フランス書院編集部発

【2017年11月22日】

ひとことレビューその1~『尼僧とシスターと僕』鷹山倫太郎

4261『尼僧とシスターと僕』鷹山倫太郎

 

フランス書院文庫では、あまり馴染みのない、

「尼」そして「シスター(修道女)」というお題に、

今、脂がのりきっている作家・鷹山倫太郎挑戦!

フェロモン全開の淫ら熟女尼の芳江

純潔を守り通す清廉シスター、十和子

誰にも見せたことのない聖女の裸身を独占し、

聖職者の身体は淫らに火照ってゆく・・・

恐らく鷹山倫太郎の代表作となる一作

最高の官能体験をお約束します!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.