新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

おいしい婿入り【妻よりも色っぽい姑】

本を購入

本価格:694(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

「婿様、溜まってるのね、娘の身体で満足してるの?」
ニットセーター越しにも分かるGカップを震わせ、
煽情的な言葉を耳元で注ぎこむ、妻の母・佳乃。
窮屈な婿入り生活は、妻が留守中の十日間で激変!
パイズリ+フェラ、中出しセックス、初めてのアナル。
女房よりも従順でかわいい……僕の淫らすぎる美姑!

 

●もくじ

 

第一章 我慢しないで
     溜まっていた性欲


第二章  後ろから突いて
    「代理妻」になってあげる


第三章  一緒にお風呂で
     お尻でもいいのよ


第四章「密会」しましょ
     ラブホで甘えて


第五章 わがままなセックス
     ナマでお願い


第六章 おいしい寝室
     私の自慢のお婿さん

登場人物:
よしの(-歳)妻の母、まきこ(-歳)年上女(熟)、みさと(26歳)妻
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 浴室 | 肛姦 | 手コキ
立ち読み

(美里と同じところにホクロがあるオマ×コに、こうしてチ×ポを突っこんでるなんて……。ああ、興奮しすぎておかしくなりそうだっ)
「あんっ、はぁん、あふぅんんっ。ああ、勇次さん。あなたのオチン×ン、とっても気持ちいいっ。ああ、なんて素敵なの。オマ×コが歓んでるわっ」
 男根に絡みつく無数の膣襞が、奥へ奥へと蠢く。
 まさに熟女の貪欲さを体現する肉感に、男根が震えあがる。
「ああ、チ×ポが吸いこまれるみたいだ……。ううっ、た、たまらないっ」
「そ、そんなことしてないわ。勇次さんったら、変なこと言わないで……。ああぁぁ、あふぅ、んんはあぁぁ……っ」
 眼下から佳乃が恨めしそうな眼差しを向けてくる。
 ふっくらした頬を朱に染め、笑みが似合う唇からは淫らな吐息が漏れていた。
 悩ましい艶態は見ているだけで劣情が昂ぶる。
 気持ちに反し、男根の抽送が速まってしまう。
「あふぅんっ。はぁん、あんっ、んはあぁ。ゆ、勇次さん。オチン×ン激しいわ。もっとゆっくり感じさせて……っ」
「で、でも、お義母さんのオマ×コがイヤらしすぎて、もう辛抱が……」
「そ、そんなぁ。私のせいじゃないわ」
「いえ、お義母さんのせいです……。この派手に揺れるオッパイだって、僕を誘っているとしか思えない」
 佳乃の豊乳は抽送に合わせ、円を描くように揺れ動いていた。汗に輝く白い乳房の中心、茶褐色の乳輪が視線を捕らえ、淫らに幻惑してくる。
 たまらず勇次は豊乳に手を伸ばした。指が難なく乳肉に埋もれる。
 完熟した乳房の柔らかさに、男根までもが跳ねあがる。
「んはぁんっ、オチン×ン凄いぃっ。あふ、ふうぅぅんっ。ああ、勇次さん。もっとオッパイ揉んで。好きにして頂戴っ」
「ああ、お義母さんのオッパイ、凄く温かくて気持ちいい……っ。お義母さんも気持ちいいんですか? ほら、この乳首だってこんなにコリコリと硬くなって……」
 指腹で擦り合わせるように責め抓むと、佳乃の肢体が艶かしく震えた。
「あふぅんん、ああ、き、気持ちいいわ……。でも、そんなに弄られると、もっと乳首が大きくなっちゃう。ただでさえ、みっともないオッパイなのに……」
「違います。お義母さんのオッパイは、ただイヤらしいんです。いや、オッパイだけじゃなく、オマ×コだってウネウネ蠢いて……。ああ、お義母さんは身体全部がイヤらしい……っ」
「はうぅぅん、い、意地悪言わないでぇ……。ああ、オマ×コが捏ねくり回されてる……。んはあぁ、勇次さんのオチン×ンが染みこんでくるみたい……っ」
 乳首を捻る度、膣肉の蠢動が淫度を増した。抽送する男根に合わせて絡みつき、じわじわと竿肌を侵食してくる。
 熟膣の貪欲な感触に男根が戦慄き、怖気のような快感で全身がゾワリと粟立つ。
(うう、こんなオマ×コ初めてだ。これが名器っていうものかもしれない……。ホントに、なんて男好きする身体なんだろう。ああ、た、たまらないっ)
 濃猥な肉感に牡の獣欲が刺激され、為す術なく腰が動かされてしまう。
 互いの股間から微かに響く蜜音も、心なしか粘度が高く聞こえる。
 まさに濃密、濃厚な熟女とのセックスに、佳乃が義母であることを暫し忘れる。
「ああ、勇次さん。キスして……。あなたと上下で繋がりたいの……」
 返事する間もなく、首根に腕を回され引き寄せられた。呆気なく唇を奪われ、たちまち舌が絡み合う。
「んはぁぁ、んちゅ、んふぅぅん……。ああ、勇次さんのキス、とっても美味しい。オマ×コまで痺れてきちゃう……。あふぅ、んちゅ、ちゅぷん」
「んふぅぅぅ、うう、ホントだ。チ×ポがしゃぶられてる」
「ちゅぷ、んふぅぅん。そうよ。オマ×コでオチン×ンを食べてるの。だってこんなに美味しいんですもの……。ああ、勇次さん……。んふぅ、ちゅぶぅぅん」
 それが比喩でないことを快感を以って知る。蠢く膣肉が舌と同化し、男根のように唇が貪られていく。
 淫蜜のような佳乃の唾液を嚥下しながら、勇次は熟舌に陶酔していた。
(ああ、なんてイヤらしい味なんだろう。舌とチ×ポ、両方とも蕩けそうなほど甘い……。気持ちよすぎて気が遠くなりそうだ)

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧