フランス書院編集部発

【2008年12月12日】

「新妻と誘拐犯」ゲーム化!!

北都凜先生の『新妻と誘拐犯【密室の48日間】』が
ゲーム化されました。

『新妻と誘拐犯~寝取り孕ませ計画~』
ブランド:Guilty+
ジャンル:人妻孕ませアドベンチャー
原画:李KPA
先行ダウンロード発売日:12月19日(金)
パッケージ版発売日:12月26日(金)
価格:2800円(DL版)、3300円(パッケージ版)

狂愛のハードレイプを疑似体験できます!
詳しくはこちらをご覧ください。

【2008年12月12日】

フランス書院文庫12月刊ラインナップ発表!

 12月22日配本、フランス書院文庫のラインナップは次の通りです。

1612『美母と群狼 息子の目の前で』結城彩雨
1613『のぞく【義母奴隷・姉妹奴隷】』冬野 螢
1614『熟女 桃源郷』鮫島次郎
1615『美獣三重奏 未亡人と二人の美娘』田沼淳一
1616『僕と四人の女教師 未亡人・人妻・独身・新任先生』上原 稜
1617『つぐなう 人妻借金肉地獄』郷田 浪

 2008年最後のフランス書院文庫です。

 年末を締めくくるに相応しく、個性派が揃いました。

 タイトルも、存在感とインパクトにあふれたものになっているでしょう。

 フランス書院文庫ならではの官能のワンダーランドに、乞うご期待!

【2008年12月9日】

年末進行です

 どうもです。

 12月に入り、もともと多忙な編集部は、さらに「テンパって」おります(アタフタ)

 ただでさえタイトなスケジュールの中で、レギュラーのお仕事はもちろん、前倒し&イレギュラーのお仕事、関係各所との折衝etc.

 本当に、気が休まらないところであります。

 あと、この時期の恐怖は「寒さ」 です(ブルブル)

 ついに、編集部も「暖房」という禁断のスイッチを押しました。 え? 特に寒がりで肌のデリケートな(ぇ?)小生だけ? いや、そんなこともないはず。何せ、ポットの湯の減るスピードが一気に速まっていますから。

 まあ、気を張って、乗り切りたいところであります ……。

【2008年12月5日】

「宮園貴志」特別セットボックス!?

宮園貴志先生が、
ご自分の本のPOPを作られたそうです。

「ヒマだったから」というのが
宮園先生の製作理由だそうですが、
この什器(じゅうき)はレベルが高い!

本当に使ってくださる書店さん、
ないでしょうか?

【2008年12月3日】

官能大賞、締め切りました!

 フランス書院文庫官能大賞、11月末日消印をもって締め切りました。
 今年もたくさんのご応募ありがとうございました。

 この官能大賞、11月末日の〆切が定着したようで、“駆け込み投稿”の比重が高まるようになってきました。今年は、11月30日が日曜ということもあってか、最後の仕上げをじっくりできた方も多かったのではないでしょうか。

 実際のところ、この週明けは、期待を抱かせるような「ダイヤの原石」的な原稿が多々届いております。

 毎年、全体的に応募原稿のレベルが上がっているのとともに、数ある中で特色のある「奇才」も顔を見せる官能大賞。

 今年の逸材は???

 その答えは、来年のフランス書院文庫で明らかになるはずです。

 ご期待ください!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.