フランス書院編集部発

【2020年6月23日】

ひとことレビューその4~『孕ませ懲罰 家政婦母娘と哀義母』鳴沢巧

4450『孕ませ懲罰 家政婦母娘と哀義母』鳴沢巧

前作、『孕ませ拷問 彼女の母、彼女の姉、新任女教師を…』

華麗な復活をとげた、鳴沢巧(なるさわ・たくみ)。

今作も、「孕ませ凌辱」で勝負を賭けます。

女性が落ちていく様子を淫らに描いているのはもちろん、

凌辱者が放つ力強い「言葉の凌辱」に定評ありです。

本作をお気に召したら、ぜひ、好評だった前作もご一読ください!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.