新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

徹底服従
彼女の母、彼女の姉、義母

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:350円(税抜)

獲得ポイント:3pt
書籍紹介

「静馬様のモノでイカされますッ。舞、許して」
獣の体位で熟臀を貫かれ、娘に詫びて極める裕美。
38歳の熟れた肉体めあてに自宅へやって来る青狼。
白昼のバスルーム、リビング、神聖な閨房で、
三穴に注がれ、次々に開発される新たな性感。
娘への罪悪感は肉のよろこびの前に崩れ去り……

 

●もくじ

第一章 白・昼・悪・夢 狙われた彼女の母親

第二章 問・答・無・用 亡夫の前で奪われるアナル

第三章 異・常・調・教 三者面談での恥辱

第四章 暴・走・連・鎖 彼女の姉も僕の支配下に

第五章 服・従・衝・動 肉便器にされた美母娘

第六章 独・占・受・精 淫鎖に繋がれた義母

登場人物:
ゆみ(38歳)未亡人、まい(-歳)女子高生、あんな(-歳)女子大生、まりえ(-歳)義母
立ち読み

「お、お願いよ……もうよして……静馬……くん」
 ガクガク震える膝の間からは、絶え間なく愛液が滴り、床に水たまりを作っていた。
 だが無情にも律動と急所責めは続く。
 愉悦の汗のせいで、ぬめった掌がキュッキュッと音を立てて窓ガラスを上下に滑る。
「男は一度始めると止められないんだ……声が聞かれるのが嫌なら、僕をイカせるか、おばさんが声を我慢するかだよ」
 静馬はそう言い放つと、裕美の背を押して、上体をガラスに密着させた。
(くう……冷たい……)
 ビンビンに尖った裕美の乳頭がガラスでこすられ、その冷たさが頭の芯に響く。
 突き上げの度に上下に動く乳房を、裕美は自ら窓ガラスに強く押しつけていた。
(ああ……窓を閉めさせて……)
 静馬は裕美の願いを踏みにじるように執拗に芯芽を責めながら、律動を続けている。
 快感で腰が砕けそうになりながら──裕美は力を振り絞って、サッシを横に滑らせ、窓の鍵を閉めた。
「わかってるよ、声、思いっきり出したくて閉めたんだろ」
 静馬が女芯から手を放し、バックから強烈なピストンを放つ。
(ち、違うのに……おっぱいが……ああ)
 繋がりあった腰が激しく前後するたびに、豊満な乳房がガラスで押しつぶされ、汗を塗りたくりながら上下する。
「ここは……いや……あうっ」
 静馬が裕美の右足を抱え上げた。体位が変わり、また男根が膣肉を左右にかき乱す。
「ああっ……」
 裕美に片足立ちのY字ポーズをとらせ、静馬は抜き差しをはじめた。抽送の度に、ジュブッ、ヌプッと熟した果肉を押し潰すような音がリビングに響く。
 裕美の足を、愛液がいくつも筋を作って伝い落ちていった。
「久しぶりだからってマ×コで喜びすぎ……もう限界。出すよ」
 静馬が小刻みなピッチで激しい連打を放つ。
 肉鼓となった豊臀は湿った音をリビングに響かせる。
 飛び散る蜜汁がレースカーテンに小さな斑点をいくつも作っていた。
「出すって……まさか」
「男がミルクを出すのはメスの中に決まってるでしょ」
 静馬が裕美の耳朶を噛んだ。そのままの状態で、熟尻を突きまくる。
 クライマックス間近のラッシュで揺さぶられ、裕美はガラスに頬を押しつけた。
「あううっ……」
 不自然な体位と激しい律動、愛のない相手との強引なセックス──こんなこと、受け入れられない──しかし肢体に走る愉悦はそれを凌駕するほど強烈だ。
 裕美にとってセックスの終わりは夫が果てることで、快楽の終着点に行きつくことではなかった。こんな汗まみれになって狂うことなど経験がない。
「欲求不満だったんだろ? こういうのが欲しかったんだろ?」
 若者のクライマックスに向けた突きは絶え間なく、ガラスに押しつけられた裕美の体が浮いていく。裕美は爪先だちになっていた。その爪先が、ヒクッ、ヒクッと痙攣する。痙攣は足指の先だけではない──全身に及んでいた。
「マ×コが精液飲ませてって言ってるよ」
 裕美の子壺の強烈な圧搾に、静馬が感嘆の声を漏らした。
 青年は射精欲を煽られたのか、小刻みな振幅で蜜壺を穿ち続ける。
「ああっ……もう……」

小説の朗読 声:月野ゆりあ

つきの ゆりあ

5月5日生まれ 主な作品として『Hがしたくて我慢出来ないんです』『私にもっと色んなHを教えてください』

月野ゆりあTwitter
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧