新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

喪服の群れ
女家元と令夫人と女秘書

本を購入

本価格:759(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

「どうか、清美にもっと罰を与えてください……」
喪服で緊縛された肢体を揺らして啜り泣く未亡人。
女陰の奥で蠢動する淫具、白足袋に垂れる愛液。
夫亡き後、名門流派を継いだ女家元に仕組まれた罠。
門弟の美人秘書(28)、令夫人(38)も巻き込まれ、
三匹の和服美女が啼き狂う獣宴が幕を開ける!

●もくじ

第一章 隠花

第二章 秘書

第三章 令嬢

第四章 母娘

第五章 墓前

第六章 肛壊

第七章 麗獣

第八章 鬼宴

登場人物:
きよみ(34歳)未亡人、ひろこ(38歳)未亡人、ゆかり(28歳)秘書
シチュエーション:
監禁 | 凌辱 | SM | 和室 | 脅迫
立ち読み

「ううんっ……ああっ、あんっ……だめっ……ああっ、いやっ……」
  身動きもできないまま、清美は一直線に快感をかき立てられていった。吊られた裸身はたちまち火柱のように燃えて、突き上げられるたび、身体の芯にジンジンと切ない感覚が響き渡る。
  犯されている自覚の中で、ともすれば快感にさらわれそうになる。清美は淫らな感覚を振り払おうと、懸命に髪を振り乱し、息を詰めて、ゾクゾクとこみ上げてくるものに耐えた。唇をきつく噛んで、あえぎ声さえこらえようとする。
  純一は、そんな清美のせっぱつまったような美貌に見入りながら、口元に淫猥な笑みを浮かべて、機械のように腰を使っている。純一の手は清美の尻をがっちりとつかんでいるが、手のひらには粘っこい汗がにじんできた。
  清美をうろたえさせてやろうと、その手で尻の割れ目を左右にグイと開いてやる。指先をめり込ませて、尻の穴を軽く突くと清美は背筋を反り返らせて悲鳴をあげた。
「ああっ、やめてっ……いやっ……」
「フフフ、家元さまは尻の穴が敏感なようですね。それとも、さっきの筆でアナルに目覚めちゃったのかな」
  尻の穴を左右の人差し指と中指の四本指でいじくりまわす。左手の二本指で肉穴を広げておいて、右手の人差し指と中指で交互にクイクイと押す。四本指を総動員して揉み込み、かき乱す。
  そのたび清美は眉根を寄せて切ながり、か細い悲鳴をあげた。同時に膣がヒクヒクと引き締まる。
「後ろが感じると、前もヒクつくんですね。家元さまはアナル・マニアの素質十分ですよ」
  そんな風にいたぶりの言葉を浴びせる間も、純一は男根を休みなく突き立てている。清美の美貌が哀感にゆがむたび、男根はひときわ力んで反り返る。嗜虐性欲が男根をそそり立て、熱を注ぎ込む。
(やっぱり熟れた大人の女ってのは違うな。こうなったら、とことんいじめ抜いてやるぜ……)
  純一の腰使いが一気に荒っぽく高ぶった。両手で尻肉をわしづかみにして、容赦なく抜き挿しする。一突きごとに清美のあえぎ声は粘っこさが増していくようだ。汗に濡れ光る美貌の中で眉根が八の字になって困り顔になる。
「ううんっ……ああっ、はあっ……んんっ、いやっ……許してっ、お願いっ」
  筆責めとは比べものにならない荒々しさで快感がこみ上げてくる。力み返る肉茎の存在感が清美の理性を圧倒して、身も心も牝の本能に支配されそうになっている。
  グジュッ、グジュッ、と女肉は泣き声をあげていた。男根が膣の奥から熱い蜜を絞りだす。
  清美にも自分の股間が立てている猥褻な水音は聞こえている。こらえようもなく、恥ずかしい声を出してしまっていることも分かっている。それでも、もうどうしようもないところまで肉体は追い込まれていた。
(ああっ、またっ……私、このままじゃ……)
  めくるめくような絶頂感が迫ってきた。いったんは息を詰めて必死にこらえるが、すぐに我慢がならなくなってしまう。ブルブルと震える背筋に汗がしたたり、きつく閉じたまぶたの端から涙が噴きこぼれた。
「ああっ、もうっ、もうっ……ああっ……だめっ……もうっ……ううっ、んんんっ」
  ビクンッ、ビクンッ、と吊られた裸身が跳ねる。大波のような絶頂感が白足袋の爪先から汗に濡れた黒髪の先まで駆け抜ける。
  肌という肌が脂を引いたようにテラテラと艶めいた。心ならずも夫以外の男根に初めて犯された裸身は、痛々しくも妖しく牝の性を匂い立たせている。犯されて果ててしまったことに清美は胸の奥を錐で突かれるような罪の意識を抱いた。
(あなた……清美を許して……)
  絶頂の余韻にしびれたようになりながらも、清美は、ううっ、と声をあげてすすり泣いた。なめらかな頬から首筋へと涙がきらめく線を描く。すっかり化粧も落ちてしまっているが、むしろ美貌は生々しく際立った。

小説の朗読 声:湊 莉久

みなと りく

8月1日生まれ T160-B82-W58-H83 主な作品として 『ALL NUDE』『ふしだら旅行 身も心もゆるした美乳少女の肢体とSEX』『イヤラしいカラダ NO.1スタイル』『常にうまのり騎乗位専任Tバックメイド』他多数。

関連リンク
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧