新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女教師・獣色の学舎1
電子書籍版

本を購入

本価格:--円(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:300円(税抜)

獲得ポイント:3pt
書籍紹介
「やめて!  手を離しなさい、私は教師なのよ……」
放課後の補習授業は、激しすぎる性教育の密室地獄。
全裸で教壇に立つ女教師に群がる17人の悪魔高校生。
25歳の瑞々しい乳房、豊かな美尻、可憐な牝肉にまで、
次々と放たれる悪夢の輪姦劇にまゆみは悟るしかない。
ここは肛虐学園、終業の鐘など鳴るわけがないのだと。
(挿画  楡畑雄二)

●目次

「女教師・獣色の学舎1」
第一章  獣組と女教師
第二章  破花の教壇

「女教師・獣色の学舎2」
第三章  狂った性教育
第四章  浣腸実験教室

「女教師・獣色の学舎3」
第五章  群狼の美餌
第六章  肛姦の祝祭日
登場人物:
まゆみ(25歳)女教師
シチュエーション:
キャンパス・学園・大学 | 浣腸 | 更衣室 | 痴漢 | 凌辱 | 肛姦
立ち読み
「今日は見るだけだ。最初からやりすぎちゃおもしろくねえからな。性教育の授業はじっくり楽しまなくちゃよ」
  まゆみは救われ、生徒たちはガックリと失望を露わにした。
「その代わりに、特別サービスで先生がおもしろいものを見せてくれるぜ、フフフ」
  そう言って再びタクトを取りあげた藤木は、その先端をまゆみの媚肉に押し当てた。
「ここはなにをするところだ、先生」
「ひっ!……そんな……」
  まゆみはビクッと腰を震わせて、激しい狼狽を見せた。
  タクトの先端が押し当てられたのは、まゆみの尿道口だ。尿道口をいじられたことで、一気に尿意が甦った。それも、もう耐える限界に近づきつつある激しい尿意だ。
「あ、ああっ」
「聞こえなかったのか。もう一度しか言わねえぞ、先生。ここはなんの穴だ?」
「ああ、許して……」
  まゆみはブルルッと身震いした。猛烈な尿意に苛まれているところに、タクトの先端が尿道口を揉みこむようにしてジワジワと入ってきたのだ。
「そ、そんな……ああ、出ちゃう!」
  出ちゃうというまゆみの声は、うめき声に呑みこまれる。
「やめて……まゆみの……まゆみのお、おしっこをする穴です」
  まゆみは泣きながら口にした。藤木たちはまゆみの尿意がただならぬところまできているのを知っていて、わざとそこをいたぶってくる。どこまで辱しめれば気がすむのか。
「ほう、ここが先生が小便する穴ってわけか。フフフ、溜まってるのかな」
  藤木はしらじらしく言いながら、タクトでまゆみの尿道口をいたぶるのをやめようとはしなかった。そればかりか、まゆみに気づかれないように、もう一方の手でバケツを取りあげた。
  藤木がまゆみになにをさせようとしているのかわかって、生徒たちはどよめいた。だがすぐに静まりかえり、くい入るようにまゆみの股間を凝視する。
  そんなこととも知らず、まゆみは泣き、うめき、ひいひいと喉を絞った。
「許して……ああ、そんなことされたら……ああ……」
「そんなことされたら、どうなんだ。はっきりと言えよ、先生」
「やめて、それ以上は……駄目、駄目よ、ああっ……」
「まるで小便が出ちまいそうな声あげやがって」
  室田と瀬川にからかわれても、まゆみはもう反発する余裕さえ失った。タクトの先端はさらにジワジワと尿道口に入ってくる。
「ひっ、ひいっ……駄目ェ……」
「フフフ、なにが駄目なんだ、先生。そんないい声で泣いてよ」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧