!?
秋月耕太だから描けた、甘すぎる淫らすぎる最高の女教師たち! 

●目次

プロローグ
第一章   女教師と恋人になる夜
第二章   蜜愛に染まる旧校舎
第三章   発見された危険な宝物
第四章   神様の淫らすぎる悪戯    
第五章   授業中に呼び出されて
第六章   二人の先生は僕のもの
エピローグ

登場人物:
しずえ(36歳)女教師、まき(23歳)女教師
シチュエーション:
キャンパス・学園・大学 | 手ほどき | 誘惑・挑発 | 初体験 | 3P
立ち読み

「はぁンッ、んんっ」
  静江は派手に仰け反った。腰が浮き上がり、寄せられていた脚がM字に開いて爪先立ちになる。口唇愛撫を自らせがんでいるような浅ましいポーズだった。
(なかとクリトリスを同時に責める技なんて、なぜ知ってるの)
  背筋を駆け上る性感電流に揺さぶられる意識で思う。二箇所の神経密集地点から生じる鮮烈な快感は重なりあい、相乗効果的に女を翻弄した。時折、頭の奥で白い閃光が走る。
「あんっ、ダメよっ……いやんっ、やめて、あふんッ、んんッ……」
  必死の思いで制止を訴えるも、鼻に掛かった牝声の響きが劣情を掻き立てるらしく、却って愛撫に熱が籠もる。智輝は肉芽に吸いつくと、吸いながら先端を舌で撫でてきた。性感が倍増し、牝鳴きはいっそう媚びの音色を増す。
(これ、教え子に聞かせていい声じゃない……)
  こみ上げる羞恥に、咄嗟に右手を口元に持っていった。曲げた人差し指を噛み、喘ぎを殺す。
「んっ、んぐッ……んふっ、ふぅッ、ふぅうンッ……」
  眉間に深い皺を寄せて、三十六の女は少年の口使いを甘受する。ぴんと引き攣った白い太ももが小刻みに震え、上体を支える手もがくがくと震えて長くは持ちそうにない。額に滲んだ汗粒が眉間から鼻、唇を伝い、顎から滴ってふくよかな胸元に落ちていった。厳格な教師のトレードマークである眼鏡はずれて落ちかけている。
「先生、どうして我慢してるんですか」
  秘芽から口を離し、指使いを止めた智輝が不思議そうに尋ねてくる。
(十六歳の教え子、それも童貞の男の子にそう易々と気をやらされるわけにはいかないからよ)
  大人の女としての見栄がある。屈託のない問いに思わず叫びそうになるも、理性と矜持でそれを呑みこんだ。努めて平然を装い、苦し紛れの答えを返す。
「そう簡単にイッたら、レッスンにならないでしょう?」
「それもそっか」
  ふたたび指が動き出す。牝の浅ましさを突きつけるような破廉恥な音を奏で、盛り上がった快楽の源泉を執拗に擦ってくる。
「ああッ……んふっ、ンンンッ」
  人差し指を噛み直す。細い眉が八の字を描き、筋の通った鼻から切迫した吐息が漏れる。ピンと伸ばされた小指が快感の大きさを物語っていた。
(ああっ、責めないで。私、そこ弱いのよ。お願いだから擦らないでっ)
  少年の指が泣き所を的確に責め、年増女から絶頂を引きずり出そうとする。厳格な女教師としての皮を剥ぎ、浅ましい牝の本性までも暴こうとする指使いに、静江は指に歯を食い込ませ、両足を開いて腰を突き出した痴女さながらのポーズで抵抗する。
「先生のクリトリス、おっきくていやらしいです。なんだか虐めてっておねだりしてるみたい」
  真っ赤に芽ぐんだ肉実の姿に、智輝が目元を綻ばせる。
(おねだりだなんて……。私はそこまではしたない女じゃないわ)
  カッと頬が灼けつくも、指摘の正しさは自分が一番よく認識している。心とは裏腹に物欲しげに勃起した秘豆は、牝の本心の現れに他ならない。
「いっぱい虐めてあげますね」
「んんッ、んふぅンッ」
  またも舌先で先端をくすぐられ、鋭い性感が牝芯から迸る。全身を貫く衝撃的な甘い痺れに、女の腰が盛大に跳ねた。それから転がすように舌を使われると、豊腰はびくびくと打ち上げられた魚さながらに跳ね続ける。
「んふっ、ふんん~ッ、ふうッ、んふぅううン~ッ」
(ダメよっ、これダメっ。二箇所同時は許してっ)
  性感の二重奏が、熟れた女を翻弄する。断続的に押し寄せる波によって理性は削られ、白い光が明滅するたび意識が官能の肉色に染まっていく。ほんのりと色づいた胸元には玉の汗が浮かび、肌全体が煌めきを放っていた。
 

小説の朗読 声:西野 翔

にしの しょう

6月29日生まれ T159-B81-W57-H83

主な作品として『あの人だけと誓ったのに…。』『息子の同級生のませガキどもに拘束されて犯されて』『夫は知らない~私の淫らな欲望と秘密~』『働く女の艶めかしい完全着衣ファック』他多数。

Nishino Show
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧