新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

はだかの奴隷介護
長男の嫁、次男の嫁、人妻介護士狩り

本を購入

本価格:694(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

「淫らな嫁にはちゃんと躾けをしなくちゃな」
「いけませんっ、お義父さん、ああ、いやっ」
畳に押し倒され、足首から抜かれる白ショーツ。
拒む心とは裏腹に反応してしまう女盛りの肉体。
いつしか聡美の手は義父の逞しい背中を抱きしめ……
息子の嫁たちと熟女ヘルパー……三匹の奉仕奴隷!

 

●見出し

 

第一章 長男の嫁は未亡人

第二章 熟しきった女の匂い

第三章 熟女介護士への食指

第四章 ふしだらな嫁への躾け

第五章 義父の性奴隷にされて

第六章 禁断の子づくり介護

登場人物:
さとみ(32歳)息子の嫁、りんこ(28歳)息子の嫁、ゆうこ(39歳)人妻
シチュエーション:
凌辱 | | 仕置き | 孕ませ
立ち読み

(お義父さん、これを、私に……)
 目の前数センチまで肉棒を近づける義父の意図は明らかだった。義父は肉棒への口での奉仕を望んでいる。
(ああ、私、どうしたらいいのかしら……。お義父さんのコレを、口に含むだなんて……。でも私のあそこは義父の口で何度も恥を掻かされている……)
 そう思いながらも、無言のまま躊躇している聡美に焦れたらしく、義父の声色が強く冷たく、浴室に響き渡る。
「何を躊躇っておる。聡美、おまえのおま×こはもう、この私に味わい尽くされているというのに。さ、小娘じゃあるまいし、早く、私のこのち×ぽ、舐めてしゃぶって、気持ちよくせんか」
「ああ、そんな、理不尽な……。息子の嫁である私に、そんなひどいことを……。あり得ない」
「何を戯けたことを言っとる。息子の嫁が、義父である私におま×こを舐められて、あんなに悶え、すけべな汁をしぶかせるなど、そのほうがよほどあり得ん」
「ああ、ひ、ひどい……」
 義父はグィッと腰を突き出す。肉棒の先端が聡美の唇を割ろうとする。いくら口を硬く閉じようとしても、義父の肉棒の先端は、鋼のような硬さで、少しずつ、聡美の口の中に押し入ってくる。
(こ、これが六十歳を過ぎた義父の、だなんて……。な、なんて硬いのかしら。ああ、形はあの人そっくりだけれど、長さも太さも、それに、この硬さも、ああ、お義父さんのって、あの人に優ってる……)
 義父の手が聡美の両肩を掴み、引き寄せる。グブッと卑猥な音が鳴り響き、肉棒の先端が口内に挿し込まれる。
「うぅっぷぅ、ああ、く、苦しい……。ああ、先端だけで、息が詰まりそう」
 それは想像以上に凄まじい威力だった。
(私、義父のコレを口に受け入れさせられてしまった)
 防ぎようがなかった。受け入れさせられたのだ。決して、自ら受け入れたのではない。義父が腰を使い始める。それにより、先端だけの侵入だったのが、ジリっ、ジリっと、口内の奥にまで突き進んでくる。
「うう、なんていやらしいベロなんだ。それにこの口のなかの感触、うーん、たまらん。聡美の口は、男のモノを咥えるためにあるような案配のいいつくりだ」
「うぅぷぅ」
 まるで生まれ持った淫らさを指摘されたようで、それを必死に否定しようとしても、むろん、言葉にならず、肉棒を咥えた口から零れ出るのは、義父を悦ばせるような艶めかしい音に過ぎなかった。
「これ、聡美、ほれ、舌を使わんか。ずるずると私のを舐めるのだ」
 聡美の頭を押さえつけた義父の腰の動きが、大きく速くなる。もう、逃れられる術はない。しかし、義父の求めに応じようとしても、隙間なく挿入された肉棒により、舌の動きを封じ込められていた。
「うううっ」
 聡美は呻き声を漏らしながら、義父の腰に両手を当て、力を加えた。それにより、喉元まで塞いでいた肉棒が多少退き、口内に空間ができた。それに義父も気づいたようだった。
「私としたことが、悪い悪い。いやいや、これもおまえの口の中がとてもいいからだ。年甲斐もなく、聡美の口は、私を夢中にさせる」
 その褒め言葉が夫の口から漏れたのなら、どんなにか嬉しいことだろう。
(ああ、あなた、助けて……。私、あなたのお父様に、こんなひどい仕打ちを受けているのよ……)

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧