新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

初体験四重奏
義母、義姉、新任女教師、隣人妻と

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
「こんなに大きくして……溜まっていたのね」
息子のズボンを下ろし、肉茎を優しくしごく美佳子。
義母の自慰を覗いた日から始まった禁断の母子姦係。
舌を絡めるキス、柔らかなふともも、甘いフェラ……
性に溺れる僕に今度は兄嫁が「子作り」の申し出を……
四人の年上女性から順繰りに教わる筆おろしメドレー!

●もくじ

第一章 義母【濡れた美唇に包まれて】

1 たまには一緒にお風呂に入らない?
2 こんなに下着を汚しちゃって
3 夢の中では優しくさせて

第二章 兄嫁【寝室でふたりきり】

1 妻を抱いてくれ
2 ふつつかものですが
3 後ろからお願いできますか?

第三章 新任女教師【甘い補習授業】

1 苦しいほど好きなのね?
2 ぜんぶ先生に任せて
3 先生を下から突いて

第四章 母と先生【淫らな三者面談】

1 おっぱいで挟んであげる
2 私、息子さんを愛してます
3 素敵な思い出をありがとう

第五章 密室の母子【禁忌ドライビング】

1 運転中はだめよ
2 お母さんだって女なのよ
3 もう一度、してもいい?

第六章 隣の人妻【初めてのアナル体験】

1 お母さんのご褒美が欲しい
2 母子でセックスするなんて
3 お尻の穴も気持ちいいでしょ?

第七章 隣人と3P【母が美獣になる刻】

1 母子と一緒にするなんて
2 今夜は搾り取ってあげる

第八章 同居生活【僕だけのハーレム】

1 お母さんが恋しい……
2 あなたの赤ちゃんが欲しい 
登場人物:
みかこ(35歳)義母、しの(29歳)兄嫁、るみこ(23歳)女教師、れいな(31歳)人妻
シチュエーション:
母子相姦 | 誘惑・挑発 | ハーレム | 手ほどき | 隣人
立ち読み
「オチン×ン、汚れたままじゃない」
  萎縮したのか、陰茎は小さく縮んで恥毛の下に隠れていた。ほっそりした白い指で、冬眠中の蛇みたいに丸まっている生殖器を摘ままれる。
  男の分身は先まで包皮に包まれていて、特に、その皮の寄り集まった先端が残滓でテラテラと濡れ輝いていた。
  美佳子は腰を屈め、孝治の股座に顔を寄せる。すぅぅ……とゆっくり鼻から息を吸う。形の良い小鼻がぷくっと膨れ、陰茎の先端がいくぶん涼やかになる。
「やっぱり、本物は凄く匂うわ」
「ご、ごめんなさい。そんなに臭いもの、嗅がないで」
「いえ、そうじゃないの。決して臭いわけじゃなく、男の子の匂いがするの。頭がクラクラしちゃう」
  目蓋を閉じて、ゆっくり鼻から息を吸った。すえた匂いを大きく吸いこみながらも、その表情はうっとり陶酔しているかのようだった。
  長い睫毛がかすかに揺れ、瞳を開けた。黒い瞳はしっとり濡れ、さながら黒曜石のように輝きを増し、ふっくらした頬も赤らんでいる。今まで見たことない義母の妖しい美しさに驚きながらも、見惚れてしまう。
「母さんのオナニーを見て汚したのよね。……じゃあ、わたしが綺麗にしないと」
  背中を丸め、首をかしげるようにして顔を寄せた。
「み、美佳子……さんッ」
  義母は肉ホースを摘まんで、根元に押した。柔らかな表皮が引っ張られ、亀頭を覆う薄皮が先端から捲れ、赤々とした卑肉が剥き出しにされる。内側に残留していたザーメンがドロッと滴り、義母の白い指を伝って流れる。
「ほら、こんなに汚して。母さんのせいですものね……」
  自らの指の汚れに舌先を当て、舐め上げた。指と舌で体液を橋渡しすると、舌を器用にくるくると丸めて巻き取る。
「少ししょっぱい……でも、孝治くんの味がする。あらあら、まだ零れてるわ」
  再び指に舌先を当て、滴の跡を遡った。
  やがて、陰茎にまで辿り着き、裏側を舐め上げる。紅く濡れた舌びらはペニスに優しく絡み付き、口唇ならではの性愛のさまを見せた。
「ちゅぷ……ぴちゅっ。だめよ、こんなに汚くして……。ぴちゃっ、ぴちゃ」
「あ、あぁぁ……ふぇ、フェラチオだ! 美佳子さんにフェラしてもらってる」
  興奮が歓喜となって体内を駆け巡った。わずかな舌の動きにもかかわらず、血という血が一斉に循環し、鼓動を強める。
  義母の丸い舌先が、たわんだ陰茎の先端をちょんちょんとすくい上げた。新たな先走りを滲ませ、透明の粘液を滴らせる。それとともに、つい今しがた果てたばかりだというのに、男根が力を取り戻す。
  寝ていた蛇が目を覚ますように鎌首をもたげ、天を見上げる。
「ご、ごめんなさい、美佳子さん……。気持ちよくって……」
  孝治の謝罪に構わず、義母は濡舌を這わせ続けた。
  手で包皮を引っ張りながら、桜の花に似た薄紅色の舌びらを雁首の裏側へ忍び込ませ、出っ張りに沿って、つつっ……とひと周りした。初心な性感帯は熟れた口唇の洗礼を受け、後戻りできないほど昂ぶりだす。
「ちゅぷ……んふっ……亀さん、けっこう太いのね。きっと女泣かせになるわ」
  惚れ惚れと告げながらも、義母の口撃は止まらない。
  ふっくらとした唇で亀頭を挟み込み、敏感な粘膜を甘噛みしながら、その中では、極上の舌が亀頭裏の一弦を優しく弾き、ぴちゃぴちゃと淫らな水音を奏でる。
  美佳子の口唇は、淀みなく、軽やかに蠢き続ける。
「ちゅっ……ここ? ここが感じるの?」
「は、はいッ。そこも感じますッ。ぜんぶ……ぜんぶ気持ちイイですッ」
  ベッドに座ったままで膝頭を力任せに掴んだものの、とても遣り過ごせはしない。
  義母は艶やかな口唇を亀頭に寄せ、敏感なところを中心に舐めながら、空いた両手でときに陰茎をゆるゆると上下にしごき、吊り上がった陰嚢をころころと転がす。
小説の朗読 声:白木優子

しらき ゆうこ

1月25日生まれ T150-B84-W59-H85 主な作品として『人妻の告白』『女教師優子の筆下ろし性教育指導』『羞恥に濡れた、ランジェリー。』『ぐっしょり濡れたシーツ 再会から始まる激情性交 』他多数。

白木優子Twitter
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧