新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女教師【林姦学校】

本を購入

本価格:741(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介
「教え子にヤラれるってどう?」「いやぁ、もう許して!」
女教師・麗子の悲痛な叫びが深緑の林道にこだまする。
ジャージを脱がされ、立ちバックで抉ってくる剛直。
生徒に慕われる27歳が悪魔高校生の青い性欲の標的に!
守ろうとした女子高生まで凌辱の渦に引きずり込まれ、
三泊四日のレイプ野外実習は終わりのない肉地獄へ!

○もくじ

第一章 林道で襲われた女教師

第二章 深夜の大浴場で調教される27歳

第三章 教え子におよぶ青狼の毒牙

第四章 肛虐キャンプファイアー

第五章 ラジオ体操に仕掛けられた罠

第六章 恥辱のオリエンテーリング

第七章 終わりなき奴隷野外実習
登場人物:
れいこ(27歳)女教師、みれい(-歳)女子高生、あみ(-歳)女子高生
シチュエーション:
凌辱 | キャンパス・学園・大学 | SM | 脅迫 | 野外
立ち読み
「抜いて……抜くのよ、安藤くん……こんなこと、もう終わりに……」
  たしなめる声が慄えている。もたげた双臀も貫かれたまま小刻みに痙攣していた。おびただしい肉の反応が麗子の言葉を裏切っていた。少年を締めつける肉壺が、ヒクヒクと物欲しげにうごめく。
「うふふッ、無理しちゃって──可愛いですよ、小早川麗子先生」
  少年は再び揺すりはじめた。さっきまでと違い、ゆっくりしたペースの腰ピストンは、明らかに麗子を焦らそうとしている。あえて根元まで挿入せず、浅い所をユルユルと掻きまわした。
「ああん、駄目……駄目よ、安藤くん……あああッ、はああッ」
  あえぎながら、麗子は為すすべもなく官能の渦に巻き込まれていく。
「ああッ、ああッ、いけないわ……こんなこと……ああッ、こんなことって……」
  自分でも気づかぬまま、せがむように双臀を振りたてていた。こんなふうに焦らされるくらいなら、いっそひとおもいに……うつろになっていく頭の中で、そんなふしだらな思いが膨れあがっていく。
(あァ、もっと……もっと深く突いてッ)
  中途半端な抜き差しがもどかしい。さっきみたいに根元まで挿れられて、荒々しく子宮口を突きえぐられたかった。このまま延々と焦らされ続けたら、気が変になってしまいそうだ。
「抜きましょうか、先生?」
  徐々にペースを上げながら、少年は試すように訊ねた。麗子がせっぱつまっていると見抜いた上での意地悪なのだ。
「いけないことなのは確かですし、嫌なら抜きますよ。どうしますか?」
  腰の動きが大きく「の」の字を描いていた。一ヶ月前の夜にも、これで麗子を狂わせた。ここまで追いこめば女はもう抗わない。──少年はそのことを知っていた。
「い、いやッ……ああッ、駄目!」
  麗子は啜り泣きながら首を振る。まだわずかに教師の自覚が残っているらしく、さすがに「抜かないで」とは言わないが、はっきり「抜いて」とも言わないのは、もうメロメロになってしまっている証拠だった。
「なぜです? いけないことだと、さっきおっしゃったじゃないですか?」
  いよいよエリート女教師にとどめを刺す時が来た。少年はニヤリと笑うと、またもや抜き差しのペースを落とした。
「やっぱり抜きましょう」
「いやああッ!」
  麗子はひとたまりもなかった。
  身も世も無い泣き声をあげると、ブルブルと腰をわななかせ、
「愛してるから……安藤くんのこと、愛してるから……あああッ」
  無意識のうちに言い訳していた。自分を肉欲に溺れる女だと認めたくはない。教師としてのプライド、倫理観があればこそ、少年と愛し合っているのだと自分自身を騙してしまった。
「嬉しいな、麗子先生。僕たちはもう恋人同士ですね」
  ついに女教師を堕としてやったぞ──少年はほくそ笑んだ。
小説の朗読 声:尾上若葉

おのうえ わかば

4月15日生まれ T152-B88-W58-H89
主な作品として『濡れた髪を初めて見せてくれた君』『小さな身体と敏感Gカップのイイナリ制服美少女』『ガチ挑戦!ギリギリ青姦』他多数。

尾上若葉 公式ブログ 若葉のころ
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧