新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

狙われた水泳部 顧問女教師とキャプテン

本を購入

本価格:--円(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

「触らないで、こんなこと許されないわっ」

強引に水着の肩紐を外し、競泳水着の胸元を捲りあげれば、

健康的な小麦色の肌と、日焼けしていない白い乳房。

水泳部キャプテン・美波の初々しいフェロモンに煽られ暴走していく臨時コーチ・桑原。

さらには26歳の美人顧問女教師、汐理にまで淫欲の餌食に……

北都凛の幻の名作が、フランス書院eブックスで、ファン待望の電子書籍化!

 

●もくじ

第一章 競泳水着に迫る毒牙

第二章 水中のフェラチオ特訓

第三章 罠に堕ちた顧問女教師

第四章 屈辱のスクール水着

第五章 夏のアナル開発合宿

第六章 肉玩具になった二匹の牝

登場人物:
しおり(26歳)女教師、みなみ(-歳)女子高生
シチュエーション:
凌辱 | 体育館・プール | 張型(バイブレーター) | 露出(下着・水着・裸)
立ち読み

「いい反応をするじゃないか。水泳よりもエッチの素質のほうがあるのかもしれないな。フフフッ」
 桑原は小馬鹿にしたように言うと、さらに乳首を舐めつづける。そうしながら右手を水中に潜らせて、太腿をねっとりと撫でまわしてきた。
「いい筋肉だ。さすがに鍛えてるな。最高の手触りだ」
「やっ……触らないで……」
 思わず抗いの言葉をつぶやくが、桑原がやめるはずもない。太腿の外側に触れていた手は、肉づきを楽しむようにしながら徐々に前面へと移動してくる。本能が危機を知らせて、水中で内腿を擦り合わせた。
「脚を開けよ。オリンピックに行きたいんだろう」
 そう言われても太腿から力を抜くことはできない。すると躊躇する膝を強引にこじ開けられて、内腿に男の手が滑りこんできた。
「くぅぅっ」
 柔らかい肉を摑んでは撫でまわし、少しずつ股間に向かって這いあがってくる。水中なのに、男の手のひらは妙に生温かい。内腿の敏感な皮膚をねちねちと擦り、指先を不規則に蠢かして柔肌に刺激を送りこんできた。
 たまらず下肢に力がこもるが、男の手を挟みこむ結果にしかならない。水中に浮いているつま先がピーンと伸びきり、筋肉がこれでもかと硬直していた。
「おいおい、そんなに力むと脚が攣るぞ」
 桑原は乳首から口を離すと、薄笑いを浮かべながらさらに内腿を揉みしだく。その指先はすでに内腿の付け根、競泳水着との境目まで迫っていた。
「うくっ、い、いやです……それ以上は……」
 小声でつぶやくが、もちろん聞き入れてもらえない。水着の股布を摘みあげられたかと思うと、いきなり脇にずらされてしまう。
「ああっ……」
 こらえきれない絶望の喘ぎが漏れる。水中とはいえ、誰にも見せたことのない女性器を剥きだしにされてしまったのだ。しかし、これくらいでうろたえている場合ではない。悲劇の幕はまだ開いたばかりだった。
「さてと、水泳部キャプテンの大事なところをじっくり拝ませてもらおうか」
 ヒップに手のひらをあてがわれて、掬いあげるように持ちあげられる。背中をプールサイドに乗せた状態で、身体全体が水面に浮かびあがった。
「なんだこれは。生意気なくせに、毛はまだ生え揃ってないじゃないか」
 桑原の薄笑いが聞こえて、美波は思わず瞳を潤ませた。
 競泳水着の股布をずらされた股間が、月明かりに照らしだされている。わずかしか生えていない陰毛が水に濡れて、ぷっくりと盛りあがった恥丘に張りついていた。
(やだ……こんな人に見られるなんて……)
 瞬く間に心が弱気になっていく。割れ目が透けて見えるほど薄い陰毛には、密かにコンプレックスを抱いていた。
 水泳部の女子部員たちは、股間が鋭く切れあがった競泳水着を着るために陰毛の処理をする。だが、美波は一度も手入れをしたことがなかった。もちろん、それは誰にも話したことのない自分だけの秘密だった。
「まるでガキじゃないか。キャプテンがこれじゃあ、格好がつかないな」
 卑劣なコーチに揶揄されて悔しさがこみあげてくる。
 そこは産毛がわずかに生えているだけなのだ。美波にとっては、絶対に知られたくない恥ずかしいことだった。
「見ないで……ください」
 掠れた声で懇願する。目尻から涙が溢れて、こめかみを伝い落ちた。
 しかし、桑原が聞く耳を持つはずもなく、下肢を力まかせにグッと割り開いてしまう。そして股間を覗きこむように顔を近づけて、フーッと息を吹きかけながらいやらしい笑みを浮かべるのだ。
「肝心の道具はやっぱり綺麗なピンク色だな」
 男の嬉しそうなつぶやきが、屈辱感をさらに煽りたてる。内腿の奥に卑猥な視線が這いまわるのを感じ、陰唇が恥ずかしげに震えていた。
(絶対に許さない……このままでは終わらせないから)

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧