新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

隷嬢【人質】

本を購入

本価格:781(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:781円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

(早く終わって……お願い、家に帰して……)
唇を噛み締め、白い太腿を割りひろげられる紗英。
漆黒の翳りの下には淫らに喘ぐ20歳の花芯が!
誘拐犯と二人きりで過ごす、46日間の人質生活。
時計のない淫獄で繰り返される凄絶なレイプの嵐。
解放が訪れたとき、隷嬢が選んだ衝撃の未来とは?
(挿画 山本重也)

●もくじ

第一章  一日目  囚われた令嬢
  1  暗転した人生
  2  気の遠くなるようなクンニ
  3  鏡の前の破瓜

第二章  二日目  淫獄の監禁生活
  1  解剖される裸身
  2  口移しの朝食
  3  顔射初体験

第三章  五日目  浴室に洩れる啜り泣き
  1  教え込まれた口姦
  2  「泡姫」教育
  3  連続痙攣アクメ

第四章  十五日目  逃走失敗の代償
  1  甘い打擲
  2  裏坑に穿たれた指
  3  アナル抵抗

第五章  二十二日目  崩壊するプライド
  1  初めての自涜
  2  目隠しファック
  3  ビデオの中の痴態

第六章  三十日目  二穴責めに狂う女体
  1  悪魔の電マ地獄
  2  快楽中毒
  3  騎乗(また)がる女

第七章  三十七日目  歪愛を受け入れた二十歳
  1  淫らな洗脳
  2  強いられた「痴女」
  3  押し寄せる絶頂

第八章  四十六日目  隷嬢が選んだ未来
  1  種付け宣言
  2  受胎セックス
  3  獣愛の絆

登場人物:
さえ(20歳)女子大生
シチュエーション:
肛姦 | 監禁 | 凌辱 | 自慰 | 縄・緊縛 | SM | 張型(バイブレーター) | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 処女 | 言葉嬲り
立ち読み

  目の前の鏡に自分の股間が映っている。すでに巨大な亀頭の半分ほどが、膣口に沈みこんでいた。おぞましい剛直を挿入されるのが、見たくもないのにつぶさに確認できてしまう。
(怖い……でも負けないわ、絶対に……)
  紗英は心のなかで何度も繰り返し、凌辱者と化した厩務員をにらみつけた。
  しかし、そんな憎悪のこもった視線さえ、今の篤史にとっては興奮を煽る材料にしかならないらしい。決定的シーンがよく見えるように、わざとゆっくり肉棒を押しこんでくるのだ。
「目をそらさないでください。どんどん入ってくよ。ほら、ズプーッて」
「くぅぅっ、や……黙りなさい……あぐっ、泣き寝入りなんてしないから……」
「もうすぐ亀頭が埋まりそうだ。今、一番太いところですよ」
  紗英が嫌がるのをわかっていて、篤史は耳もとで解説を続けている。もしかしたら、女に屈辱を与えることで興奮する性癖なのかもしれない。
(ああ、いや、入ってくる……こんな男に……悔しい……)
  肉塊が前進するたびに余裕がなくなってくる。強烈な圧迫感がこみあげて、噛み縛った唇の隙間から呻きがもれてしまう。
「あ、処女膜だ。紗英さん、先っぽが当たってるのわかりますか?」
  もちろん言われなくてもわかっていた。肉の凶器が、今にも膜を突き破ろうとしている。鏡に映っている長大な肉棒は、まだほんの先端しか挿入されていない。あれを全部埋めこまれたら、いったいどうなってしまうのだろう。
「うむむっ、あなた、か、覚悟はできてるの?  ひぐっ、く、苦し……ううっ」
  双眸に悔し涙が滲んでくるが、泣いたら負けを認めることになりそうで懸命にこらえようとする。しかし苦痛は際限なく膨れあがり、とてもではないが黙っていられなかった。
「もう抜いて、くうっ、本当に苦しいの……うぐぐっ、早く……」
「あんまり焦らすのも可哀相ですね。鏡を見てください。最後は一気にいくよ!」
  篤史の頬に嗜虐的な笑みが浮かぶ。と、次の瞬間、勢いよく剛直が突きこまれた。
「きひいいッ!  ひッ、ひいいッ、痛っ……うああッ、痛いいっ!」
  身体の奥で処女膜が破れるブチブチッという音が響き渡る。引き裂かれるような激痛が全身を貫き、たまらず絶叫が噴きあがった。
「おおっ、入った……紗英さんのヴァージンをこの俺が破ったんだ!」
  誘拐犯の歓喜の雄叫びが、どこか遠くに聞こえていた。
(奪われちゃった……こんな男に……。私、処女じゃなくなっちゃったんだ……)
  目尻から涙が溢れて、頬を静かに濡らしていく。
  どす黒い肉塊を叩きこまれて無惨にひろがった陰唇が、目の前の姿見にはっきりと映っている。馬糞臭い下劣な男に、大切な処女を散らされたのだ。いざ失ってみると、その屈辱は言葉にできないほど大きかった。

小説の朗読 声:大塚 咲

おおつか さき

10月1日生まれ T158-B90-W58-H85

主な作品として映画『美人フェラティストの淫らなオクチ』『とても美しい日本人』『ウチの嫁さんはAV女優です。』他多数

大塚咲の 今日も満開☆花咲きブログ
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧