フランス書院編集部発

【2020年11月20日】

ひとことレビュー5~『さみしくて、せつなくて 未亡人義母と未亡人叔母』村崎忍

4481『さみしくて、せつなくて 未亡人義母と未亡人叔母』村崎忍

寡作ながらも、最新作は常に最高の誘惑小説。

村崎忍(むらさき・しのぶ)の最新作!

蔵のなか、遺影の前、外で雨音が響くなかふたりきりの部屋で……

ふたりの未亡人、義母と叔母と結ぶ、秘密の肉交。

実家の酒蔵をつぐか、医大への進学をめざすか、

自分の進路に悩む少年が選んだ未来は!?

村崎忍の最高傑作です!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.