新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

専属、奴隷メイド
女教師と同級生

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

「ご主人様、私にもっとお仕置きしてください」
女教師と同級生、二人の専属メイドは最高の美獣。
38歳の遼子にメイド服をまとわせ濃厚フェラご奉仕を命じ、
いやがる美少女・美沙を純潔の身から調教しつくす。
「奴隷契約」を盾に昼夜なく蹂躙されつづけた二人は、
やがて自ら美尻をさらし肉茎をねだる言いなり牝に……

 

●もくじ

 

第一章 転落 女教師のおしゃぶりご奉仕

第二章 陥落 捧げられたバージン

第三章 堕落 秘密授業【聖職者失格】

第四章 淫落 私の身体を可愛がってください

終章  奈落 二匹の専属言いなりメイド

登場人物:
りょうこ(38歳)女教師、みさ(-歳)女子高生
シチュエーション:
凌辱 | 母娘丼 | キャンパス・学園・大学 | 処女
立ち読み

「準備も整ったし、そろそろヤるよ」
「あ──は、はい。御主人様」
 膝下まで半端に降ろされていたスラックスから足先を抜き取ると、ペニスを大きく揺らしながら晃は部屋の中央に鎮座した巨大なベッドへと歩いていく。我に返った遼子は脱ぎ散らかされたスラックスを手早く畳み、後を追う。
 全裸となった晃がベッドの中央に仰向けに寝転び、亀頭を腹に付けて棹肉のアーチを作った。「メイドの格好はみだりに崩すな」と厳命されているので、ストラップパンプスを履いたままベッドに足をかける。上履き用とはいえ、靴でシーツを踏む違和感を覚えつつも、身体を大の字に開いている晃の前へと進んでいく。
「いよいよメイドの奉仕も本番だ。やり方はわかっているね?」
「はい……心得ています」
 前戯が終われば次はセックスに移るわけだが、当然晃の意向に沿う必要がある。具体的には晃自身が「犯す」と言えば、遼子は指定された体位を取り、後は意のままに身体を捧げる。逆に「奉仕しろ」と言われれば、遼子が女体を駆使して晃に一切の手間をかけさせずに快楽を与えなくてはならない。
(これも苦手なのだけれど……贅沢を言える身分じゃないわ)
 晃が仰向けになっているのを考慮するに、遼子に求められているのは騎乗位だとわかったが、これもフェラチオと同じく不得手なものだ。
 そもそも、遼子にとってセックスとは男が求めてくるものだった。自身の美貌が男を引きつけるのは知っていたし、彼らの情動に沿うのが女としてのもてなしだと思っていた。
 己の女体が肉付きからして扇情的なものだとは、遼子自身が熟知している。身体が艶熟しているのに更に男を求めたら、それこそ淫乱だと見られかねない。
 そうした偏見をもたれるのが嫌で、遼子は自らセックスを求めなかった。そのせいで、女性優位のセックスはフェラチオ同然に殆ど経験がない。
「失礼、いたします……」
 黒く輝くエナメルの靴先で、晃の股座を跨ぐ。ヒールはさほど高くないが、柔らかなマットレスが深く沈み込んだので、少しだけバランスを崩した。
「挿入する時は、ま×ことち×ぽが見えるようにするんだ」
「はい。かしこまり、ました」
 晃の命令に首肯するものの、遼子は内心困惑を隠せない。メイド服を構成するダークネイビーのワンピースはスカートの丈が長いので、しゃがんでしまえば垂れた裾が結合部を隠してしまう。
 晃のペニスは精強な勃起力もあり、ぴたりと腹に密着しているので、遼子が垂直に立ててやるしかない。僅かな逡巡を挟み、スカートを掴んだまま腕を大きくあげ、捲り上げられたままの裾を唇に咥えこむ。ダークネイビーの布地に、微かに濡れたルージュが移った。
 手を使わずとも股座の露出を成し遂げ、遼子はゆっくりと腰を降ろす。膝を沈ませ脚をくの字にして股座を宙に止めると、力強く反り返った肉根をそっと掴んだ。
(太い……それに、なんて熱くて硬いのかしら)
 棹肉の太さは目視しているのに、実際に指で触れ、掌に収めると、その異様なまでの巨大さが嫌でも実感できる。
 外見からはわからないが、直に触れば褐色を帯びた卑肉は獰猛なまでの獣熱を放っており、偉容な勃起に違わない硬い弾力を宿していた。
(見かけはルックスのいい男の子なのに、こんな力強くて立派なおちん×んを……)
 力強く反り返った肉の牙は、腕に力を入れなくては垂直を保てない。晃は今まで付き合った男達の中で格段に年下だが、もっとも牡としての資質に恵まれているのは揺るぎのない事実だ。
「っ……ん……」
 クロッチを秘唇の外に横滑りさせ、三十八歳の女教師は伴侶でも彼氏でもない男子生徒の剛直をぬぷりと貫入させていく。人妻としてこなれた膣肉は晃の淫らな口戯によって充分に濡れそぼっており、さしたる抵抗もなくずぶずぶと美熟女の股座を掻き分けていった。
(うぅっ、なんて大きさなの。おま×こがいっぱいになって息苦しいくらい)

小説の朗読 声:川上奈々美

かわかみななみ

10月14日生まれ T160-B79-W57-H80 主な作品として『姪っ子の微熱』『年上の隣人妻』『クイーン オブ フェラチオ ショー』『下衆の愛』『メイクルーム』、写真集『となりの川上さん』他多数。

川上奈々美オフィシャルブログ「みいななの飾らないままに」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧