新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

熟女の海
未亡人義母と未亡人女教師と未亡人海女

本を購入

本価格:694(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:400円(税抜)

獲得ポイント:4pt
書籍紹介
「もっと強く抱いてっ。あの人を忘れさせて」
対面座位で繋がりながら少年に抱きつく未亡人。
二十代に見まがう艶肌から漂う熟れたフェロモン。
夫を亡くして三年、おんな盛りの躰をもてあます
陽子の孤閨を慰めたのは、義息のたくましい肉茎!
39歳、36歳、35歳、海辺の熟女たちは哀しく美しい……

●もくじ

第一章 夜這いを待ちわびる未亡人女教師

第二章 海辺の女たちからの秋波

第三章 男日照りの未亡人海女

第四章 母子の馴れ初め

第五章 息子のふしだらな提案

第六章 謀られた同衾の夜

第七章 愛の交歓に溺れる三匹の未亡妻
登場人物:
ようこ(35歳)義母、のりこ(36歳)女教師、さなえ(39歳)年上女(熟)
シチュエーション:
母子相姦 | 手ほどき | 誘惑・挑発 | 初体験 | ふともも
立ち読み
「うッ……ゆ、祐樹くん、あ、あなた、お、落ち着いて……。こんなこと、ダメ……。主人が、見てる……」
  夜中なのに、教え子とはいえ、血気盛んな男の子を、家に入れた。憲子は美しい熟女だった。そんな状況下に置かれたなら、どんな男でも目の前の女を抱こうとするのは当然のことだった。
(祐樹くんは悪くない……。悪いのは彼を家に入れた、この私……。でも……)
  現役の教師でもある憲子の思いは別なところにある。それは聖職者として決して許されることではない。ましてや、夫を亡くし、葬儀を終えたばかりの夜に、教え子というよりは、他の男を家に上げるなど、非常識極まりないことだった。
(でも、祐樹くんの勢いをおさめる術はない……。夜這い同様に寝室の私の気配を窺っていた祐樹くんを、私は自ら家の中に迎え入れた……)
「の、憲子先生……。僕を嫌いにならないで……。ううん、嫌いになられてもいい。僕、憲子先生が、ほ、欲しい……」
  熱い吐息が憲子のうなじを刺激した。必死に抗おうとすれば拒絶できる。そう思いながらも、しかし、若い男の強靭な腕の中に抱き締められている体は弛緩し、反応しなかった。
「でも、ダメよ。好きだと言われるのはとても嬉しいけれど、あっ、こ、こんなのって、いけない……。ね、お願いだから、先生を解放して……。ここまでなら、私、何もなかったことにしてあげられる……」
  言葉での抗いにも力はなかった。
(ああ、なんて熱い体なの……。祐樹くんの体、まるで燃え盛っているよう……)
  目の端が夫の遺影を捉えていた。その微笑はこの状況をけしかけているようにも見えた。
(ああ、あなたがいけないのよ。あなたの逞しさが、教え子に迫られて、すぐ反応するこんな私をつくり上げたのよ……)
  憲子は強引にこの場の自分を許す言い訳を思い浮かべていた。
「憲子先生……、ああ、ぼ、僕……」
  若い力が起伏に富んだ憲子の体を正対させ、再び強く抱き締めてくる。強く腰を抱かれると、背がしなり、自然に顔が上向く。
  祐樹の顔が迫ってくる。四肢が硬直する。憲子は目を閉じていた。顔は祐樹のほうに向いたままだった。唇に祐樹の唇が触れた。かすかに開いていた唇に、祐樹は舌を挿し込んできた。
(ああ、祐樹くん、ダメ……。隣に住んでいるのに、教師と教え子なのに……。ああ、私は夫を亡くしたばかりなのに……)
  様々な思いが胸を揺さぶる。その中の一つとして、この状態を認めるものはない。あるのは唯一、生前、夫が膣内に深々と肉棒を挿し込みながら、俺が死んだなら、すぐに恋人を探せ、と口癖のように言っていたことだけだった。
(祐樹くん、す、凄い……。硬く勃起させながら、私の舌を吸うなんて……。それに、どこでこんなにも巧みなキスを……)
  とても高校生のふるまいではなかった。
(祐樹の舌に、三十路半ばの女であるこの私のほうが翻弄されている……。ああ、陽子さん、あなた、なのでしょう……。まだ高校生の義理の息子に、こんなにも生々しい密着の仕方を仕込んだのは……)
  そう思わずにはいられない。祐樹はすでに隆々と勃起させた肉棒を、衣服越しではあるが、堂々と憲子の下腹部にめり込ませていた。憲子の舌に舌を絡め、口内粘膜全体を蹂躙しはじめていた。
(ああん……、このままじゃ、私、夫の遺影の前で、教え子に姦られてしまう……)
小説の朗読 声:古川いおり

こがわ いおり

9月25日生まれ T155-B83-W58-H88 主な作品として『はんなり和美人家政婦』『古川いおりが好きすぎて 古川いおりが彼女になってた』『俺の名は古川いおり。』『Iori Australia Dream』他多数。

古川いおりOfficial Blog「彩りの散歩道」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧