新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

淫夢
失われた時を求めて

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「お願い、このままずっと、わたしのなかにいて」
35歳の成熟した女体を震わせて喘ぐ人妻に溺れる的場。
「若い男より優しいおじさまに抱かれてる時が一番幸せ」
妻より、心清らかな令嬢風の麻美を愛してしまった小湊。
束の間、失われた情愛と熱情を求めてはいけないのか。
数奇な運命で結ばれた2組の男女が見た夢は、淫夢……
登場人物:
まみ(25歳)令嬢、あき(35歳)人妻、まどか(-歳)水商売・風俗嬢
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 不倫 | 羞恥プレイ | 浴室 | 言葉嬲り
立ち読み
「信ちゃん、久しぶりだから、今日はいっぱいしてね」
  衣服を脱ぎながら亜紀は甘えた口調で言った。少しずつ以前の亜紀が戻ってきているように、的場には感じられた。
「いいよ。何回でも」
「うれしい、ねえ、早く脱いで」
  急かせるように言いながら、亜紀はもう全裸になっていた。
「そんなに急がせるなよ。時間は充分あるんだから」
「わたしには、充分にはないわ」
  亜紀は妙なことを口にした。
「このあと、なにか予定でもあるのか?」
「ないわ。今日は信ちゃんと二人で抱き合うだけ」
「だったら……」
「うん。時間は充分にないって言ったのは……そんなこと、どうでもいいでしょ」
  亜紀は途中で言葉をはぐらかし、裸になった的場をベッドに押し倒した。
「わたし、信ちゃんより年上でしょ。女の盛りは短いの。だからね、わたしに残された時間は少ないの」
  的場の胸に顔を埋めるようにして、亜紀は小さな乳首に舌先を這わせてきた。突つきながら舐めたててくる。
「あああ……」
  男でも乳首はけっこう感じるんだなと思いながら、的場の乳首は固く張りつめていた。
「もっと気持ちよくなりたい?」
  顔をのぞきこみ、亜紀がいたずらっぽい口調で尋ねてくる。
「ああ、もちろん」
「だったら、気持ちよくしてあげるね」
  亜紀は女体を下にずらして、硬直している肉茎の根元をそっと指先でつまみ、愛おしそうに口に含んだ。舌先を震わせるようにして、先端からリングの辺りまで入念に舐めまわされると、的場の上半身が震えた。
「気持ちいいよ、亜紀」
  思わず女のようにうわずった声をあげてしまった。亜紀は無言でうなずき、太幹にねっとりと舌を絡ませて、しごきながらしゃぶりたててくる。
「まずいよ、イッちゃうかも」
  三カ月近く前に亜紀を抱いてから今日まで、女性との接触がなかったので、刺激に敏感になっている。早くも強烈な快感に衝きあげられて、的場は切羽つまった声をあげていた。
「イッて。我慢しないで、口のなかに出して。その後で、ゆっくり楽しめばいいわ」
  顔を上下に動かし、亜紀は激しく肉茎をしゃぶりつくした。
小説の朗読 声:風祭 ゆき

かざまつり ゆき

東京都出身

1974年、映画『竹山ひとり旅』でデビュー。その後、にっかつ映画に出演。最近はドラマや映画などで存在感のある個性派女優として活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧