新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

【兄嫁・菜々美】
夫の鬼弟に調教されつづけて

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
「菜々美さんが悪いんだ。僕をそんな格好で挑発して」
エプロンを剥がされ、リビングに押し倒される兄嫁。
夜ごと夫婦の寝室からもれる営みの音が裕次を鬼弟に!
白い乳房を荒々しく揉まれ、剛直を抜き差しされる。
涙で頬を濡らしながらも、愉悦を抑えられない25歳。
若妻を奴隷にした青狼の邪眼は37歳の義母にまで!

●もくじ

第一章 兄弟格差【壁越しにもれる営みの音】
1 兄嫁の下着 2 義弟豹変 3 欲情の証し 4 人妻脅迫写真

第二章 留守調教【夫が出勤したその隙に…】
1 朝食のテーブル 2 恥辱の裸エプロン 3 予告アナル
4 穴にしか出さない 5 トイレの情事

第三章 裏穴覚醒【開発されていくA感覚】
1 疼く菊蕾 2 階段ファック 3 兄貴の傍で 4 夫との電話中に

第四章 上京義母【父の後妻は三十七歳】
1 由貴子 2 ローター漬けの嫁 3 二匹の牝 4 息子の指で

第五章 義父籠絡【命じられた艶技】
1 誘惑の罠 2 獣になる義父 3 深夜のリビング
4 罰のおねだり 5 父子に狙われる肛門

第六章 淫獣家族【兄嫁と継母は俺のモノ】
1 庭の痴態 2 おしおき 3 睡眠薬 4 牝嫁の誓い
5 強制顔騎 6 義母娘69 7 異常なスワップ 8 懐妊
登場人物:
ななみ(25歳)兄嫁、ゆきこ(37歳)義母
シチュエーション:
凌辱 | 不倫 | 脅迫 | 同居 | 理不尽
立ち読み
「はやく、乳首が見たいな」
  裕次がそう言うと、菜々美はうらめし気に義弟を見やりつつ、両手をブラウスの中に入れて、背中でホックを外した。すると、豊満なふくらみに押されるように、ブラカップがめくれていく。
  義姉の乳首が現れる。それはいつも以上にしこっていた。
「勃ってるね、乳首」
  そう言うと、裕次は兄貴が眠っているそばで、その妻の乳首を摘んだ。二つ同時に、こりこりところがす。
  すると、菜々美は鋭敏な反応を見せた。あんっ、と甘い声をあげ、バストもあらわな肢体をくねらせる。
「兄貴がそばにいるのに、感じるなんて、エッチ過ぎるね、義姉さん」
「ああ、そんな……裕次くんが……ああ、私を……こんな身体に変えたのよ」
  なじるような目に、裕次は昂ぶる。左の乳首から手を引くと、ジャージのズボンをブリーフといっしょに下げた。弾けるように、勃起させたペニスが現れる。
  握って、と言うと、菜々美がちらりと兄貴を見やり、右手を伸ばしてくる。反り返った胴体を、白い指で握ってくる。
「ああ、いいね……やっぱり、兄貴がいると興奮するね」
  兄貴がいると、ペニスを掴まれただけで、下半身をくねらせてしまうくらい感じてしまう。
「スカート、脱いで」
  菜々美は右手でしごきつつ、左手でスカートのホックを外し、サイドジッパーを下げていく。いきなり、下腹の陰りが現れる。
  菜々美はちらりちらりと兄貴を見ている。兄貴を見るたびに、ぎゅっと裕次のペニスを強く握ってくる。
  スカートが菜々美の脚線に沿って、足元に落ちていく。
  今の菜々美を飾っているのは、はだけたブラウスとお尻の穴に入っているアナル栓。そして、左手の薬指の結婚指輪だけだ。 
  そのアナル栓を、裕次は掴み、菜々美の尻の穴からぐっと引き抜いた。
「あうっ……ああ……」
  菜々美は一瞬、つらそうな表情を浮かべ、そして、はあっ、と熱いため息をもらし、ぶるっと双臀を震わせた。
  裕次は人差し指を尻の穴に入れていった。
「あう、うう……」
  菜々美の尻の穴はしっとりと濡れていた。裕次の人差し指を難なく受け入れてくる。
「お尻の穴、うれしそうに締めてくるよ、義姉さん」
「ああ……お、おち×ぽは……まだ、無理だわ……」
「そんなことないよ」
  そう言いながら、裕次はお尻の穴をまさぐると同時に、菜々美の前の穴にも指を入れていった。
  すると、はあっんっ、と菜々美が敏感な反応を見せた。
  菜々美の声に、兄貴が、ううっ、とうなる。いや、と菜々美の身体が凍り付く。それでいて、前と後ろの穴は、義弟の指を強烈に締めている。
  裕次は媚肉を激しくいじった。ぴちゃぴちゃと蜜の音が聞こえてくる。
「あっ、あんっ……やんっ……」
  菜々美が甘い喘ぎをもらすたびに、兄貴が、ううっ、とつらそうな表情でうなる。兄貴はいったいどんな夢を見ているのだろうか。
「しゃぶってよ、義姉さん」
  えっ、と裕次を見、そして兄貴を見る。できません、という顔を裕次に向ける。その表情がなんとも言えない。できればいつも、兄貴のそばで菜々美をやりたい、と思った。兄嫁の反応が刺激的過ぎるのだ。
小説の朗読 声:古川いおり

こがわ いおり

9月25日生まれ T155-B83-W58-H88 主な作品として『はんなり和美人家政婦』『古川いおりが好きすぎて 古川いおりが彼女になってた』『俺の名は古川いおり。』『Iori Australia Dream』他多数。

古川いおりOfficial Blog「彩りの散歩道」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧