新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

初恋
女教師は美しすぎて

本を購入

本価格:524(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「そうよ、健二くん。そのまま私のなかに入ってきて」
全裸で抱き合う二人に羞恥や後悔の念もなかった。
ましてや女教師と生徒という禁忌の意識も。
「気持ちいい……先生、もう駄目になるわ」
腕のなかでイッた女教師の美しい顔が忘れられない。
あの先生に会いたい……。男は初恋の女教師を探し始めた。
登場人物:
しずか(30歳)女教師、よしみ(32歳)愛人、ちはる(45歳)人妻、まい(-歳)その他、やすこ(35歳)秘書
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 監禁 | 覗き | 縄・緊縛 | 羞恥プレイ
立ち読み
「ねえ、健二くん。先生とまた……したいの?」
  静香が焚き火を見つめたまま言った。
「せ、先生……でも、どうして?」
「だって、私はもう先生じゃなくなったもの。それに、健二くんは私を助けてくれたし」
  静香は健二のほうを向いて微笑んだ。
「ぼ、僕は……」
  教室で教えている静香とは違う、女としての顔だった。健二は動悸が激しくなり、喉がからからに渇いてくる。
「先生と……したいよ」
「いいわ。こっちにいらっしゃい」
  すぐそばに腰をおろすと、静香は健二の太腿に手を置いた。静香の温かさが伝わってきて、ズボンのなかで肉茎が充血していく。
「こういうことは、男の子がやさしくリードするものなの」
「うん……」
  健二は静香の肩を抱き寄せて、唇にキスをした。
  唇を差し入れると、静香はすぐに応じてきた。健二の舌を絡めとるように、静香の舌は蠢いた。
  以前のキスとは較べものにならないほど静香は大胆で、健二の口内を舐めまわしてくる。健二は頭が熱くなり、リードするどころではなかった。舌を強く吸われ、歯茎を舌先でなぞられた。
  二人は抱きあったまま、草むらに倒れこんだ。静香の手が、健二の股間を触った。
「うっ……先生……」
「いいから、動かないで」
  ズボンの上からペニスが撫でられていた。
  ベルトがはずされ、ファスナーがさげられる。トランクスの上から握られると、ペニスは指を押しかえすように膨らんだ。
  静香の指でトランクスは引きさげられ、ペニスが剥きだされる。指は、肉茎の裏側をやさしく撫でた。
「ぐっ……ちょっと待って、先生」
  ペニスへの刺激もさることながら、弄ばれる恥ずかしさに耐えかねて、健二は静香の手を押さえた。
「駄目よ、我慢しなくちゃ。ほら、健二くんも先生のさわって」
  押さえてきた健二の手を取って、静香は自分のスカートのなかへ導いた。健二は静香の股間に手を当てた。パンティの布はしっとりと濡れていた。
「先生も感じているんだ。気持ちいいんだ」
  女の顔を見せはじめた静香に、健二は動揺を隠せずにいたが、潤った秘園は自信を与えてくれた。
  すぐにパンティのなかに手を差しこみ、肉の灼熱を指で感じた。
「あああ、健二くん!  そうよ、その感じ……」
  静香は腰を浮かせて喘いだ。
  健二の肉茎は、静香の細く冷たい指で締めつけられる。軽く上下にこすられただけで、今にも射精してしまいそうだった。
「で、出ちゃうよ、先生」
「駄目よ、まだ!  さあ、私のなかへ入れて」
小説の朗読 声:風祭 ゆき

かざまつり ゆき

東京都出身

1974年、映画『竹山ひとり旅』でデビュー。その後、にっかつ映画に出演。最近はドラマや映画などで存在感のある個性派女優として活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧