新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

初めての愛人

本を購入

本価格:524(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
夢のようだ。そう、まさに夢のような光景だった。
羞じらいつつ目の前で気品あふれる裸身を晒すのは、
パソコン教室を営む麗しき美人講師・嵩村真夕子。
きっかけは講師と生徒、講義が終われば男と女……
時には熟れた身体を淑やかに包む和服を乱れさせ、
紘市の望むがまま爛れた肉交に溺れゆく「初めての愛人」
登場人物:
まゆこ(37歳)講師、れい(24歳)部下
シチュエーション:
コスチューム・プレイ | SM | 羞恥プレイ | 言葉嬲り | 放尿
立ち読み
「家に、連絡しなくていいの?」
「遅くなるとは言ってある。でも……」
「大丈夫。私も泊まりはしないから」
  その一言の後、紘市は真夕子を抱き寄せた。強く抱きしめる。
「あ」
  小さく声が出た。真夕子がこれまで忘れていた、男の強い力だった。
「なんて匂いだ」
  紘市も驚いていた。
  うすうす感じてはいたが、真夕子の匂いがこれほどまでにかぐわしく、心を騒がせるものだったとは。香水もある。だがその芯に感じるのはまぎれもない、真夕子自身の身体から発散されている匂いだ。
  いい女には、匂いがある。いい女は必ずいい匂いを持っている。酒井が言ったとおりだと思った。
「この匂いをもっと味わいたい。真夕子、きみを裸にして、隅々まで」
「まだ駄目よ。それにはまだ早いわ。お互いにシャワーを浴びましょう。それが礼儀ですもの」
  紘市はシャワーよりも、今の真夕子の匂いを味わいたかった。しかしまだ最初の一度なのだ。急にすべてはかなえられない。
「清水さん、あなたが先に」
「そういうものか」
「ええ、女は男を待たせるものよ」
  真夕子に従い、まず紘市がシャワーを浴びた。
  バスローブを着てベッドでビールを飲んでいると、ようやく真夕子が現われた。
「すごい」
  紘市は思わず子供のように呟いていた。
  真夕子はバスタオルを素肌に巻いているだけだった。濡れないようにアップにした髪を解きほぐす。ウエーブのかかったセミロングの髪が、フワリと肩にかかった。
  女神がいた。
  紘市の目には、それは神話の女神を描いた裸婦像にも等しいものだった。海の泡から生まれた女神。それは美の女神、ヴィーナスだったか。
「真夕子」
  紘市はたまらず抱きしめた。ベッドの上へ押し倒す。
「あっ!」
  真夕子は小さく呻いたが、目を閉じてされるがままになっていた。紘市は自分のバスローブを脱ぎ去り、真夕子のバスタオルを剥ぎ取った。
  眩いばかりの世界がそこにあった。
  夢にまで見た真夕子の裸身。それを今、目の当たりにしている。手を伸ばせば届くところに真夕子のすべてあるのだ。
「思った以上だよ、真夕子。なんて綺麗なんだ」
  妻の幸子にも言ったことのない言葉だ。そんな恥ずかしい言葉は、映画か小説のなかにしかないと思っていた。しかし、人は圧倒的な美を前にすると、てらいを捨てて素直になれるらしい。
「素晴らしいよ」
小説の朗読 声:風祭 ゆき

かざまつり ゆき

東京都出身

1974年、映画『竹山ひとり旅』でデビュー。その後、にっかつ映画に出演。最近はドラマや映画などで存在感のある個性派女優として活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧