新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

フランス書院文庫アンソロジー 異常な世界
あなたの知らない官能小説

本を購入

本価格:778(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

こんな官能小説、今まで読んだことがなかった!
通勤電車、超能力で生意気な美人課長を「念動責め」
夫の出勤後を見計らい「透明人間」で人妻の寝室へ。
戦国時代へ「異世界転生」し、甘い夜伽を望まれて。
いきなり訪ねてきた艶めかしい絶世の美女は「雪女」!?
男の妄想が現実に変わる、世にも奇妙で淫らな物語。

●もくじ

Ⅰ  見えない指~念動責め       香坂燈也

Ⅱ 「一晩、泊めてください」      青橋由高

Ⅲ  未亡人叔母のおっぱいは僕の寝床  弓月誠

Ⅳ  戦国時代に異世界転生!?      巽飛呂彦

Ⅴ  透明人間X            田沼淳一

Ⅵ  淫魔退治の夜 ~美母と高校生~  秋月耕太

Ⅶ  女宇宙刑事シェリー危機一髪    御堂乱 

登場人物:
みさ(-歳)課長、ゆきこ(-歳)年上女(若)、えりこ(33歳)未亡人、みずき(-歳)女子高生、わか(-歳)人妻、ゆうこ(35歳)実母、シェリー(23歳)宇宙刑事
シチュエーション:
超能力 | 人外 | 小人化 | 異世界転生 | 透明人間 | 淫魔 | スーパーヒロイン
立ち読み

「ああ、いい匂いだ。ひひっ、ツンとします。課長のナマの味ももらいますよ」
  荒川は腋に顔を埋めると、複雑な皺が刻まれた皮膚に浮いた汗粒をぴちゃぴちゃと音を立てて舐めとっていく。磯の海藻にも似た塩気と僅かな苦味が舌に広がる。
  そのまま覆い被さると、逸物の頭を誇らしげに振ってみせる。
「ひっ、もうやめなさい。おねがい、やめて。許して……」
  美佐は犯される予感に、きゅっと引き締まった脚を内股に閉じようとしている。スポーツクラブ通いで鍛えた脚の筋力も、荒川の念動力には敵わない。
「くうぅっ、どうして身体を動かせないの。いやあぁ……」
  美佐の脚がコンパスのように開いていく。
「ひっ、ひいい……見ないで。拡げないで。怖い。怖いの……もうここまでにして」
  両脚を平泳ぎのかたちで固定され、美佐は声を嗄らして懇願する。
「課長の身体は大人っぽいのに、ここの毛は薄いんですね。割れ目が透けてますよ」
  平らに引き締まった下腹部に手を這わせる。美佐のしっとりと汗ばんだ肌や、縮れが強く細い和毛の手触りを存分に楽しんだ。縦割れの唇に指を沈めると、ひょこりと飛び出した肉鞘が指の腹で踊った。包皮を剥くと桃色の粒が顔を出す。指で回し潰すと、美佐はくうん……と呻いた。
「ザーメンを飲んで興奮しちゃったんですか? 俺のことが嫌いなはずなのに、クリトリスが尖ってますよ」
「く……ううっ。いや……こりこり、しないでぇ……」
  雛尖を転がしていた指を姫口に移動して、薄肉をぱっくりと開く。
「おマ×コも大胆に膨らんでますよ。ああ……拡げただけでとろとろが流れてきた」
  桃色の粘膜の重なりが露わになった。奥からふわりと生肉の香りが漏れる。
(ざらざらでひくついてる。なんて熱くてエロい穴なんだ。指が吸い込まれる)
  指で膣襞を軽く押しただけでじゅぷっと蜜が沁みだす。前後に動かして襞をくすぐってやれば美佐はああっと切なげに湿った息を吐く。
「ぐしょぐしょに濡れて、課長のいやらしい匂いが篭っていますよ」
「いやあっ、こんなこと絶対に……ひはっ、許さないんだからっ」
  見えない触手に拘束されたまま、むき出しの敏感なエリアを刺激されて、美佐はかぶりを振る。荒川の指で感じているのを認めたくないのだろう。
「ここまで濡れたおマ×コには指なんかより……こいつの方が嬉しいでしょう」
  逃れようとする白い肉体を組み伏せる。もう我慢はできなかった。
  先走りでぬらつきながら出番を待っていた肉槍を姫口に寄せていく。膣粘膜に触れる寸前、美佐はおおんっと捕らえられた獣のように低く唸った。
「ああっ、だめえ……熱いっ、やけどするっ」
  ひとっ……。姫口に肉の王冠を重ねると美佐が哀しそうに悶える。
「はうっ……大きすぎる。怖い……無理だわ。もう許して」
「あおぅ、これが課長のおマ×コ……っ」
  ずぶぶ、ずぶぅ。荒川は肉槍を繰り出した。泡立つ姫口に肉の杭が埋まっていく。
「ああっ、いやぁ……入ってきてる。くはぁっ、壊れる。無理すぎるうっ」
  荒川は何本もの幻の腕で美佐を拘束する。王冠の縁さえ姫口の障壁を越えれば、あとは突き進むだけだ。薄い茂みの中心に肉槍が吸い込まれていく。
「くぅ……きついっ。本当に入れるなんて……」
  青龍刀のように反り返った肉茎で、美佐の狭い膣道を変形させる。ざらついた襞がにちゃにちゃと重い蜜音を立てて歪んでいくのが亀頭を通して伝わってくる。

(香坂燈也『見えない指~念動責め』より) 

小説の朗読 声:川上奈々美

かわかみななみ

10月14日生まれ T160-B79-W57-H80 主な作品として『姪っ子の微熱』『年上の隣人妻』『クイーン オブ フェラチオ ショー』『下衆の愛』『メイクルーム』、写真集『となりの川上さん』他多数。

川上奈々美オフィシャルブログ「みいななの飾らないままに」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧