フランス書院編集部発

【2022年3月23日】

2022年3月23日、本日は、フランス書院文庫の配本日です

2022年3月23日、本日は、フランス書院文庫の配本日です。

4573「隣の奥さんじゃなくてママがいいの?」夏川瞬
4574「公開孕ませ調教 継母と連れ娘、母の友人を…」八雲蓮
4575「初体験、お手伝いします 熟女家政婦と義母と叔母」朝倉ゆうき
4576「とろける単身赴任 妻の母、シングルマザー、美人上司がお世話します」夕貴大
4577「嫁の私に手を出すなんて 夏海と綾乃と鬼畜義父」舞条弦
4578「高慢インテリ令嬢、完全敗北」風吹望

 

第24回フランス書院文庫官能大賞、新人賞受賞作家、舞条弦(まいじょう・げん)と、特別賞受賞作家、夏川瞬(なつかわ・しゅん)がそろい踏み。

 

皆さんのご支持のお陰で、順調にキャリアを重ねております。

凌辱小説家・風吹望(ふぶき・のぞみ)は、第8回、フランス書院新人賞の受賞作家です。(当時は「官能大賞」という名前ではなかった)

朝倉ゆうき(あさくら・ゆうき)夕貴大(ゆうき・だい)の「誘惑小説・ゆうき対決」も気になるところです。

八雲蓮(やくも・れん)の300ページ超の新感覚凌辱小説も必読!

フランス書院文庫3月刊ラインナップ、期待しか感じない!

【2022年3月14日】

第28回フランス書院文庫官能大賞 最終選考作品発表

第28回フランス書院文庫官能大賞(11月末〆切分)において、最終選考に残った作品を発表します。
※ ペンネームが記載されていた場合は、ペンネームのイニシャルです
=============================

■官能大賞(11月末〆切)最終選考作品

「あなたの優しい隣人」(Xさん)
「放尿する妹の穴を舐める」(M.Mさん)
「寄り添い合う兄妹の話」(Sさん)
「「膣内射精されないと目覚められない眠り病」が蔓延した世界」(Nさん)
「憧れのGカップ女上司が、オレのせいで弱みを握られ、中年親父に強制絶頂で調教されていた件について」(K.Aさん)
「とろける牝妻 社長夫人、巨乳マダム、女上司」(R.Kさん)        
==============================

結果発表は3月末頃を予定しております。

「第29回フランス書院文庫官能大賞」の〆切は5月末日です。

惜しくも選外となった皆様もふるってご応募ください。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.