フランス書院編集部発

【2009年12月26日】

フランス書院編集部 10大ニュース

さようなら2009――
こんにちは2010――

というわけで、今年もやってきましたこの季節。
フランス書院編集部10大ニュースの季節です。

ゼロ年代の最後を飾るこの年。
――WBC制覇は今年です。
――テポドン2号も今年です。
――有名アイドル公園全裸事件も今年です。
――インフルエンザがパンデミックな感じなのも今年です。

年齢を重ねるにつれ、記憶が混濁していきますね……
2009年のフランス書院編集部には何が起こったのか。
今年の10大ニュース委員に任命されましたS夫の筆のおもむくままに、振り返っていきたいと思います。

【2009年12月25日】

結果発表

「2009 このフランス書院文庫がすごい!」。
すべての投票が終了しました。
25名のみなさま、ありがとうございました!

それでは「このフランス書院文庫がすごい! 2009」の発表です!

<作品賞(大賞)>

「2009年、もっともすごいフランス書院文庫」に輝いたのは……
 
 「美臀おんな秘画」御堂乱


御堂先生おめでとうございます!

「R文庫創刊ラインナップに相応しい力作」(麻実克人先生)「フランス書院の歴史に新たな1ページを切り拓いた」(芳川葵先生) など、凌辱系の作家さんのみならず、誘惑系の作家にも支持を得ての、堂々の大賞です。

<作品部門ベスト10>

第1位 「美臀おんな秘画」御堂乱 38P  
第2位 「隣家の四姉妹」上原稜 28P
第3位 「世界一甘い授業 未亡人女教師と新任女教師」神瀬知巳 26P

第4位 「はんなりと… 年上の京おんな」宇治薫 25P
     「麻実克人スペシャル 美臀三重姦」麻実克人
第6位 「女侠客傳・お京無惨」巽飛呂彦 16P
     「ツンマゾ!」葉原鉄
第8位 「ママの妹・ママの友達」秋月耕太 15P
第9位 「隣りの女教師一家」本藤悠 13P
第10位「両隣の年上は僕に甘い罠を仕掛ける」巽飛呂彦 12P

<作家賞>

つづきまして、作家別部門の発表です。
もっともたくさんの支持を集めた作家さんは……

上原稜(上原りょう) 先生!

   

 上原先生おめでとうございます!

 なんと、今回のランキングに、「上原稜」「上原りょう」名義で、4作品で9回も登場 。2009年はフランス書院文庫で2冊、美少女文庫で3冊と、八面六臂の大活躍でした。
「時代はハーレム!」、そして「美少女文庫とフランス書院文庫のクロスオーバー」などなど、まさに2009年を象徴する受賞 といえるのではないでしょうか。

<作家部門ベスト10>

第1位 上原稜 53P  
第2位 巽飛呂彦 41P
第3位 御堂乱 41P

第4位 神瀬知巳 26P
第5位 麻実克人 25P
     宇治薫 25P
第7位 田沼淳一 20P
第8位 葉原鉄 16P
     青橋由高 
     わかつきひかる 

 また、「このフランス書院文庫がすごい!」委員会により、(勝手ながらでございますが)各賞が決定しました。

<特別賞>
麻実克人「麻実克人スペシャル 美臀三獣姦」

<新人賞>
宇治薫先生

<カムバック賞>
秋月耕太先生

  受賞されたみなさま、おめでとうございます!

「このフランス書院文庫がすごい! 2009」はこれにて終了。2010年も、官能小説史に残るような作品の登場を、こころから期待しております。

…………巽飛呂彦先生にも、投票に参加していただけると聞いていたので楽しみにしていたんですが、返信がありませんでした。

 担当に訊ねたところ「執筆に夢中で投票の〆切を忘れていた」というお答えが返ってきたそうです。

 2009年、フランス書院文庫2冊、R文庫1冊、美少女文庫4冊 という、信じられないペースで執筆していただいた巽先生には、MIP(最も印象に残ったで賞)を進呈させていただきます。
  

 2009年もフランス書院文庫をご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。 
 編集部一同、作家のみなさまと、読者のみなさまには、文字通り頭があがりません……
 おおげさではなく、フランス書院と、そして官能小説の未来は、ファンのみなさまの肩にかかっております。
 編集部一同、よりいっそう精進してまいりますので、なにとぞ官能小説を今まで以上に愛してくださいますよう、2010年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 

【2009年12月25日】

2009 このフランス書院文庫がすごい!

 2009年もフランス書院をご愛顧いただき、誠にありがとうございました!

 
 皆様からの日頃のご愛顧に感謝いたしまして、年末年始特別企画
「このフランス書院文庫がすごい! 2009」を開催いたします!

 フランス書院から2009年に刊行された文庫(2008年12月~2009年11月まで)のなかから、作家の皆様に「ベスト3」を選んでいただき(自著はのぞく)、いちばん「すごかった文庫」を決めようじゃないかというこの企画。


 1位に10ポイント、2位に6ポイント、3位に3ポイントを進呈。合計ポイントで栄誉を争います。

 2009年でいちばんスゴかったフランス書院文庫が決定!  

 参加総数25名。 先生方からのコメントとともにお楽しみください。

(順位表記の作家名は、敬称略させていただいております)

 

【2009年12月25日】

伴ジャクソン(官能ライター・男の墓場プロダクション) 選~2009このフランス書院文庫がすごい!

第1位「世界一甘い授業 未亡人女教師と新任女教師」神瀬知巳
 誘惑系の雄、久々の新刊ということで期待しないわけがない。そしてもちろん、内容は期待を上回る出来。清楚でありながら少年の性に翻弄される、29歳&24歳の大人の女性の心象風景をつぶさに書き綴るスタイルは、相変わらず強力なエロスを誘発! こってりと濃厚に描かれるセックスシーンは、唯一無比の魅力を放つ。12月の新刊も楽しみ!

第2位「隣家の四姉妹」上原稜
 美少女文庫でも活躍中の上原先生「四人」シリーズ(と勝手に命名)最新作。18歳、21歳、28歳、36歳とバラエティに富んだ4人の女体を味わい尽くし、後半早くもハーレム状態に突入する主人公の少年が羨ましすぎて、殺意を覚えるほど。個人的には甘甘の長女・真弓とツンデレの次女・涼子とのセックスにグッときました!

第3位「隣りの女教師一家」本藤悠
 叔母+年上の4姉妹と、究極の寸止めプレイに溺れていく少年。揉んで揉まれて、舐めて舐められ、挙句にアナルファックを体験してなお女陰の味を知らないために、主人公は本文300ページを超えてなお童貞を維持という異常事態が発生!「セックスしてないのにどんだけエロいんだよ、この話は!?」とあきれ返ること必至の強力な1冊。
  ============================
<編集部からひとこと>
伴ジャクソンさま、ありがとうございました!
 伴さんとは2008年末に、「FLASH」誌上で行われた官能小説座談会で知り合い、その博識ぶりに驚愕。今回原稿をお願いしたといういきさつがございます。なんともすがすがしいランキング。甘いモノ好きにはたまらないセレクションですね。男の墓場プロダクションのHPはこちら

 

【2009年12月25日】

草飼晃 選~2009このフランス書院文庫がすごい!

第1位「―名門私立高校― 学園ジャック」久保泰樹

第2位「ママの妹・ママの友達」秋月耕太

第3位「人妻解剖教室」結城彩雨
  ============================
<編集部からひとこと>
草飼晃先生、ありがとうございました!
 R文庫「凌辱の王国」「美姉妹獄」と立て続けに長編2冊を上梓という活躍を魅せた草飼先生。来年は、フランス書院文庫でのデビューもあるかも?

 

【2009年12月25日】

常盤準 選~2009このフランス書院文庫がすごい!

第1位「僕の通学路には四人のお姉さんがいる」鏡龍樹
 こんなことがあったらいいな……がストレートに書かれていて読みやすい。身近な状況設定でエロ全開で感情移入がしやすい。男(少年)の夢物語としてリアリティがある。

第2位「力ずくの姦係 上司の妻・部下の妻」相馬哲生
 人妻が陵辱されるシーンにぐっときた。女目線の描写に貞操観念と不貞願望がほどよく溶け合い、引き込まれる。

第3位「セーラー服飼育学園」槇祐介
 文章がうまい。キャラの書き分けがうまい。フィクション然としたストーリーが読み物として楽しめる。

  ============================
<編集部からひとこと>
常盤準先生、ありがとうございました!
 「働く女 夜9時の凌辱研修」 でフランス書院文庫2作目を飾った常盤先生。「オフィス凌辱」へのこだわりは必読です。

 

【2009年12月25日】

芳川葵 選~2009このフランス書院文庫がすごい!

第1位「美臀おんな秘画」御堂乱
 意外に思われるかもしれませんが、凌辱系です。R文庫です。
 時代モノならではの女性美というか艶が、現代モノにはない色気を滲み出させているように感じます。フランス書院の歴史に新たな1ページを切り拓いた、記念碑的な作品ではないでしょうか。
 時代モノの官能シーンって、描き方はもちろん、想像以上に言葉の選び方、使い方が難しいんですよね。御堂先生の筆致の巧みさに酔い痴れました。

第2位「両隣りの年上は僕に甘い罠を仕掛ける」巽飛呂彦
 2008年、最も活躍なさった作家のお一人が、巽先生ではないでしょうか。
 この作品はなんといっても、隣のママで決まりでしょう(笑)
 黒本には過去、数多のママが登場しましたが、このキャラ設定は初めて?  
 巽先生だからこそ描ける、異色のママにやられました。あのママは色々な意味でヤバすぎます。

第3位「ママの妹・ママの友達」秋月耕太
 2年ぶりの復活を遂げられた秋月先生の新作。
 ブログでも触れたのですが、秋月先生ほど、作を重ねるごとに文体が如実に進化している作家さんも珍しいのではないでしょうか。
 今作も甘いんだけどしつこくない。甘さを突出させるのではなく、作品全体に上手く内包させている感じがします。

 う~ん、こんな感じでいいのだろうか? なにせ初めてのことなので、不慣れで申し訳ありません。
 先日発表された2009年の漢字は「新」でしたが、皆さんは、どんな「新」を体験されましたか?
 私は1月~3月のweb連載や、6月からはじめたブログなど、これまでとは違ったことをやれた年でした。
 2010年がどうなるか分かりませんが、思いも新たに進んでいきたいと思います。
 新年が皆さんにとって、実り多き、そして新たな出会いや発見に満ちた年となりますことを祈っています。

  ============================
<編集部からひとこと>
芳川葵先生、ありがとうございました!
 2009年は、Web連載と、それをまとめた小説が「のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…」として刊行された芳川先生。2010年もさらなる飛躍を期待しております!

 

【2009年12月25日】

山口陽 選~2009このフランス書院文庫がすごい!

 諸先生方の作品を自分が評価するなどというのは少々気が引けるところもあるのですが、選んだのはフランス書院文庫から下記の三作品です。

第1位「隣家の四姉妹」上原稜
 主人公に対する四人姉妹の想いと艶かしい官能に加えて、それぞれのヒロインとの物語がしっかりと描写されている。
 複数ヒロインの場合、省かれてしまいがちな各々のストーリーをまとめて、最後は少々甘ったるいとさえ思えるほどに幸福感溢れている。
 誘惑系の作品が好きな方には堪らない作品の一つ ではないでしょうか。

第2位「両隣りの年上は僕に甘い罠を仕掛ける」巽飛呂彦
 まず、母親でありながら天然というか、天真爛漫といった設定 には驚かされました。
 母親のような熟女というと、物腰が落ち着いている印象が強いので、尚更でした。
 初恋の隣家の母親と娘、反対隣の姉妹とのハーレムはもちろんのこと、母親が抱えていた娘への負い目などを吐露しながら、絆を深める終盤 は心地よい気分にさせられました。
第3位「三人熟女」宮園貴志
 プロローグから主人公に対して妄想も交えて悶える叔母がなんとも淫猥。
 登場する女性陣が38歳、36歳、34歳なのに対して、主人公が17歳。お姉さんや幼馴染、妹などの歳の近いヒロインがいない関係で、初々しさといった点は流石に感じられませんが、その分主人公への想いや禁忌に溺れていく女性たちが淫らに描かれている と思います。

  ============================
<編集部からひとこと>
山口陽先生、ありがとうございました!
 山口先生の2009年は美少女文庫の好評シリーズ「メイドインバトル!」「~女神転生」で完結。さらには「お嬢様☆お世継ぎ生産計画」「お嬢様☆超乳化計画」と、立て続けにヒットを飛ばし、美少女文庫の新エースに。「お嬢様シリーズ」はフランス書院文庫読者にもおすすめの逸品。

 

【2009年12月25日】

森一太朗 選~2009このフランス書院文庫がすごい!

第1位「トリプル押しかけ許嫁」青橋由高
 青橋さんの本は出ると必ず読みます。今年出版された4冊で一 番好きなのがこれです。
 毒舌ロリロリのくららが一番人気のようですが、年上女教師大好きの僕には若葉先生がど真ん中ストライクだよ? だよ?

第2位「ガールズ・レッスン」わかつきひかる
 わかつきさんの作品も出たら必ず読みます。
 とくにみやま零さんとのゴールデンコンビは美少女文庫のなかの美少女文庫という感じで最高です。
 この作品も主人公の拳法少女がけなげで胸キュンなのにプレイの内容はとってもハードでエロエロ、すばらしいです。

第3位「さいみん!」巽飛呂彦
 最後は新シリーズ「えすかれ」から一冊。
 えすかれはどれもぶっ飛んでて面白いです。
 ハーレムな学園、通いたい!でも、今からじゃ無理だから、用務員でもいいっ!
  ============================
<編集部からひとこと>
森一太朗先生、ありがとうございました!
 まさかのオール美少女文庫!! 2009年は「蔵の中【三匹の未亡人】」「蔵の中の相姦 三匹の義姉」 とヒットを連発した森先生。作風とは異なった趣味(もしかしたら似てるのかも?)に驚かされました!

 

【2009年12月25日】

本藤悠 選~2009このフランス書院文庫がすごい!

 3つしか選べないなんて無理、ということ以上に、自分に参加させていただく権利・資格があるのかと悩みましたが……。

第1位「最高の四姉妹【としごろ】」巽飛呂彦
 もう、何も申し上げることができません。
 安定感。エンタメ性。とてつもないエロさ。それなのに、ヒロインの年齢設定や、過去を思い出すシーンなど、かなり思い切ったこともされている。
 とにかく、何でこんなにスムーズにストーリーと文章が流れるのかと感嘆しました。

第2位「世界一甘い授業 未亡人女教師と新任女教師」神瀬知巳
 セックスするまでが遅すぎるといつも担当さんに怒られている私にとっては、本当にマジックのような手際。
 男女が瞬間的に惹かれあい、結びつきあうのに、リアリティは圧倒的。
 どうしたら、こんなにスピーディーに、ダイナミックに、官能シーンを連鎖させることができるのかと感嘆しました。

第3位「60日間同居人 未亡人母と隣りのお姉さん」東雲理人
 ただひたすら呆然としていました。
 失礼なことを申し上げるつもりはないのですが、私の考える「官能」とはあまりにも違いすぎて、最初は読み終えられませんでした。
 でも気になって再読すると、後は一気にラストまで。
 自分には絶対に書けない世界だということが、官能というジャンルがいかに豊かな拡がりを持っているかを、再認識させてくれました。
 それでいてオーソドックスな面も豊かにあって、あんなママの息子として生まれたい、という願望もかき立てられました。「甘さ」の質と量に、ひたすら感嘆させられました。

  ============================
<編集部からひとこと>
本藤悠先生、ありがとうございました!
「特別個室と僕 看護婦母娘vs.二人の先生」「隣りの女教師一家 」とアグレッシブ・ハーレムな良作を連発した2009年。2010年、もっとも期待されている新人のひとりです。

 

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.