フランス書院編集部発

【2020年11月20日】

ひとことレビュー6~『天空の檻【獣宴】』綺羅光

4482『天空の檻【獣宴】』綺羅光

フランス書院を代表する「最強凌辱作家」

綺羅光(きら・ひかる)。

本作の舞台は「天空」──

地上37階のタワーマンション。

セレブ母娘に訪れた、最悪の「悲劇」。

凌辱小説の最高峰がここに──

400ページ超の弩級ハードロマン!

【2020年11月20日】

ひとことレビュー5~『さみしくて、せつなくて 未亡人義母と未亡人叔母』村崎忍

4481『さみしくて、せつなくて 未亡人義母と未亡人叔母』村崎忍

寡作ながらも、最新作は常に最高の誘惑小説。

村崎忍(むらさき・しのぶ)の最新作!

蔵のなか、遺影の前、外で雨音が響くなかふたりきりの部屋で……

ふたりの未亡人、義母と叔母と結ぶ、秘密の肉交。

実家の酒蔵をつぐか、医大への進学をめざすか、

自分の進路に悩む少年が選んだ未来は!?

村崎忍の最高傑作です!

【2020年11月20日】

ひとことレビュー4~『名家の上品な熟女がいやらしくなるとき』青葉羊

4480『名家の上品な熟女がいやらしくなるとき』青葉羊

名家の上品な熟女が乱れるときは「すごい」──

「淫語シリーズ」の青葉羊(あおば・ひつじ)の新作は、

素敵で淫らな熟女たちがつむぐ誘惑物語。

旧家出身の熟女──妻の母、さおり。

名門財閥の子女──義母、佐代子。

高級ホテルの令嬢──兄嫁、美香。

厳格な教育一族の娘──女教師、あかり。

本作でしか読めない「四人の熟女」をご堪能ください。

【2020年11月20日】

ひとことレビュー3~『肉襲の刃 妻の母、妻の姉、妻の親友を』一柳和也

4479『肉襲の刃 妻の母、妻の姉、妻の親友を』一柳和也

まさにここは「煉獄」だ!……

妻の母、妻の姉、妻の親友を狙う、肉襲の刃!

いま、フランス書院文庫でもっとも危険な作家、

一柳和也(いちりゅう・かずや)の最新作!

復讐、裏切り、寝取り、そして孕ませ──

一柳和也のすべてが詰まった最新作です!

【2020年11月20日】

ひとことレビュー2~『とろけるお節介【三人の独身美母】』夕貴大

4478『とろけるお節介【三人の独身美母】』夕貴大

前作『両隣りの独身美母【面倒みさせてください】』が

好評だった、期待の誘惑作家・夕貴大(ゆうき・だい)。

23歳、35歳、43歳──

三人の美しい世話好きシングルマザーたちが、

「なんでもお世話してあげる」。

最高の誘惑生活をお楽しみください!

【2020年11月20日】

ひとことレビュー1~『人妻廃業【絶望受精】』妻木優雨

4477『人妻廃業【絶望受精】』妻木優雨

第23回フランス書院文庫官能大賞、

大賞受賞作家、妻木優雨(さいき・ゆう)。

衝撃のデビューから、はやくも第三作目となりました。

拉致、監禁、種付け──

ハードすぎる、規格外の凌辱小説となりました。

新妻、若妻、熟妻、三人の人妻が冒されつくす、

500ページ弱の大長編です!

【2020年11月20日】

11月20日、本日はフランス書院文庫の配本日です

11月20日、本日はフランス書院文庫の配本日です。

4477『人妻廃業【絶望受精】』妻木優雨
4478『とろけるお節介【三人の独身美母】』夕貴大
4479『肉襲の刃 妻の母、妻の姉、妻の親友を』一柳和也
4480『名家の上品な熟女がいやらしくなるとき』青葉羊
4481『さみしくて、せつなくて 未亡人義母と未亡人叔母』村崎忍
4482『天空の檻【獣宴】』綺羅光

 

     

今月は、凌辱小説の巨匠・綺羅光(きら・ひかる)が登場。

本作が3冊目となる新鋭・妻木優雨(さいき・ゆう)もご注目ください!

誘惑小説、凌辱小説のホープがそろった11月刊となりました。

次記事から、毎月恒例、フランス書院文庫編集部によるひとことレビューです。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.