新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

凌辱の王国

本を購入

本価格:781(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:781円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

かつて、これほど規格外の物語があったか!
18歳のセーラー服 vs 13人の凌辱使徒。
敏感な柔肌が、守り通した純潔が、可憐な裏肉が
愛しい人の目前で、たった一晩で、徹底的に穢される!
前代未聞、圧倒的な凌辱力で描かれる7時間の悪夢。
超新星が放つ暴虐小説の傑作、ここに誕生!
(挿画 板垣しゅん)


Ⅰ  狂おしき輪姦夜のはじまり
  1  夏のセーラー服    2  拉致

Ⅱ  踏みにじられたセーラー服
  1  淫獣たちの巣窟    2  目前の淫景
  3  秘唇玩弄          4  飛翔の瞬間

Ⅲ  十三人の処女強姦
  1  無惨破瓜          2  追い討ち
  3  大粒の涙          4  明けない凌辱夜
  5  処女から女に      6  美乳を穢して
  7  乱暴な責め        8  最強の六人目
  9  新たなる獣        10  けだものの姿勢で
  11  肉を裂く悪鬼      12  変貌の瞬間

Ⅳ  しゃぶりつくされた18歳
  1  残酷な肉刑        2  媚肉のしたたり
  3  曝け出された真実  4  真夜中に咲く花
  5  悔し涙            6  王国の覇王
  7  散花繚乱          8  憧れのひとが…
  9  本能の反抗

Ⅴ  正真正銘の痙攣【スパズム】
  1  次なる標的        2  媚薬責め
  3  堕ちていく恋人    4  膣奥の奥まで
  5  絶頂を越えた絶頂
  
Ⅵ  裕香、すべてを奪われて
  1  獣の餌食          2  真夜中すぎの虹
  3  解放の朝

登場人物:
ゆうか(18歳)女子高生
シチュエーション:
輪姦 | 凌辱 | 肛姦
立ち読み

「い――いや、ひい、ひい、ひ……っ」
  まだ裂けた制服を身に着けているので全身が見えているわけではなかったが、性毛以外に腹にも太ももにもふくらはぎにも一切余分な体毛の見られないつるつるとしたなめらかな十八歳の美裸身は、成熟しているのと同時におさえつけている大勢の男たちの太い腕の前ではまだどこか未成熟さを残しているようにも感じられた。
「痛い――痛いっ」
  男たちが筋肉をたっぷりとたくわえた獰猛な体格をしているのに比べて、裕香の体は骨の一本一本から細く短く小さくできているようにしか思えないのだ。へたな力の入れ方をされたら腕でも足でもすぐに折れるか潰れるかしてしまうだろう。
「痛い……痛あい――やめて、ゆるして、痛い……っ」
  正常な神経を持った男性ならそんな裕香の裸体を前にすれば保護欲をかきたてられこそすれ乱暴に蹂躙しようとは思わないのではないか。こころだけではなく白い肌ひとつにしてもあまりにも傷つきやすいはずだ。そこここが女らしく美しく熟れているとはいえ裕香はまだ十八歳の未婚の娘に過ぎないのだ。こわれものを扱うように大事に両手でそっと包みこんであげなくてはいけないのに。
「なんて狭くて熱いんだよ、このアマ――クソッ、たまんねえぜ」
  だがアフロヘアはそんな気遣いなど示さない。そしてたしかに――裕香のきれいな形のむっちりとした乳房や豊かに漲った腰骨の張りだけは凶獣の性欲の奔流を受け止めきるだけのものを持ち合わせているようにも見えていたのは事実だった。
  けだものは狭い狭いところを割り裂くようにずぶずぶと強引に沈みこませるかと思うとまた引き戻す。引き戻したかと思うとまた無理やりに体重をかけてめりこませていく。いまだに途中でなにかに引っ掛かってでもいるかのように何回か動きが止まる。処女ひだをめくりあげられたとはいってもそう簡単には道の通りがよくなるというわけではないようだった。しかしアフロヘアがそのまま体重をかけつづけてさらに沈みこませようとしていくと、あるところで不意に詰まっていたなにかがポンと抜けたような勢いがついてペニスが根元まで沈みこむのだ。
「ひ――ぎッ……ッ」
  そのとたんまた裕香は苦鳴をあげる。
「う、動かさないで――いたい、いたいッ」
  処女は初めから快感をおぼえるわけがないというようなことを康彦はどこかで耳にしたことがあった。だからこそ自分はもし裕香さんが初めてならそのときはやさしくしてあげなくてはとひそかに誓っていたのだ。初めて自分で包皮を剥いて亀頭に指で触れてみたときのあの痛み。女性が感じる痛みもああいうものなのかもしれないと康彦はぼんやりと思うことがあった。あるいはあの痛みの比ではないのかもしれないとも。だから――ほんとうに丁寧に扱ってあげなくてはと決めていたのだ。
  それなのに。
  アフロヘアのやり方は未経験の康彦の眼にすら自分勝手な暴虐以外のなにものにも映っていなかった。
「んグ、ぐ、ぐ……痛い――ぐくッ」
  裕香の表情からは苦しみしか読みとることはできなかった。彼女があまりふだんは見せることのないくちびるの内がわが見えていた。ぎりぎりと食いしばられた歯並びはとてもきれいだったが、ときおり閉じていられなくなるのかそこが開いて、中から唾液や舌先や悲痛なうめきが洩れて出るのだ。

小説の朗読 声:中原 翔子

なかはら しょうこ

7月9日生まれ T166-B83-W60-H85

女優業の傍ら、早川ナオミ名義にてAV界の巨匠・代々木忠監督の著書を原作とした3話オムニバス映画をプロデュース。主な出演作として『旧支配者のキャロル』他多数。

中原翔子 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧