新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

熟女は最高!
隣の淫らなおばさまvs.ママ

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
「これからおばさんがすること、ママには内緒よ……」
見せつけるようにスカートをたくしあげる美熟女(39)。
熟れた太もも、ベージュのパンティ、薄布に透ける翳り……
両親が旅行に行き、隣家の人妻に預けられた少年。
二人きりの家で教えてもらった女の身体と淫らな性技。
帰ってきたママ(34)は大人になった息子の変化に……

●もくじ

第一章 おばさんがオナニーの仕方を教えてあげる
1 隣のオトコノコ
2 その白いのが精液よ

第二章 翔太くんの童貞……おばさんがもらうのよ
1 この子を預かって
2 剥いたことある?
3 肉襞に包まれて

第三章 おっぱいをチューチューしていいのよ
1 エプロンを押し上げる豊乳
2 湯煙の中の痴態
3 パイズリ寝室

第四章 いいわ……ママに挿入れても
1 精臭まみれのティッシュ
2 息子の精液の味
3 ママとお風呂で

第五章 ママのお尻の中にいらっしゃい……
1 ママの奥の奥まで
2 ママのお尻は準備OK

第六章 二人で仲良くぼくの××をおしゃぶりして
1 熟女レズビアン
2 匂い立つ美臀
登場人物:
えりこ(34歳)義母、さわ(39歳)人妻
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 近親相姦 | 隣人 | ご褒美 | 不倫
立ち読み
「翔太くんの童貞……おばさんが、もらうのよ」
  最後の一線を前にして、沙和に迷いはなかった。それでも罪悪感は消えない。ちらりと夫の写真を見て、胸の内で謝り、少年に向きなおった。まだ怯えた表情を浮かべている。安心させるように微笑み、汗ばんだ頬を両手で包む。そして、下肢をゆっくりとさげていった。
「え? あ……あ、ああっ? おちん×んが……お、おばさんの中に……ああッ」
  翔太は騒いだ。困惑の声を長く響かせた。だがそれも、沙和が剛棒すべてを咥えこむまでだった。ラビアと睾丸がキスをすると、少年は、陶然とした表情を浮かべ、躰全体をふるふると揺らした。
「おばさん……これ、今までで、いちばんっ……気持ちいいよォ。おちん×んが、あつあつに包まれて、ぬめぬめしてて……あぁ、ああァ」
  息を乱しながら、懸命に、膣肉の感想を伝えている。その姿が愛らしく、同時に、うれしかった。翔太の頭をかき抱き、乳房の間に埋め、「ありがとう」と小声でつぶやいた。
(私も……そうよ。ああ、翔太くん、あなた……なんて、すごいのォ)
  冷静さを何とか保っているが、肉体と心の内は、女の悦びで沸いていた。久しく感じていなかった牡の剛直が、今、蜜洞に入っている。しかも、かつて誰も至れなかった部分を擦られていた。唇が勝手に開き、重く、艶めかしい息がこぼれた。
(ごめんなさいね……最初が、こんなおばさんで。許してね)
  裸を拝ませる代償に童貞を頂く。考えてみれば、ひどく不釣合いな話だった。これが俗世なら、沙和が翔太に代金を払って然るべきなのだ。胸に湧いていた罪の意識が、はっきりとした痛みにかわる。いずれ翔太が今日のことを思い出し、後悔する。そんな姿まで思い浮かべてしまう。
「おばさんもよぉ……翔太くんの……お、おちん×ん、気持ちいいわっ」
  快感はもうごまかせなかった。声にだしたら、性の炎がさらに燃えあがったらしい。躰の内側が熱くなり、腋や首、背中から汗がどっと噴きだした。
  沙和の言葉に安心したのか、翔太がうれしげに微笑んだ。それと同時に、「ああッ」と盛大に啼き、全身を戦慄かせた。
「でちゃうっ……また、またっ……でちゃうよおッ」
  膣内のペニスが跳ね、熱い樹液がとびだした。勢いのある射精は易々と子宮口を越え、女の最も大事な部屋に入ってくる。今日三度目となる発射のはずなのに、汁の量は夥しく、子宮はすぐに白で満たされてしまった。肉孔の入口から粘液が溢れてくるのを感じた。
「ごめんなさい。また……すぐにでちゃった。今度はおばさんのなかに……」
  躰と声を小刻みに震わせながら、翔太が口にした。
  少年の言動に、性知識があったのかという疑問を、沙和は抱いた。だが訊くことはしなかった。本能的に、早漏を恥じ、膣内射精の責任性を感じとったのだと、思うことにする。
「いいのよ……謝ることなんて、ないわ。男らしくて、素敵よ」
  元より、沙和は予想していた。結合後、翔太はすぐに果ててしまうだろう、と。男児がいかに敏感かもう知っているし、それに、間もない射精は、己の肉孔が気持ちよかったという、何よりの証左になる。
「何も心配しなくていいのよ。おばさんは……だいじょうぶだから」
  だいじょうぶ、と沙和は胸中で、自分にいい聞かせた。避妊薬は日常的に服用している。それは、この情事のためではなく、ただ単に生理が重いためだ。だいじょうぶよ、ともう一度繰り返し、少年の頭をやさしく撫で、微笑みを向けた。
  ようやく安堵したのか、翔太は淡い笑みを浮かべた。同時に、ううっとうなり、躰を震わせる。密着し、結合している沙和にはそれが何を意味するのか、よくわかった。
「まだ……したいのよね? おばさんのなかに、ぴゅっぴゅ……したい?」
  だいじょうぶ。その本当の意味は、これだった。翔太の逞しさなら、三度目以降も、まだ硬いままだろうと考えていた。その予想はあたり、少年は少し恥ずかしそうに、コクンと小さく頷いた。
「フフ、いいわよ。だしたいだけ……翔太くんの好きなだけ、おばさんに……だして」
  返事をするように、ヴァギナの中の男根が反り返る。たったそれだけのことだが、下腹部に広がった愉悦は大きく、沙和は甘い声でうめいた。
小説の朗読 声:西野 翔

にしの しょう

6月29日生まれ T159-B81-W57-H83

主な作品として『あの人だけと誓ったのに…。』『息子の同級生のませガキどもに拘束されて犯されて』『夫は知らない~私の淫らな欲望と秘密~』『働く女の艶めかしい完全着衣ファック』他多数。

Nishino Show
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧